2018年8月 8日 | | コメント(0)

夏本番を迎え無理なダイエットや不規則な食生活、簡易的な食事・・・心当たりはありませんか?
今、女性のタンパク質不足が問題になっているそうです。

私たちの身体は、肌や骨、筋肉、内臓、血管、髪の毛にいたるまでタンパク質を原料に形づくられています。
健康な胃腸や血管は栄養をスムーズに吸収し、身体のすみずみまで行き渡らせ、毎日の元気を支えてくれるもの。
暑くて食欲も失いがちな夏ですが、納豆、枝豆や牛乳、チーズなど手軽に取り入れやすい食材もあります。
健康でキレイ!を目指す女性こそ、意識してタンパク質を積極的に摂るようにしましょう。

私は3年ほど前から、育ちざかりの息子たちと一緒に毎朝プロテインを飲んでいます。
ホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテイン・・・良いとこどりするべく、かつ効率よく成分摂取できるよう日々自分なりに研究しつつ続けています。
そこでひとつご提案。
夏の美肌づくりに有用な成分といえばビタミンCが知られていますが、この成分にはタンパク質の一種であるコラーゲン生成をサポートする役割もあるんです。肌のハリを保つためにも、タンパク質と一緒にビタミンCを摂るようにしてみましょう。
食後のデザートには、フルーツをチョイスしてみてはいかがでしょうか。

毎日の食を少し工夫して、効率よく、健康で少しでも若々しい身体を育みたいものです。

240_F_185065335_9U4fJCLXfMszxSYopw39GgxFhhkNRD6Q.jpg

2018年7月31日 | | コメント(0)

先月に、玄関の鉢植えに息子とひまわりの種を蒔きました。
しばらくすると、芽が出てきて、今は毎日「昨日よりも大きくなったね」と、何でもない会話をするのが楽しみです。
今まで、あまり、植物に触れない生活をしていたので、小さなひまわりの芽ですが、とても可愛くで、愛おしく感じます。

ひまわりと言えば、夏のシンボルです。大きな黄色い花びらをみると、とても元気になります。
ひまわりは、太陽の向きに合わせて動きを変えるというのは、よく知られていると思います。
しかし、この性質は、人間にもあるようです。
「ひまわり効果」と呼ばれる様ですが、ポジティブな態度・見方が、健康や長寿、能力の向上といった、よい効果をもたらすことがあるそうです。人間の脳・心拍・筋肉の収縮には、それぞれの気持ちがあり、それらが調和するときが身体的にべストな状態になると言われ、感謝の気持ちのようなポジティブな状態の時に生じやすいのだそうです。

いずれにしても、人を元気にしてくれる「ひまわり」。
我が家のひまわりは、まだ蕾ですが、今年は息子と一緒に、綺麗な花を見られることを願っています。
240_F_158804740_oLQENLdNaJJ85n6yirXTkDmpDNG0BwDp.jpg

2018年7月25日 | | コメント(0)

先日、2泊の金沢旅行に行ってきました。

 土曜日の午前中の仕事を終え、夕方4時少し前に出発し、夕立に振られながら高速へ。途中一度下道を通り、峠を越えて、再度高速に乗り、ホテルに着いたのが9時半を過ぎていました。休憩込みですが初めての5時間越えのロングドライブでした。
 ホテルに着くと、夕ご飯をホテルの人のおすすめの居酒屋でいただきました。海が近いからお魚が美味しい。お刺身も唐揚げも新鮮で魚そのものの味が濃かったです。
 そして、その居酒屋で出会いがありました。見た目はワカメの酢の物のようでしたが食べると口の中に清涼感のあふれる香り。お店の方に聞くと「金時草」といって金沢ではよく食べられている加賀野菜の一つでした。加賀で食べる加賀野菜なので美味しいことはよくわかりますが、どうしても来年も食べたくなってしまってすぐにネットショップで苗を発見しました。来年は実家の畑で育てようと思います。

 2日目は21世紀美術館とひがし茶屋街に行きました。兼六園と近江市場も行く予定でしたが21世紀美術館をゆっくり見たかったのと、35℃を超える猛暑の中、兼六園を歩くのはバテてしまうので次回金沢に来たときのお楽しみにとっておくことにしました。次回行くときは外にでても優しい季節に行きたいと思います。21世紀美術館は建物自体が空から見ると丸く、幾何学的美しい。開館の30分以上前には到着して並んでいましたが、開館時間には長蛇の列ができていました。外国人の方もたくさんいました。有名なプールのオブジェクトで写真を撮り、美術館全体をゆっくり鑑賞することができました。
 3日目はお土産を買い、帰路に。
帰りは新潟の方まで大回りで高速を使って帰りました。SAで休憩も込で6時間半かかりました。

 とても美味しくて楽しい旅行でした。でも長距離運転は疲れてしまった...。次回は新幹線を使って行こうと思います。

240_F_213440289_qfprOdycBZqICtPIpovJR5JWEhKaShM8.jpg

2018年7月20日 | | コメント(0)

「婚活」「お姫様抱っこ」「いらっと」「上から目線」「口ぱく」「小悪魔」「ごち」「自撮り」「無茶振り」
 
これらの言葉に共通することは何か、おわかりになりますか?
 
これらは、今年の1月、10年ぶりに改訂された「広辞苑」に新たに収載された1万語の言葉のほんの一部です。
国民的な国語辞典である広辞苑には、新しい言葉というより定着した言葉と判断されたものが収載されるそうです。
何年もかけて検討が行われ、充分定着したと判断されれば収録され、もう使われていないと判断されれば削除され、選りすぐりの25万語が集められているわけです。
 
初版から約60年が過ぎ、第7版が出版されました。過去の広辞苑を開けば、その時代にどんな言葉が使われていたのか、どんな生活を送っていたのかが見えてくるかもしれませんね。

広辞苑の言葉を使って半生を振り返ってみると「受験戦争」→「就活」→「婚活」→「就活」→やがて「終活」と何らかの「活動」に追われているようで少し複雑な気持ちになりました。

240_F_166086877_Xxfqy04BgNyRw7aLMgX71kxlmZ8BVSqs.jpg

2018年7月11日 | | コメント(0)

夜ちゃんと寝ているのに、お昼ご飯を食べたあと、眠くて眠くて仕方ない・・・そんな経験、皆さん、ありませんか?かく言う私も、午後一番は睡魔と闘っております。
昼食後、一息ついた午後に感じるような軽い眠気は生理的なものというのは、皆さんご存知の事だと思います。この眠気は、食べたものを消化するために胃に血液が集まり、脳への血液の循環が悪くなるためという説がありますが、これは誤解で、人の体内時計の周期が関係しているようです。体内時計のリズムには、1日周期のほかに半日周期のリズムがあり、眠気は半日周期のリズムで、1日2回眠気のリズムの中の1回が、昼過ぎの時間帯に当たるというのが本当のようです。
それじゃ仕方ないか~とできればいいのですが、仕事、授業中、試験、会議、セミナーなど眠っちゃいけない大事なシーンに、眠くなると困りますよね。

そこで、このツライ眠気を追い払う方法を調べてみました。

15分程度の短時間の仮眠をとる→長く寝てしまうと熟睡してしまい、起床後はかえって眠くなるので注意 (でも昼休憩の間は全く眠くならなくて休憩から上がると眠くなるんです・・・)
コーヒー、緑茶、紅茶などのカフェイン入りの飲み物を飲む→カフェインの効果は飲んでから約30分後に現れます。眠くなる前に飲むのがポイント (これならできそう)
体を動かす→体を動かすことで脳に刺激が行くので、スッキリします (確かにパソコンの前に座っていると眠くなるので、午後はできるだけ体を動かす仕事をすればいいかも)
ツボ押し→中衝、合谷、百会、睛明、風池などが代表的なツボです (ツボの場所を調べなければ)

できる事から試してみようと思います。

ただし日中に我慢できないほどの眠気を感じるときは、何らかの病気が睡眠に影響を及ぼしているかもしれません。おかしいと思ったら病院を受診してくださいね。
240_F_212324374_nGrC4Wb7pICE9pA6L0t45OWOlLyPLnzz.jpg

2018年7月 4日 | | コメント(0)

毎年、塩山の友人の所にさくらんぼ狩りに行っています。今回は、2歳になる息子もつれて行きました。日頃息子にはさくらんぼを食べさせてはいないため、実際になっているさくらんぼには興味がなく、お客さんが連れてきていた犬に興味をそそられたり、置いてあった脚立に上ったりとで過ごしている息子を背に、私はここぞとばかりに、大きく、赤いさくらんぼを探してはパクパク食べておりました。今年は気温が高く、受粉時の温度が高かったため、さくらんぼの種類によっては受粉が上手くいかなくて、実りが少ない品種もあるとのお話がありました。でも非常に美味しく今年も頂けました。
さくらんぼの栄養価は高く、ミネラル(特にカリウムが多い)・鉄分・カロチンを豊富に含むようです。
カリウムは高血圧予防にいいため、血圧高めの方にはお勧めです。
また、ポリフェノールの一種である、アントシアニン・フラボノイドも含み「疲れ目」にも効果とのことです。
しかし糖類が主なので、取り過ぎには注意が必要です。

今が旬のさくらんぼ。みなさんも栄養豊富なさくらんぼを食べて、元気な体にしましょう。
240_F_159155759_28V9sDrblydYF5uGzZbOdCzQSmZIy22r.jpg

2018年6月26日 | | コメント(0)

6月もそろそろ終わりもうすぐ7月、夏本番が訪れます。
毎年春には、梅の花が良い香りを漂わせて咲き、その後育った梅の実を収穫し、我が家では梅干しを作ります。
まず、梅をきれいに洗い米のとぎ汁に一晩つけ、あく抜きをします。そしてヘタをとり水分をよく拭き取ります。
水分がついていると梅漬けをした時にカビが発生する為、この作業は大事なひと手間です。
梅の重さの18~20%の自然塩を用意し、容器の底にかるく塩をしきます。そこに梅を並べ、また塩をふり2段、3段と交互につけていきます。
最上段は多めの塩でおおい、その上におとしぶたをして、梅の重さの2~3倍の重石をのせ、虫やゴミが入らないようにふたをし、風通しのよい冷暗所に置きます。あとは赤シソが出回ったら漬け込み完成です。
梅は、殺菌効果だけでなく、生活習慣病やガンを予防する効果のあることも分かってきているそうです。
夏バテの予防や解消に効果的な栄養素を含んでいる梅を食べて暑い夏をのりきりましょう。

240_F_193765911_YCIAfwbCdkQiRgvn8vDwSmxuPpn6gJk5.jpg

2018年6月19日 | | コメント(0)

今年は、ミニトマト栽培に挑戦しています。
今まで、やってみよう、やってみたい・・・と思いながら、中々、実現しませんでした。でも今年は思い切って、苗を植えてみました。植木鉢に「野菜の土」を入れて、苗を移植しただけですが、何となく、充実感があります。それから、毎日、トマトの様子を観察しています。倒れないように支柱も立てました。苗に付属していた【苗の育て方】の指示に従い、脇芽も摘みます。あれよあれよという間に、苗はスクスク育ち、沢山の花も咲かせました。花が終わると、トマトの実が付き始めました。
梅雨に入ったとはいえ、気温が高く、水やりは欠かせません。
ある日、明け方まで雨が降っていたから、今日は水やりしなくても良いだろう・・・と思い、仕事に出掛けました。1日の仕事を終え、帰宅したら、なんと!!!トマトの枝も葉もグッタリとしおれて枯れそうになっていました。今まで大切に育ててきたのに~~~ショック~~~。直ぐに水を与え、暫く様子をみることにしました。
水を与えてから数時間後、トマトを見に行ったら、見事に復活していました。枝も葉っぱもピンと元気になり、一安心。その後は、まじめに水やりを継続し、今ではトマトの実も2cm程に育っています。
真っ赤に実ったミニトマトをいただける日も近そうです。楽しみです。
何かを育てるって楽しいです。次は何を育ててみようかな・・・

240_F_161708369_RsGZ9JBxwt178lhWjdZQ40oZXR4djSl0.jpg

2018年6月14日 | | コメント(0)

暖かくなってきて、蚊などの虫が出てくる時期になりました。
うちの子供たちは蚊に刺されやすく、一緒に遊んでいる子は刺されないのに、うちの子供は何ヵ所も刺されてしまうことがよくあります。
そこで、夕方に遊ぶときは長ズボンと虫除けが欠かせません。
最近は子供用のリングや、シール等色々なタイプの虫除けが売られています。虫除けの成分は色々ありますが、子供用の虫除けリング等には虫が嫌がるとされるハーブなどの天然成分を沁み込ませることで効果を発揮する仕組みになっているようです。
また、これらのハーブを庭やベランダで育てることで家の虫除けにも効果があるとのこと。
私は虫が苦手で、家の中に小さな虫が一匹入ってしまっただけで子供と一緒に毎回大騒ぎです。
そこで、この時期になると虫を家に入れないために家の回りに虫の侵入防止効果のある粉を撒き、玄関やベランダに吊るすだけで長時間虫除けができるプレートを吊るし、網戸には網戸用の虫除けスプレーを使います。
植物を育てるのは苦手でしたが、ペパーミント、ハッカ、タイム等のハーブは虫除けに効果があるとのことで今年は庭やベランダで育ててみたいと思います!
そして、私の影響で虫が少し苦手な息子ですが、最近「僕が捕まえてあげる!!」と頼もしくなってきました。今はビクビクしながら虫を相手にしていますが、息子の成長にも期待したいと思います!

240_F_193247036_fKfXggOfHL7DzL4OmBimQdzWmvrtNgls.jpg

2018年6月 5日 | | コメント(0)


5月の中旬の週末、馬とともに長野の安曇野へ行ってきました。安曇野は十数年前2年ほど住んでいた所でもあります。日本有数の高さを誇るアルプスの山々などをのぞみ、水のきれいな土地です。わさびやそばなどの名産品もあり、また全国的にりんごの産地としてもご存じと思います。
その中でも私が大好きな長野のソウルフードが、おやきです。小麦粉・そば粉などを水で溶いて作った生地で具材を包み、焼いた食べ物です。
かつては主に北信地方や安曇野地方の家庭で冬季における米の代用食として作られていたようです。長野県
の多くの地域は地形や気候により、米の栽培には適さない土地が多く、代わりに小麦や蕎麦などの穀類を原料とした食べ物が古くから食べられていました。おやきはその1つだそうです。

以前長野の小川村という所にあるお寺のご住職に、「ここは米のとれない所だからこういうものしかないけど」とごちそうになったことがありますが、なかなかどうしてこれが色んな具が入っていて美味なのです。
味付けは味噌や醤油などの素朴な味ですが、中の具は長野名物の野沢菜漬け、なす、おから、かぼちゃ、
切り干し大根などいろいろな種類があるのです。当時ちょっとした軽食やおやつにちょうどよくて、よく食べていました。
具を包む皮も地域によって作り方も違うようで、もちっとした生地で焼いただけのものもあれば蒸しておまんじゅうのような食感の生地もあったり。その昔は、囲炉裏の中の灰にうめて、蒸し焼きにしていたそうです。
今でもたまにどうしても食べたい!と強く思うことありますが、糖質制限をしないといけない身でちょっと我慢しようかなと思う今日この頃です。

240_F_142987877_Y71zGo1RP5ytxW4XRhJW79pbCfs2b1Tz.jpg

<< 前へ page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ