AED先進県

2010年3月24日 | コメント(0)

『心肺停止状態の急病人の近くにいた一般の人がAEDで初めに救急処置した場合、駆け付けた救急隊が処置したケースと比べ、患者の社会復帰率が2倍を超えることが、京大研究チームの調査で分かった。』

M3860A_FR2_ECG_Display2.JPG一週間くらい前ですが、このようなニュースを目にしました。
折しも先日、社内勉強会で心肺蘇生術とAEDの使い方について学んだばかり。
心臓が停止すると、4分以内に脳の障害が発生するそうです。心肺蘇生法は、この障害を遅らせる効果があります。この時、心室細動を起こしていると心臓からの血液の送り出しは正常に戻りません。そこで除細動をするのがAEDです。

日本心臓財団のホームページによると、AEDは医療機関や消防機関や公共施設などに設置してありますが、このうち一般市民が使用できるAED(PAD)は72%を占めているそうです。

平成20年現在、PAD設置数の一番多い県は、東京、次いで大阪です。

でも、人口10万人対PAD設置数の一番多い県は、なんと山梨県なのです!!!!!
全然知らなかった-。

ウエノ薬局グループでは全店に、AEDが設置してあります。
いざという時に使えるように、学んだことを忘れないようにしなくては!

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ