2017年10月17日 | | コメント(0)

先日実家に行った時、父が補聴器をつけているのをみて色々聞いてみました。少し前から聴こえが
悪くなっているらしく、不便を感じていたようで購入したようでした。
補聴器のタイプは大きく分けて、耳かけ型と耳穴型になります。最近の主流は耳穴型になりつつあるようです。見栄えの問題のようですが。
父が使用しているのは耳に入れるタイプのもので、両方の耳に入れています。そもそも補聴器というのは
音や信号を入力するマイクの部分と、音の処理をする部分、そして音を出すスピーカーの部分で構成されています。音の処理というのは、音の周波数毎にその人の聴こえ具合に合わせ補正するのです。
そして使用する人の聴力や、環境に応じて調整やメンテナンスが定期的に必要になるため、金額も高額に
なるようです。定価は10万~100万円までとかなり幅があるとのことでした。
言語によっても違うようですが、日常会話の周波数は200~1万ヘルツ前後だそうで、周波数帯を5から7くらいに分け、その人の聴力に応じ聴き取りづらい音を増幅するそうです。その精度により高額になるようだと言っていました。
また補聴器の特徴で、ピーピー音、ハウリングのような不快な音を取り除く機能や、特定の方向からの音を聴きやすくする指向性と呼ばれる機能、雑音を抑えて聴き取りやすくする機能もあるようなのです。
しかし、家族で外食に行った時、父が言うには「周りの客が話す声や、色んな音も同じように聴こえるので
わかりづらい。」と言うのです。メーカーによると、雑音というのは脳が判断することだから普通の会話と雑音を区別することは難しく、慣れるしかないのだそうです。1日の中で、出来るだけ長く使えば使うほど
早く脳が慣れるのだそうです。
耳鳴りを雑音と認識するように慣れるしかないというのもそのせいなのでしょうか。
父はまだ慣れないようなのですが、人によってその時間は異なるといいます。ただ、補聴器の耐用年数もあり慣れた頃には買い替えなんてなることも。補聴器は電子機器なので寿命があるのです。父のものもそれなりの値段のようで、簡単に買い換えはできないとのことでした。
最近の父は電話には出てくれなくて、―電話の声が聴き取りづらいので―少し残念なのですが、電話のオレオレ詐欺には引っかからないかも。

8.jpg

2017年10月10日 | | コメント(0)

前回のブログ担当者が「長野の酸性の温泉」について書いていたので、私は第2弾として先月の連休を利用して行った前鬼怒川の「かご岩温泉」について書くことにしました。
大学時代の友人4人と毎年夏から秋にかけて連休を利用して年1回旅行をしておりますが、今年は「かご岩温泉」に行ってきました。当初の計画では、1日目は鬼怒川ライン下りを体験して2日目に日光東照宮巡り・中禅寺湖・華厳の滝観光を計画しておりましたが、あいにくその連休は台風15号が日本縦断するとニュースで騒がれていた日でした。前日まで旅行を中止するか迷ったのですが、友人の家族の勧めで決行することになりました。ライン下りはキャンセルし大雨の中、40年ぶりの平成の大修理完成で一般公開した世界遺産の日光東照宮「陽明門」・三猿・眠り猫などを観て、冷えた身体を温めるために少し早めに「かご岩温泉」に向かいました。宿泊した旅館は鬼怒川河岬にある源泉湯本の一軒宿です。到着して直ぐにロビーで「地下100mから汲み出した美味しい天然水を使ったお抹茶」が振舞われて到着を歓迎されました。直ぐに温泉に入りましたが、長野の温泉は酸性と記されておりましたが、こちらの温泉はPH9を超えるアルカリ性温泉でした。
酸性の温泉は、殺菌力が強く皮膚病などにも効果があるようですが、アルカリ性の温泉は、肌の表面にある皮脂を溶かし角質を柔らかくし美肌作りに効果があるようです。肌触りをちょうど石鹸でぬるぬるした感じと例えられるようです。アルカリ性温泉の弱点は皮脂がとられすぎて肌がカサカサする事です。その対策としてはシャワーで温泉成分を洗い流すと良いようです。宿には露天風呂もあり、眼下には鬼怒川、遠くには日光連山が眺められて、のんびりとお風呂に入りながら友人たちと仕事の話、家族の話、将来(老後?)の話...など心開いて話すことで身も心も癒されとても素敵な温泉旅行でした。
皆様にも、疲れた時には日常の生活から少しだけ離れて「温泉」でゆっくりすることをお勧めいたします。

240_F_174363669_wXmA3gTOkIZB904ZMvheUw9LouXb4rZr.jpg

2017年10月 3日 | | コメント(0)

先日、長野県の白骨温泉に行ってきました。ホームページによると、白骨温泉は古来より「3日入れば、3年風邪を引かない」とも伝わる、霊泉的効果の高い温泉で、乳白色のお湯はお肌にやさしい弱酸性。(通常、乳白色の温泉は強酸性のため、ぴりぴりチクチクとお肌に強い刺激があることが多いのです)硫黄と炭酸成分が多く、血管を拡張しカラダをぽかぽかと温めます。とくに胃腸病に効果があり、その他内臓疾患、神経性ストレスなどにも高い効果があるとの事。
さすがに3日はいられませんが、温泉に入ると体の芯から温まり、広い露天風呂では風や自然の木々を楽しむことで気持ちがほどけていくのを感じました。利用した宿の内風呂には3つの湯船があり、その中の1つ「ぬる湯」にしばらくつかっていると、肌にぷくぷくと炭酸の泡がついてきます。なんだかそれを見ただけでも、お肌がすべすべときれいになったような気持ちになりました。内風呂は檜造りの情緒豊かな雰囲気でタイプスリップした感じでとても素敵でした。飲泉も可能ですが、少々味に癖があり私には飲めませんでした。しかし、朝食に頂いた温泉で炊いたおかゆは美味しく、外から中からたっぷりと温泉を堪能することが出来ました。
温泉には様々な種類や効果があり、その上建物の雰囲気やお風呂の種類、食事など、どこの温泉も魅力的です。皆さんはどこの温泉がお好みですか?

240_F_127471355_uU8ZjpEkRfnAr5HbNTMcYVr8peKguuNf.jpg

2017年9月26日 | | コメント(0)


最年少プロ棋士の藤井四段が活躍したことで将棋ブームが到来した影響なのか、実家の居間に新しい将棋盤がおいてありました。今まで一度も本将棋というものをしたことがなく、将棋崩しや挟み将棋などで遊んでいた記憶しかありません。今回時間があったのでどのようなものかやってみようと写真をみながら駒を盤に配置し説明用紙片手にはじめました。最初は全く意味がわからず駒を前にすすめるだけで精一杯でしたが、徐々に駒の特性を理解し少しではありますが相手の動きから次の一手を考えられるようになりました。プロは何手も先まで相手の動きを読み考え勝負していることに感服しました。 
 将棋連盟のホームページのコラムに将棋は現実社会に応用できる「状況判断」を身に付けることが可能であり、思考トレーニングに最適なものであると記載されていました。薬局でスムーズに業務が行えるよう次の動作を考えたり、患者様の表情や行動から考えていることを読み取ることに役立つのかなと思いました。 
 二時間かかった初めての勝負は負けてしまいましたが、頭を使った有意義な時を過ごすことができ楽しかったです。皆さんも時間のあるときに将棋を指してみるのはいかがでしょうか。 

240_F_106372049_hYP00fNhsF12BJbh7q0460XF6wyGc8PA.jpg

2017年9月19日 | | コメント(0)

秋になり果物の美味しい季節がやってきました。秋になるといろいろな果物が旬を迎えます。先日、栃木に住む友人から「幸水」が、実家からは「二十世紀」が送られてきたので、梨について調べてみました。

梨の品種には幸水・豊水・南水・二十世紀・新高・新興など多くの種類があります。

梨は、かなり昔から日本にあったと言われています。弥生時代の遺跡から梨の種子が見つかったこともあり、弥生時代には食べられていたことも分かっているそうです。
梨は水分が豊富に含まれていますが、それだけではなく、糖質、ミネラル、アミノ酸、食物繊維なども含まれています。
梨に含まれる成分には1つ1つ効果が期待できます。
「アルブチン」はメラニン色素の生成を抑える働きがあり、美白効果が期待できます。化粧品にも使われています。
「アスパラギン酸」は必須アミノ酸の1種で疲労回復の効果、利尿作用による浮腫み改善、アンモニア排出作用が期待できます。
「カリウム」は、体の中へ取り込まれた余分な塩分を排出する働きがあるため、浮腫みの改善へとつながります。そして、高血圧の予防も期待できます。
「リグニン」は梨の果実に含まれる石細胞の細胞壁を構成している成分で、体内で消化されない食物繊維の1種です。そのため、便秘改善が期待できます。
「カテキン」は解熱作用があるので暑さ残る9月にもおすすめです。

まだまだ暑い日が続きますので梨など旬の果物を食べて乗り切りましょう。


240_F_170152772_qd6DB7cvwkHA4cbQ7CgSJrjs3UUNfX1M.jpg

2017年9月12日 | | コメント(0)


火傷の応急処置は、まず患部を冷やすことが第一なので、直ぐに水道水で傷口を冷やしました...が、3本の指に水膨れができてしまい何とも痛々しい状態でした。

患部を冷やした後に、絆創膏を貼りました。いわゆる「高機能絆創膏」と言われる、厚手の、ちょっと高価な絆創膏です。この絆創膏で期待できるのは、モイストヒーリング(湿潤療法)と言われている治療方法です。これは、患部を保湿して傷を治そうとする自然治癒力を高めてあげるような方法です。
従来は、患部を乾燥させ、かさぶたが剥がれるのを待つ、という治療が一般的でした。
しかし、ガーゼを貼り替える際に再生した皮膚を壊してしまうことがあったり、傷跡が残ったり、治癒が遅かったりということがありました。
対して、湿潤療法は傷を乾かさず、潤いを保った状態で治療する方法で、傷跡が残りにくく、早く治るという特徴があります。また、絆創膏が傷口に密着するため、痛みの軽減も期待できます。傷口から出る体液:滲出液(しんしゅつえきと言います)には、傷を治そうとする働きがあります。絆創膏により傷口の乾燥を防ぎ、湿潤状態を保つことで皮膚の再生が早まり、傷の治りが早まります。
3日目に絆創膏を貼り替えたときには、水膨れが破れることなく小さくなっており、予想よりも状態の改善が早かったためびっくりしました。モイストヒーリングの効果にちょっとだけ感動です。

モイストヒーリングを行う時には、患部をしっかりと清潔にしましょう。患部が清潔な状態でないと、細菌による化膿が起きてしまう恐れがあるからです。既に化膿がみられる傷にはもちろん使用できません。絆創膏の内側で菌が増殖してしまうので注意が必要です。

かくして火傷は無事、よくなりつつありますが、妻に対して、
「冷めてからポットに移せば火傷しなかったじゃん??」
と、私がここ数日繰り返しツッコミを入れたのは言うまでもありません。

あいう.jpg

2017年9月 5日 | | コメント(0)

口が渇いたり、口腔内がネバネバする、口臭が気になる...そんなことはありませんか?それは口の中が乾いているからではないでしょうか。口腔内の環境を正常化しているのは唾液です。唾液には粘膜保護・自浄・抗菌・消化・組織修復・発がん予防などの作用があり、とても大切な役割を果たしています。
高齢になり、おしゃべりの機会が少なくなったり、お食事が口から摂れなくなると、ますます口腔乾燥は進んでしまいます。また、唾液分泌の低下の原因は、不安・緊張・シェーグレン症候群・唾液腺障害・脱水・肝硬変・糖尿病などや、お薬の副作用なども挙げられます。

さて、唾液分泌が低下するとどうなるのか。嚥下障害・咀嚼障害・発音障害・味覚障害などが起こることもあるそうです。唾液って大切なんですね。

「唾液腺マッサージ」というのをご存じですか?お口の中には、唾液腺というポイントが3か所存在します。そこを刺激すると唾液の分泌が促されるそうです。
①耳下腺(じかせん)
 耳たぶのやや前方、上の奥歯あたりのほほに人差し指をあて、指全体でやさしく押します。
②顎下腺(がっかせん)
 あごの骨の内側のやわらかい部分です。指をあて、耳の下からあごの先までやさしく押します。
③舌下腺(ぜっかせん)
 あごの先のとがった部分の内側、舌の付け根にあります。下あごから下を押し上げるように、両手の親指でグーッと押します。

 唾液腺マッサージを行い、口腔内が潤おうと、次の効果が期待できます。
  ①口腔内の自浄作用が働き、粘つきや口臭がなくなる。
  ②痛みが緩和される。
  ③口が開きやすくなる。
  ④食べること、飲みこむことや、会話がしやすくなる。

 我が家にも、90歳近くになる祖母がいます。コミュニケーションをとりながら、唾液腺マッサージをしてみようと思います。少しでも食欲が湧くといいなぁ。口が渇いたり、口臭や味覚障害などが気になる方は、唾液腺マッサージをしてみてはどうでしょうか!

240_F_89099129_PzYxScI4Abc8xwEBgwVxt0BmcwZoQlgg.jpg

2017年8月29日 | | コメント(0)

目がかすむ、ショボショボする、近くが見えづらくなった...
気が付かないうちに、そんな目のトラブルを抱えてしまう人が増えているようです。特にスマホやパソコン、テレビが習慣になっている人は今すぐ何らかの手を打った方が良さそうです。

私達は外界からの情報の80%を視覚から得ています。つまり目は五感の中でも最も重要な感覚器官なのです。
しかし現代社会では、スマホやパソコン、テレビ、ゲームなどさまざまなツールがあふれ、目は一日中ハードワークをし続けているような環境。この影響により、ピント調整がうまくできなくなるスマホ老眼や視力低下、目の疲れ、ドライアイなど何らかの目のトラブルを感じる人が急増しているのです。

目の疲れや乾きなど比較的軽い症状でも、そのまま放置していると深刻な病気につながる恐れがあります。視界のぼやけやかすみがある場合は、専門医を受診した方が良さそうです。

目の使い方や食生活を見直したり、トレーニングやストレッチを取り入れたりするのも一つの方法。毎日の栄養バランスを整え、照明や湿度などの室内環境を見直したり、温タオルのスチーム効果でじんわりリラックスしてみたり、ブルーライトカットのフィルムやメガネを使用するなど、疲れを溜めない工夫で目の負担を軽くする生活習慣の見直しをしてみませんか?

240_F_122469864_mEYcCt4h3l7D7uiIdW8QMpir7ZKWQ1Q2.jpg

2017年8月22日 | | コメント(0)

夏になり釣りの楽しい季節がやって来ました。最近はアジやカツオなどをビーチからルアーを投げて釣っています。
釣りをしていて必ず面倒と思うのが、釣った魚の下処理です。出来れば下処理なしに丸ごと食べられる魚は無いものかと思い調べてみたところ、発見しました。秋刀魚とトビウオです。
秋刀魚は秋になるとよく内臓ごと食べるので馴染みはあると思います。ではなぜ内臓ごと食べられるのか。この2つの魚には共通点がありまして、なんと胃が無いのです!!
秋刀魚やトビウオは捕食すると食道から一気に腸へ流れ込みそこで栄養を吸収します。
胃が無い分、捕食してから排泄されるまでが10分程度で、魚の体内にエサや糞が滞留しづらく、丸ごと食べても大丈夫という訳です。
また、胃が無いので胃酸が出ません。胃痛や胃もたれもなくご飯食べ放題とは羨ましい限りです。
ただ欠点としては胃に食事を溜めることが出来ないので、常に食事を探し食べ続ける必要があるようです。
人間には胃があって良かったですね。ちなみに秋刀魚もトビウオも一様さびきという釣り方で釣ることはできるようです。
週末に挑戦してみます。

240_F_166970851_pZaMYXXUA7Nfo3bUd9o26nWfeq9lZ9DE (1).jpg

2017年8月15日 | | コメント(0)

一年くらい前から、英語の勉強をはじめました。
きっかけは、視野を広げたいと思ったことと、疲れている毎日より、何か楽しい事があった方がいいなと思ったからです。
今もまだ、勉強中で、まだまだうまく話したりはできませんが、夜、子供が寝てから、一人で勉強するのが、私の今の生活の密かな楽しみです。
外国人のお友達と少しずつお話ができるようになったり、チャットをしたり、時にはボイスメッセージで発音を教えてもらったり、時差を楽しんだり、映画の話をしたり、違う国の文化に触れたり、いつか会って話したいと思うだけで、とてもワクワクします。
「好きなことをする苦労」と、「嫌なことをする苦労」では、全く違います。
時間はあっという間に過ぎてしまい、私も気が付けば中年のおばさんです。でも、一度しかない人生を、つまらない毎日や、疲れて過ごしてしまうほどもったいないことはないと思います。
楽しくて、面白くて、ワクワクした毎日を過ごすことが、心と体の健康に繋がるのかなと最近では思っています。
自分が心身ともに健康であってこそ、仕事ができるのだから、些細な事にも気を付けつつ、楽しみを取り入れた毎日を過ごしたいと思います。

240_F_120089286_klhi1gUIUBt9BKqFYf6Q7BhqL3Mgt4OU.jpg

page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ