2018年10月 9日 | | コメント(0)

最近、肩こりが酷くて困っています。特に右の肩はいつもパンパンです。そこで、肩こりの原因や解消方法について少し調べてみました。

そもそも、日本人は欧米の人に比べて頭が大きい割には首から肩の骨格や筋肉が華奢なため肩こりを起こしやすいそうです。肩こりは日本人の宿命!!!とも言える症状だそうです。避けては通れないということでしょうか・・・
原因は様々のようですが、中でも「同じ姿勢、眼精疲労、ストレス、運動不足」が4大原因とされているそうです。
自分に当てはめてみても、納得です。パソコン操作をする時間も長く、目も疲れます。運動といえば犬の散歩くらい。
ストレスも無いと言ったら嘘になりますし。
 
では、どうしたら良いのでしょうか?
パソコン操作の多い方は、時々、首をゆっくり回したり後ろに反らせたりしてみると良いそうです。これだけでも血行が改善され、肩こり軽減につながるようです。眼精疲労を予防するには目薬をさすだけでなく時々目を休ませることが大切だそうです。1~2分程度、目を閉じ、その間にこめかみを優しくなでるようにマッサージすると効果的。
細かい事ですが、パソコンのスクロール画面を目で追うと非常に疲れが溜まるようなので、スクロール画面は直視せず、視線をそらすと良いそうです。

これから気温が下がり、ますます体がちじこまってきますが、以上のことに注意しながら少して行きたいと思います。
240_F_200567293_l9Bpm7ZGq4XlP1BpgKDJFKgf2ZBv6sli.jpg

2018年10月 2日 | | コメント(0)

先日、人間ドックを受けました。今までは集団検診だけ受けていたので1~2時間で終わっていましたが、休みの日を検診に使うならきちんと調べてもらおう!!とオプションで色々追加し1日がかりで受けました。
その結果、初めて受けた骨密度の検査で要精密検査...
想像もしていなかったのでビックリしました。

骨粗鬆症とは...
骨のカルシウム量(骨量)が減ることで骨がスカスカになり、骨強度が低下して骨折しやすくなる病気です。
骨密度は20代でピークを迎え、年をとるとともに減少します。骨粗鬆症は年をとると多くの人がかかる恐れのある病気です。
特に女性は閉経後急速に減少し、骨粗鬆症の割合が多くなります。
女性の60代では3割、70代では4割の方が骨粗鬆症になっていて、女性は男性に比べ倍以上にもなります。
20~30代の人では、健診で骨密度を知る機会がなく、骨が弱っていても症状がないことから、骨密度の低下は気づきにくいそうです。
私も早期に骨量が少ないことが分かって良かったと捉えて、しっかり対策をしていこうと思います。
骨折を防ぐには、骨の強度を上げる運動が大事です。そのためには、骨に負荷や衝撃のかかる運動がよいということです。たとえば、ゆっくりしたウォーキングより速歩き、速歩きよりジョギングの方が骨には負荷がかかります。
食事では、カルシウムとカルシウムの吸収を助けるビタミンD、骨を造るのに重要なビタミンKを多く含む食品をとることが大切です。カルシウムは乳製品や大豆製品、小魚、緑黄野菜、海草などに多く含まれています。
それ以外にも野菜や果物、タンパク質などさまざまな食品をバランス良く摂ることが基本になります。

後日、役所の健康課の方から電話をいただき、骨粗鬆症の精密検査の助成を受けられると教えて頂きました。市町村によっては、そんな取り組みがあることを初めて知りました。
良い機会なので検査を受け、今からきちんと対策して予防に努めていきたいと思います。

240_F_176190131_XF5S9qoZbqekNmWHEeB29ShKVBAYbkPy.jpg

2018年9月25日 | | コメント(0)

我が家には2人子供がいますが、兄弟がいると2人目は風邪にかかりやすいと聞きますが、まさに
その通りで、生まれてすぐに上の子の風邪がうつり、それからは定期的に咳や鼻水を繰り返してきました。上の子は満1歳になり保育園に行くまで予防接種以外は病院にかかることはありませんでしたが、下の子は保育園に行く前から病院通いが常です。中でも苦労したのが水いぼです。どこでもらってきたのか、2,3個見つかってからあれよあれよという間に体中に広がってしまいました。最初のうちに病院にかかった時に保湿をしっかりしていれば特に治療はいりませんと言われ、保湿をこまめにしていましたが一度広がるとあっとゆう間でした。

水いぼは伝染性軟属腫と言って、子供に多くみられる皮膚の感染症です。いぼは直径1~5ミリ程度で、中にウイルスが含まれています。いぼがつぶれてウイルスが肌につくことで、広がったり人にうつったりします。水いぼそのものにかゆみや痛みはありませんが、アトピー性皮膚炎などをおこしていると、いぼの周囲にかゆみを感じてかきこわし、感染を広げてしまいます。治療法は色々な意見があり、ピンセットでとる方法や麻酔のテープを貼る方法があります。ただ痛みを伴うのでDrによっては自然治癒を待つ先生もいるようです。ほおっておいても数カ月から2,3年で治るようです。2.3年...は長いですね。水いぼがあると保育園や幼稚園によってはプールに入れなかったりと色々な制限はあるようなのでさらに悩むところです。ちなみに我が家はあまりにも多くできてしまったので少し様子を見ることにしました。4か月くらいで約90%の水いぼがとれ、自然治癒することができました。ただ残念ながら水遊びが大好きな娘にとってプールに入れなかったのは残念なことでした。感染予防には、肌と肌が触れるのを避けることが第一です。園などで水遊びを禁止することがあるのは、子供同士の肌の接触を防ぐためで、水を介してうつることはありません。ただし浮き輪やビート板などの遊具や、タオル、寝具などに触れないように注意することが必要です。肌のバリア機能が低下すると感染しやすいので保湿を心がけることも大切です。来年はこのことに注意をしながらも水いぼにならないことを祈るばかりです。

240_F_222525506_VatEGvoAEyLDCtjoZ5uNXO0IwhmsqxYC.jpg

2018年9月19日 | | コメント(0)

ここ数か月西日本や北海道などで豪雨災害、地震災害などが頻繁におきています。被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
私自身も阪神淡路大震災で地震を経験し、とてもこわかった記憶があります。電気が復旧するのに約1週間、水道が復旧するのには約1か月、そしてガスは一番遅く3か月かかりました。
食料は母が冷凍庫に保存していたものを解凍して食べることができました。最初トイレの水や手洗いの水は
お風呂の残り湯などですませました。途中からマンションのトイレは使用禁止になり、仮設トイレが外に設置されたので、家族全員で夜寒い中下まで降りていってすませたりしていました。冬場だったので物が腐るということはなかったので良かったのですが、手指の消毒などできるものがあるといいと今は思います。
しばらくして自衛隊の給水車が定期的にまわってくれるようになってからは、水はなんとか困らない程度にはなったと思います。それでもそれまでの期間必要な飲み水などの蓄えはいくらか必要と思います。
約1週間ほどは最寄の駅まで電車が通ってなくて、仕事は休まざるをえませんでしたが鉄道路線は阪急・JR
・阪神線と3社あるので大阪方面にはわりと早く行けるようになったと思います。
その1週間のうちにスーパーが開店しているという話を聞き、家族で出かけた時、近くにあった寿司屋が店の前で温かいおにぎりをと無料でふるまってくれたのが寒い時期だったのでとてもうれしかった記憶があります。そのあとカセットコンロを購入し、温かい食べ物や飲み物などとれるようになりました。
入浴だけはしばらく我慢するしかなかったのですが、水のいらないシャンプーなどの商品もあったりして
活用した時期もあったとおもいます。それでもやはり温かい湯船につかりたくて、時々家族で大阪方面に電車にのって銭湯に行ったこともありました。3か月後やっと業者さんが来てガスの開栓作業に来たときは
ほっとしました。
この先いつ、どこで、大きな災害がおこるかわかりません。その時どう命を守り、つなぐ行動にでればよいか普段より考え、準備することも怠らないようにしなければと思う今日この頃です。

240_F_130300331_P9JmnoGMwQxhZXINNMh3pxxP21ggsvw7.jpg

2018年9月11日 | | コメント(0)

日本には、年齢の節目でお祝いをする風習がありますが、子供の時には七五三(3歳・5歳・7歳)のお祝い事があります。その年齢まで無事元気に育ったお祝いと、これからも元気ですくすく育ってほしいという願いを込めてお祝いをします。20歳になると成人式があります。これからは責任を持って大人の世界で頑張って生きていくのだ!!と言う激励会でしょうか? そこから先はしばらく公のお祝い事はなく家庭内でお誕生日をお祝いする程度でしょうか? そして人生の後半になると、今度は長寿のお祝い事が始まります。最初のお祝いの節目が還暦です。人生50~60年の時代では今でいう後期高齢者になるのかもしれないですが、現代は平均寿命が80歳を優に超えているので、60歳は老人の入り口で大先輩からしたら、まだまだ修行が足りないと怒られてしまう年齢かも知れないです。斯く言う私も今年は還暦です。
そこでこれからやってくる長寿のお祝いについて調べてみました。還暦は60歳で十干十二支が一巡して元の暦に戻ると書いて→還暦! 元に戻ったので赤ちゃんに戻って生まれ変わって出直す意味で、お祝いの色が赤ちゃん→「赤」だそうです。次は満70歳で古希のお祝いがあります。
中国の詩人の詩の一節「人生七十古来稀なり」に由来しているそうです。70歳まで生きることが稀な時代だったからお祝いをしたのでしょうか。77歳で喜寿のお祝い。80歳で傘寿のお祝い。「傘」の字の略字を分解すると八十となることに由来。88歳で米寿のお祝い。米の字を分解すると八十八となることに由来。90歳で 卒寿「卒」の字の略字「卆」が九十と読めることに由来。99歳で白寿。百の字から一を引くと「白」になることに由来。
100歳で百寿。字のごとく百を祝う。108歳で茶寿。「茶」の字を分解すると八十八、十、十となり、すべて合わせると108になることに由来。111歳で皇寿。皇の字を分解すると白(99歳)、一、十、一となり、すべて合わせると111になることに由来。最後に大還暦!!は還暦2回で120歳!!とこんなに沢山の節目のお祝いがあります。生きているだけで丸儲けと言った方がいらっしゃいましたが、毎日元気に楽しく生きることは難しいこともあります。でも出来るだけ日々感謝の心を忘れずに、これからも元気に生きていけたらと思います。
そして今年は友人たちと節目を祝う集まりがいくつもあり再会が楽しみです。

240_F_92051386_N9eDrleNHOhjrgY1VdAFcVVB7sWWqf73.jpg

2018年9月 4日 | | コメント(0)

以前から「腰椎すべり症による脊柱管狭窄症」の持病のある母が8月に入った頃、お尻から太ももにかけていつもよりも痛みが強くなったと言い始めました。脊柱管狭窄症を発症した時と同じような場所が痛むことから症状が悪化してしまったのかと心配になりましたが、本人が次の受診日までもう少しだし他の先生は嫌だからと言うので、次のかかりつけの整形の予約受診日まで様子を見ることにしました。
しかし、様子を見ているうちに痛みが強くなり、歩くたびに激痛が走るようになり、ついには歩くのもままならなくなってしまいました。その時には運悪く病院のお盆休みの期間に入ってしまった為、手持ちの貼り薬で痛みを紛らわせ、やっと整形の予約日となり受診しました。MRIを撮ると元々すべり症のあったところが、圧迫骨折をしていました。しかし、しりもちをついたり、転んだり、特別重いものを持ったりした覚えはありませんでした。しばらくは安静にしているように言われ、コルセットを作る予約をし、処方された薬をもらって帰宅しました。
母の様子を見ていると、普通に歩けること、痛みがないことなど当たり前のことのありがたさを実感します。その当たり前を維持するためには、日ごろから適度な運動をして筋力維持につとめたり、バランスのよい食事に注意したり、骨密度の検査を受ける等して骨や身体の状態を理解する必要性を改めて感じました。

240_F_186181760_c9h7VYW8QoqRGmrHnsHvrDqt9N0kK1in (1).jpg

2018年8月29日 | | コメント(0)

アスタキサンチンはサケ、イクラなど、赤い色の水産生物に含まれていて、優れた抗酸化力を持つことで知られています。
アスタキサンチンの抗酸化力はコエンザイムQ10の約800倍、ビタミンEの約1000倍、ビタミンCの約6000倍です。
アスタキサンチンには、眼、筋肉、皮膚など健康に関する様々な作用の研究がなされています。
ウエノでもアスタキサンチン製剤を取り扱っています。実際に私も美容液とサプリメントを使ってみました。
美容液はとても浸透性がよく、すぐに効果を実感しました。
サプリメントを飲んでいる方の感想として、「このサプリメントを服用して、1ヵ月くらい経った頃からパソコンの小さい字が目を凝らさず見えるようになったんだよね」と喜んで下さいました。またシミでお悩みの方にご紹介したところ、「肌のトーンが明るくなった。でもこれって便秘にも効きますか」と質問されました。便秘改善効果もあることをお伝えすると、「このサプリメントを飲んでから毎日、便がスルっと出るようになった」と長年便秘に悩んでいる方が喜んで下さいました。さらには、肩こり、頭痛が良くなったと喜んでいるお客様もいます。
弊社の社長も使っていて効果を感じています。
この商品は医療機関でしか扱えないため、ご興味のある方はぜひご相談下さい。

240_F_123241217_n7XvHytgYxULZogeREMltPlkgykwFVps.jpg

2018年8月21日 | | コメント(0)

今年はとても暑い日が続いています。熱中症対策、紫外線対策しっかりとできていますか。
果物には紫外線対策に効果的なビタミンCが多く含まれています。しかし食べる時間が重要だということをご存知ですか。
肌に良いと思って、朝食にオレンジやグレープフルーツ、キウイなどの果物を摂取しているという方は多いと思いますが、 実は紫外線の多い時期はあまりよくないと言われています。
「ソラレン」は紫外線を体内に吸収してしまう光毒性のある成分です。野菜や果物には、この「ソラレン」を含むものがあります。野菜や果物を食べた後、7〜8時間かけて紫外線吸収を活性化させ、どんどん体内に吸収していき、肌へダメージ与えます。そのため、朝食に「ソラレン」を含むオレンジやグレープフルーツ、キウイなどの果物や、パセリやセロリなどの野菜を食べたりすると、シミや日焼け原因になってしまう可能性があります。
 しかし、キウイやオレンジなどのビタミンCの多い食べ物は、夜に食べると紫外線で傷ついた細胞を修復してくれます。よって食べる時間が重要になります。
 紫外線を吸収しやすい食べ物は夕方から夜にかけて食べるのが良いと考えられます。
 
【朝食べると紫外線を吸収してしまう食べ物】
果物:グレープフルーツ・オレンジ・みかん・レモン
キウイ・アセロラ・いちじくなど
野菜:きゅうり・セロリ・パセリ・大葉・パクチー・春菊・など

まだまだ紫外線が多い時期が続きますので紫外線対策をしっかりと行いましょう。

水分・電解質の補給も忘れないようにし、熱中症対策も行いましょう。


240_F_184809675_ymcSENNcarJ4JFCoyyhYjYVfxstBnJcb.jpg

2018年8月18日 | | コメント(0)

ある日、下の娘が通っている幼稚園から連絡がありました。「頭が痒いみたいでしょっちゅう頭を掻いています。皮膚科さんに連絡しておいたので診てもらって下さい。」
皮膚科を受診すると直ぐに「シラミです」と言われ、薬局で薬を買って使うように言われました。そう言われてみれば、娘が頭を掻いていることが度々あったような気がします。妻と「シャンプーが合わないのかなぁ?」なんて話をしばらく前にしていたことを思い出しました。もしかしたらその頃から、シラミがいたのかもしれません。お風呂で髪を洗うときも、ドライヤーで髪を乾かすときも、その頃はまったく気が付きませんでした。皮膚科で言われてから、よくよく見てみると、確かに髪の毛に小さな卵が付いているのがわかりました。
スミスリンというシャンプータイプのお薬を購入し、その日から使うことにしました。このシャンプーは3日に1回、合計で4回使用します。成虫をやっつける効果はありますが、卵には効果がないので、繰り返し使う必要があります。卵が孵化したタイミングでシャンプーを使うことで、シラミの成虫を退治していきます。シャンプーを使用しながら、くしで髪に付いた卵を取りましたが、付属のくしの目が粗くて上手に取れなかったため、目の細かい、専用の櫛を(ちょっと高かったけど...)購入しました。この櫛は調子がすごくよかったです。卵がざくざくたくさん取れました。
下の娘にいたのでもしかしたらと思いましたが、不安が的中してしまいました。上の娘からも、妻の髪からも卵が見つかりました。毎日並んで寝ているので仕方ないですね。私は短髪なので、いませんでした。シャンプーを追加購入です。
一通りシャンプーを使い終わってから再度皮膚科を受診し、シラミがいないことを確認してもらい、無事に治療は終わりました。それでも、お風呂の後、髪を乾かすときには卵が付いていないか確認してしまいます。しばらくは、気になって見てしまうと思います。
240_F_217646059_KgarCkkUO9JyiTsqIp5ANhrp7mNV5VfF.jpg

2018年8月 8日 | | コメント(0)

夏本番を迎え無理なダイエットや不規則な食生活、簡易的な食事・・・心当たりはありませんか?
今、女性のタンパク質不足が問題になっているそうです。

私たちの身体は、肌や骨、筋肉、内臓、血管、髪の毛にいたるまでタンパク質を原料に形づくられています。
健康な胃腸や血管は栄養をスムーズに吸収し、身体のすみずみまで行き渡らせ、毎日の元気を支えてくれるもの。
暑くて食欲も失いがちな夏ですが、納豆、枝豆や牛乳、チーズなど手軽に取り入れやすい食材もあります。
健康でキレイ!を目指す女性こそ、意識してタンパク質を積極的に摂るようにしましょう。

私は3年ほど前から、育ちざかりの息子たちと一緒に毎朝プロテインを飲んでいます。
ホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテイン・・・良いとこどりするべく、かつ効率よく成分摂取できるよう日々自分なりに研究しつつ続けています。
そこでひとつご提案。
夏の美肌づくりに有用な成分といえばビタミンCが知られていますが、この成分にはタンパク質の一種であるコラーゲン生成をサポートする役割もあるんです。肌のハリを保つためにも、タンパク質と一緒にビタミンCを摂るようにしてみましょう。
食後のデザートには、フルーツをチョイスしてみてはいかがでしょうか。

毎日の食を少し工夫して、効率よく、健康で少しでも若々しい身体を育みたいものです。

240_F_185065335_9U4fJCLXfMszxSYopw39GgxFhhkNRD6Q.jpg

<< 前へ page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ