2018年1月 9日 | | コメント(0)

鹿肉を知人からもらう機会があったため鹿肉について調べました。
鹿肉は高タンパク質、低カロリー、低脂質というのが特徴の食材で、豊富なアミノ酸、ミネラル、ビタミンB群、不飽和脂肪酸などが含まれています。その中で多価不飽和脂肪酸のリノール酸や、α-リノレン酸などが含まれており、さらに肉類ではあまり含まれていないドコサヘキサエン酸が含まれているようです。
鹿肉は牛肉や、豚肉よりもヘルシーで、脂肪の割合が低い鶏のむね肉やささみとほぼ同じであるためダイエット食材としても優れているようです。鹿肉に含まれている成分の代表的な効果は次のようなものがあります。
「アミノ酸」は生体内の健康維持、疲労回復、免疫力向上などに必要です。
「鉄分」は貧血予防が期待できます。
「亜鉛」は皮膚・髪・爪の健康維持、生殖機能改善、免疫力向上、抗酸化作用、味覚を維持する働きがあります。
「銅」は髪や皮膚の健康維持、鉄の吸収を促進し貧血予防に効果が期待できます。
「ビタミンB群」は貧血予防、疲労回復、神経の正常な働き、皮膚・粘膜などの健康維持に期待できます。
「ドコサヘキサエン酸」は動脈硬化を予防したりして生活習慣病予防が期待できます。青魚に多く含まれています。
鹿肉にはいろいろな成分が含まれており健康的な食材だということを知りました。
鹿肉の消費が多いヨーロッパでは高級食材として扱われているということにも驚きました。
 
鹿肉はしっかりと加熱を行う必要があります。中まで火が通ったことを確認して、鍋にしていただきました。味はさっぱりとしていて、本当に脂が少ないという印象でした。
お正月で食べ過ぎた方はダイエット食材として試してみてはいかがでしょうか。

240_F_187088059_JFkG1YCWnMrF9HHn3So87i0hR1Yov3n4.jpg

2017年12月29日 | | コメント(0)

1週間くらい前から、我が家では、ちょうど上の子の風邪が治ってきたところで、下の子の鼻がぐずぐずし始め、咳をし始めました。
受診して咳と鼻の薬をもらい、飲んでいると今度は夜中に急に熱が上がってしまいました。
翌日受診をしたときには、風邪と診断されました。急に熱が上がったためまさかと思いましたが、インフルエンザではなかったようです。
その後も数日様子をみていましたが、咳も出ていたり、鼻が詰まって苦しそうだったり、熱が上がったり下がったりを繰り返していました。
なかなか熱が下がらないので再度受診をしたら、肺が白くなっていると言われました。肺炎の始まりということで抗生物質が追加になりました。
幸い、抗生物質を飲み始めてから熱は下がり、本人も元気になってきました。ぶり返さないとよいのですが。

ここで、自分への確認も兼ねて、お子さんが熱を出したときの対処について書いておこうと思います。

・発熱のある間は入浴を控えましょう。
・食欲がないときには無理に食べさせないようにし、本人の受け付けるものを食べられる分摂らせてあげましょう。
・食欲がないときは水分をこまめに摂らせてあげましょう。
・エアコンや加湿器を使って室温、温度を調節しましょう。汗をかいたらこまめに着替えさせましょう。

それでは...
皆さまはお風邪など召されませんように。どうか健康で一年をお過ごしくださいませ。

240_F_144724338_FFDX9wwFVQpmKnMJYAVYTdkNp5S677KD.jpg

2017年12月26日 | | コメント(0)

湯船に浸かった方が体に良いけれど、
時間がない・・ 
一人暮らしのユニットバスには湯船がない・・・
という時もありますよね。
そこでシャワーだけの入浴でも身体をしっかり温める方法を調べてみました。

湯船に浸かると温熱効果によって血流が良くなり、いろいろな部分の凝りがほぐれて疲れが取れやすくなります。シャワーで同じように身体を温めたいときは、15分ほどかけて40~42℃のお湯を浴びるのがポイントです。
シャワーは部分的に温めることができるので、肩こりなどをほぐしたい時にも便利です。凝っている部分に2~3分間かけて熱めのお湯とぬるめのお湯を交互にかけると効果的です。またお湯の水圧が掛ることで、皮膚の下の血管が刺激され、足のむくみも取れやすくなります。

シャワーを浴びる時は、足からお湯を浴び始めると下から上へと血行が促され、全身がより早く温まります。バケツで足湯をしながらシャワーを浴びるのもおススメ。また洗顔や洗髪をしている間に背中や腰にシャワーを当てておくと、背面も温めることができます。身体を洗っている間は、お湯で温めたタオルを首元に巻いたり肩に掛けたりすると、温もりがじんわりと伝わってきてポカポカに。

寒さが増していくこの時期、シャワーをされる際は上手に使って身体の芯まで温まりましょう。


240_F_164520103_JhmFQYA6VsFWEMGQmgZvRaPlvKEEKMMT.jpg

2017年12月19日 | | コメント(0)

冬になり魚釣りの難しい季節がやってきました。回遊魚たちは寒くなると温かい所を求めて低緯度地方へ回遊する習性があります。そんな冬でも釣れる魚の一つにカレイがあります。

釣り方は、カレイは浜辺や底が土や砂利の場所で、エサは青イソメなどになります。具体的には東京湾や千葉の内房などがとても適していると言えます。口が小さく餌を食べるのが下手なので、あたりがあってもすぐひいてはダメです。じっくり5分位待ちましょう。
今回は千葉の内房にて短時間の釣りで、釣果は残念ながらエサ取りのフグが1匹でした。

カレイといえば似た魚にヒラメがあり、「左ヒラメに右カレイ」の格言は有名ですね。ただこの見分け方は実は正しくないことがあります。
カレイの中のボウズガレイは目の位置が左右両方、ヌマガレイは左にあることがあります。ではどう見分けるのかといいますと、決定的な違いは両者の口にあります。
カレイは地底でじっとしていて、落ちてきた虫を食べるため歯と口は小さくおちょぼ口になっています。
それに対しヒラメは魚やエビを食べるので、あごと歯が大きくさけています。

実はヒラメはかなり行動的で、泳いでいる魚などを追いかけて食べます。釣り方もアジの泳がせやルアーになります。
ちなみに時期はカレイが12~4月、ヒラメが4月~11月と対照的です。
両方とも高級魚ですが、日本料理で左を頭にして出すしきたりから、ヒラメの方が高級なイメージが付いたという説もあります。
ヒラメは刺し身、カレイは煮物と思われがですが、カレイは刺身もおいしいです。ヒラメは養殖も盛んで、森の中で育てられていたりもします。

基本底にくっついているので水槽でもストレスが少ないようで、実はペットショップにも売っています。
どちらも釣りの対象魚としては大変人気で、釣るのはかなり難しく根気が要りそうです。
また時間が出来たら挑戦してみます。

240_F_11980714_xZieC30SJgoY50HCwDA0qgoyC3KK3gwq.jpg

2017年12月12日 | | コメント(0)

先日、実家の父にパネルヒーターを買いました。
最近、寒さが増し、トイレとお風呂場の寒さが気になっていたので、暖かい空間が出来たことが嬉しいです。 
今月、古稀を迎える父ですが、糖尿病、高血圧などの生活習慣病があり、生活習慣の改善を余儀なくされています。食事などに気を付けている毎日ですが、冬の寒さにも、注意が必要です。
暖房の効いた部屋から寒い戸外や、お風呂場の脱衣所などに移動すると、血圧が急に上がり、人によっては、脳卒中や心筋梗塞を起こす可能性もあります。
しかし、寒いからといって熱いお風呂にどっぷりとつかれば、今度は温まったことで血圧が急降下し、脳貧血の恐れも生じます。こうした血圧の急変動を起こさないように、冬には気温の変化にも用心が必要です。
居間でエアコンなどを付けていれば、薄着でも快適に過ごせる現代ですが、お風呂場の脱衣所や洗面所、トイレ、廊下などはひんやりと寒いです。私の住む地域では、暖かい居間との温度差が10℃以上になることも珍しくありません。
そうした寒い場所に油断して薄着のまま移動すると、血管は熱を逃さないように急に収縮します。狭い血管の中を血液が勢いよく流れることで、血圧はぐっと高くなってしまいます。日頃から高血圧で、血管への負担が大きくなっている場合は、すでに血管が痛んでいることも少なくありません。脳の血管などは壁面の筋肉層が薄くて弱いので、こうした急激な血圧上昇に耐えるのが難しいです。
健康を保つため、普段から減塩や運動、ストレスを溜めないことなどはよく言われていますが、実際、自分自身のこととなると、後に回してしまいがちです。
できることから少しずつ、家族で協力して、健康を支えあえたらいいと思います。
これから、いよいよ、冬本番です。
朝、淹れたてのコーヒーのいい匂いで動き出し、寒くても、気持ちはほかほかで過ごしたいです。

240_F_106274152_TqYXuRevZswV3EuXYdAElqZRtFXvOFSh.jpg

2017年12月 5日 | | コメント(0)

以前、子供のいる友人との雑談の中で「子供からサンタクロースは本当にいるのか?と聞かれたらなんと答えようか」と話題に上がりました。
雑談だったので話は回り道を繰り返しました。「サンタクロースの起源が聖(セント)ニコラオスで・・・・」とか「プレゼント交換は東方の聖者がキリストの誕生を祝い、プレゼントを持ってきたことが起源のようで・・・・」とか、またそれから派生して、「オー・ヘンリーの『賢者の贈り物』はある貧しい夫婦が相手にプレゼントを送るためにお金を工面する話で・・・」とか「サンタクロースが赤と白の服を着ているのは清涼飲料水メーカーが宣伝をしたことが始まりでイメージが定着した」とか「そういえば私も小さなころサンタクロースを捕まえようとした・・・・・・」とか。
この手の話は答えが出ないまま出ないことが多いですが、雑談に参加していた先輩が一つの答えを出してくれたのが記憶に残ったので紹介をしたいと思います。

先輩「サンタクロースは結論から言えば、いる。恋人が恋人に、親が子供にプレゼントを選んでいる時、『子供(恋人)が喜んでくれるプレゼントはなにかな?』『このプレゼントを喜んでくれるかな?』と相手の幸せを考える暖かい気持ちのことを"サンタクロース"と呼ぶんじゃないかな。子どもたちにそのことを説明しても抽象的で分かりずらいから、"トナカイの引いたソリに乗って世界中の子供達にプレゼントを配る優しいおじいさん"という具体的な人物像を作り上げたんだと思うよ。子供が大きくなって、サンタクロースが実はいないといっても、具体的な人物はいないかもしれないけど、自分の大切な人の幸せを思う気持ちがあることを伝えたら良いと思うよ。」

クリスマスの行事は(特にクリスチャンでない自分にとっては)形だけになりがちでしたが、自分の大切な人を思う気持ちを大事にしたいと思いました。

12月~1月はクリスマスをはじめ、忘年会、年賀状、大晦日、お正月と忙しいですが体を壊さないようにしてください。

240_F_179989093_5WtDZBkwEY66XEEHVfoYetyor8I33sLz.jpg

2017年11月28日 | | コメント(0)

6月に上野動物園で生まれたパンダのシャンシャン、一般公開が12月19日に決まりました。抽選方式による観覧になったそうで、一日2千人限定との報道も目にしました。大人気ですよね!
このジャイアントパンダ、絶滅危惧種のため、ワシントン条約によって商業目的の輸出入が規制されていて、研究目的として中国から10年契約で借りています。そのため、シャンシャンは3~4年後には中国に帰ってしまうことになっています。さみしい感じはしますが、それまでの間、日本で元気に成長して欲しいですね。
「パンダ」といえば、ふつう白黒のムクムクした、ジャイアントパンダのことですが、
昔はレッサーパンダが「パンダ」と呼ばれていたそうです。ジャイアントパンダが発見されて有名になってからは、「パンダ」といえばジャイアントパンダを指すようになったんだそうです。レッサーパンダは「パンダ」の座から追われてしまったんですね。
競争倍率の高いシャンシャンを見に行くのは大変なこと。山梨県にお住まいの方なら、近くの甲府市遊亀公園動物園にいる、元祖「パンダ」の「クウちゃん」を見に行ってみてはいかがでしょうか。


240_F_90550248_rm3SHCkN4SS16iZJ2bwq9pDdBCfvMT34.jpg

2017年11月21日 | | コメント(0)

最近、炊飯器が壊れたので、美味しいご飯が炊けるという評判の無水鍋を買いました。保温はできませんが、ご飯は炊飯器で保温するより冷凍したほうが美味しく保存できるというので、できなくてもいいかなという感じでした。
早速ご飯を炊いてみるとふっくらモチモチと炊けます。一粒ずつ立っていて甘みもあり、いつもと同じお米ですが、今までの炊飯器で炊いていたご飯と全然味が違います。家族も「おかずがなくても米だけで食べられる」と今までよりご飯をたくさん食べるようになったので、炊いたご飯が残らなくなり、保存の心配は無用でした。ただその都度ご飯を炊かなければいけないのがちょっと手間ですが、やはり炊きたてのご飯はおいしいですね。
さて、この鍋ですが、ご飯を炊くだけでなく、当たり前ですが、普通に鍋としても使えるのです。しかも、これも当たり前ですが、無水鍋だから無水調理ができます。
無水調理とは、鍋の中の水分が本体と蓋の間に水の膜を作り密閉できるので、湯気が逃げにくく、食材から出る水分や脂だけで調理することができます。水に溶けだしてしまうビタミン、ミネラルや旨み成分の損失が少なく、栄養を逃がさない調理法で、油を使わずに調理できるので、ヘルシーです。食材の旨みを最大限に活かせるので、野菜は甘みが引き立って、味付けなしでも楽しめるそうです。
でも本当に水を入れなくても煮たりできるのでしょうか?焦げ付きそうで心配ですよね。私もそうでした。
まずは恐る恐るカレーを作ってみましたが、本当に水なしでできました。野菜がいつもよりホクホクして甘く、お肉もジューシーで、とても美味しかったです。
最近、鶏肉ときのこのローストも作ってみました。鶏肉を塩コショウで味付けして、きのこと一緒に鍋に入れて火にかけるだけの簡単料理ですが、鶏肉がしっとり柔らかく仕上がります。鍋に残ったたっぷりの肉汁で作ったスープも、鶏肉の旨みときのこの風味が凝縮され、絶品です。
働いているとなかなか料理にかける時間が取れませんが、少しずつレパートリーを増やしていきたいと思います。

securedownload.jpg

2017年11月14日 | | コメント(0)

酵素っていう言葉を耳にしたことがあるかと思います。
最近私がこれに、はまっているので、是非みなさんにも今回酵素を紹介したいと思います。
酵素は、ミネラル・ビタミンよりも生命を維持する上でもっと大事な役割を果たしてくれます。消化酵素という言葉を聞くことがあると思いますが、酵素は食べ物を消化吸収するだけではなくて、筋肉を動かしたりと生命活動に関与する大事なものです。もし、酵素の働きがなければ人間も動物も生きる事ができないのです。
サプリメントが普及して、ビタミン・ミネラルなどを補っている方が多い最近。いくらそれらを摂っても、酵素がないとこれらは効果を発揮できません。そこで、酵素を積極的に摂っていく事がとっても大切になります。しかし、酵素は熱に弱いのです。50℃越すと酵素が失活してきてしまうため、なるべく加熱するのではなく、生・生・生!!で酵素を摂る事が大切です。
酵素が多い食べ物と言えば、まず、大豆、みそなどの発酵食品。生の果物にも素敵な酵素が沢山入っています。新鮮な食べ物には全て酵素が入っているのです。加熱せず、その素材の素の良さを味わうことが大切なのです。
風邪を引いた時、脂っこいものも食べたくないですよね?その時にも酵素を摂れば、自然治癒力を高める代謝酵素を働かせ、消化しやすい酵素がたっぷり入った食事をすれば風邪も早く治るように向かっていくのです。
私も最近、キウイ、イチジク、みかん、リンゴや生の野菜、そして生の酵素が入った液体サプリメントを毎朝積極的に摂っています。そのせいか、通じも良く快適な生活を送れているような気もします。
皆さんも、人間に大事な酵素を積極的に取り入れて、元気な体を作っていきませんか。

240_F_115818937_8Q1mttybLShVYJ9Qur3yDQi73SFgEDTC.jpg

2017年11月 7日 | | コメント(0)

気温が低く寒い日が増えて来ました。この時期に毎年悩まされるのは、体重の増加・・。気温が低い方が体温を保つために基礎代謝が上がるはずなのに、私の場合、暖かい部屋から動かなくなり、どんどん太っていきます(T_T)
そこで、今年こそ体重をキープするために挑戦しているのが、インナーマッスルを鍛える!ことです。基礎代謝を上げるには筋肉を作る必要があります。基礎代謝が上がると、座っていてもテレビを見ているだけでもカロリーが消費され、痩せやすくなるようです(^O^)♬インナーマッスルは、鍛えることで、姿勢、バランス感覚が良くなったり持久力がついたりもする魅力的な筋肉です!!
インナーマッスルは、有酸素運動で鍛える事が出来ます。腹筋や腕立てでは鍛えられないのです。
私が試しているのは、3つです。
◎呼吸法→少し前に流行った、ロングブレスダイエットみたいな感じです。お腹に力を入れて息を全て吐き切ります。それだけで引き締まる感覚があります。
◎プランク→キツイです。初めは30秒も続けられませんでしたが、今は1分くらい出来るようになりました。
◎バランスボール→テレビを見る時のイスをボールに変えてみました。
今年の冬は、インナーマッスル強化を目標に、楽しみながら継続しようと思います☆

240_F_171133795_nNkhtG4OGb49BU8XlIfyTUJK0FWa0ade.jpg

<< 前へ page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ