2017年12月12日 | | コメント(0)

先日、実家の父にパネルヒーターを買いました。
最近、寒さが増し、トイレとお風呂場の寒さが気になっていたので、暖かい空間が出来たことが嬉しいです。 
今月、古稀を迎える父ですが、糖尿病、高血圧などの生活習慣病があり、生活習慣の改善を余儀なくされています。食事などに気を付けている毎日ですが、冬の寒さにも、注意が必要です。
暖房の効いた部屋から寒い戸外や、お風呂場の脱衣所などに移動すると、血圧が急に上がり、人によっては、脳卒中や心筋梗塞を起こす可能性もあります。
しかし、寒いからといって熱いお風呂にどっぷりとつかれば、今度は温まったことで血圧が急降下し、脳貧血の恐れも生じます。こうした血圧の急変動を起こさないように、冬には気温の変化にも用心が必要です。
居間でエアコンなどを付けていれば、薄着でも快適に過ごせる現代ですが、お風呂場の脱衣所や洗面所、トイレ、廊下などはひんやりと寒いです。私の住む地域では、暖かい居間との温度差が10℃以上になることも珍しくありません。
そうした寒い場所に油断して薄着のまま移動すると、血管は熱を逃さないように急に収縮します。狭い血管の中を血液が勢いよく流れることで、血圧はぐっと高くなってしまいます。日頃から高血圧で、血管への負担が大きくなっている場合は、すでに血管が痛んでいることも少なくありません。脳の血管などは壁面の筋肉層が薄くて弱いので、こうした急激な血圧上昇に耐えるのが難しいです。
健康を保つため、普段から減塩や運動、ストレスを溜めないことなどはよく言われていますが、実際、自分自身のこととなると、後に回してしまいがちです。
できることから少しずつ、家族で協力して、健康を支えあえたらいいと思います。
これから、いよいよ、冬本番です。
朝、淹れたてのコーヒーのいい匂いで動き出し、寒くても、気持ちはほかほかで過ごしたいです。

240_F_106274152_TqYXuRevZswV3EuXYdAElqZRtFXvOFSh.jpg

2017年12月 5日 | | コメント(0)

以前、子供のいる友人との雑談の中で「子供からサンタクロースは本当にいるのか?と聞かれたらなんと答えようか」と話題に上がりました。
雑談だったので話は回り道を繰り返しました。「サンタクロースの起源が聖(セント)ニコラオスで・・・・」とか「プレゼント交換は東方の聖者がキリストの誕生を祝い、プレゼントを持ってきたことが起源のようで・・・・」とか、またそれから派生して、「オー・ヘンリーの『賢者の贈り物』はある貧しい夫婦が相手にプレゼントを送るためにお金を工面する話で・・・」とか「サンタクロースが赤と白の服を着ているのは清涼飲料水メーカーが宣伝をしたことが始まりでイメージが定着した」とか「そういえば私も小さなころサンタクロースを捕まえようとした・・・・・・」とか。
この手の話は答えが出ないまま出ないことが多いですが、雑談に参加していた先輩が一つの答えを出してくれたのが記憶に残ったので紹介をしたいと思います。

先輩「サンタクロースは結論から言えば、いる。恋人が恋人に、親が子供にプレゼントを選んでいる時、『子供(恋人)が喜んでくれるプレゼントはなにかな?』『このプレゼントを喜んでくれるかな?』と相手の幸せを考える暖かい気持ちのことを"サンタクロース"と呼ぶんじゃないかな。子どもたちにそのことを説明しても抽象的で分かりずらいから、"トナカイの引いたソリに乗って世界中の子供達にプレゼントを配る優しいおじいさん"という具体的な人物像を作り上げたんだと思うよ。子供が大きくなって、サンタクロースが実はいないといっても、具体的な人物はいないかもしれないけど、自分の大切な人の幸せを思う気持ちがあることを伝えたら良いと思うよ。」

クリスマスの行事は(特にクリスチャンでない自分にとっては)形だけになりがちでしたが、自分の大切な人を思う気持ちを大事にしたいと思いました。

12月~1月はクリスマスをはじめ、忘年会、年賀状、大晦日、お正月と忙しいですが体を壊さないようにしてください。

240_F_179989093_5WtDZBkwEY66XEEHVfoYetyor8I33sLz.jpg

2017年11月28日 | | コメント(0)

6月に上野動物園で生まれたパンダのシャンシャン、一般公開が12月19日に決まりました。抽選方式による観覧になったそうで、一日2千人限定との報道も目にしました。大人気ですよね!
このジャイアントパンダ、絶滅危惧種のため、ワシントン条約によって商業目的の輸出入が規制されていて、研究目的として中国から10年契約で借りています。そのため、シャンシャンは3~4年後には中国に帰ってしまうことになっています。さみしい感じはしますが、それまでの間、日本で元気に成長して欲しいですね。
「パンダ」といえば、ふつう白黒のムクムクした、ジャイアントパンダのことですが、
昔はレッサーパンダが「パンダ」と呼ばれていたそうです。ジャイアントパンダが発見されて有名になってからは、「パンダ」といえばジャイアントパンダを指すようになったんだそうです。レッサーパンダは「パンダ」の座から追われてしまったんですね。
競争倍率の高いシャンシャンを見に行くのは大変なこと。山梨県にお住まいの方なら、近くの甲府市遊亀公園動物園にいる、元祖「パンダ」の「クウちゃん」を見に行ってみてはいかがでしょうか。


240_F_90550248_rm3SHCkN4SS16iZJ2bwq9pDdBCfvMT34.jpg

2017年11月21日 | | コメント(0)

最近、炊飯器が壊れたので、美味しいご飯が炊けるという評判の無水鍋を買いました。保温はできませんが、ご飯は炊飯器で保温するより冷凍したほうが美味しく保存できるというので、できなくてもいいかなという感じでした。
早速ご飯を炊いてみるとふっくらモチモチと炊けます。一粒ずつ立っていて甘みもあり、いつもと同じお米ですが、今までの炊飯器で炊いていたご飯と全然味が違います。家族も「おかずがなくても米だけで食べられる」と今までよりご飯をたくさん食べるようになったので、炊いたご飯が残らなくなり、保存の心配は無用でした。ただその都度ご飯を炊かなければいけないのがちょっと手間ですが、やはり炊きたてのご飯はおいしいですね。
さて、この鍋ですが、ご飯を炊くだけでなく、当たり前ですが、普通に鍋としても使えるのです。しかも、これも当たり前ですが、無水鍋だから無水調理ができます。
無水調理とは、鍋の中の水分が本体と蓋の間に水の膜を作り密閉できるので、湯気が逃げにくく、食材から出る水分や脂だけで調理することができます。水に溶けだしてしまうビタミン、ミネラルや旨み成分の損失が少なく、栄養を逃がさない調理法で、油を使わずに調理できるので、ヘルシーです。食材の旨みを最大限に活かせるので、野菜は甘みが引き立って、味付けなしでも楽しめるそうです。
でも本当に水を入れなくても煮たりできるのでしょうか?焦げ付きそうで心配ですよね。私もそうでした。
まずは恐る恐るカレーを作ってみましたが、本当に水なしでできました。野菜がいつもよりホクホクして甘く、お肉もジューシーで、とても美味しかったです。
最近、鶏肉ときのこのローストも作ってみました。鶏肉を塩コショウで味付けして、きのこと一緒に鍋に入れて火にかけるだけの簡単料理ですが、鶏肉がしっとり柔らかく仕上がります。鍋に残ったたっぷりの肉汁で作ったスープも、鶏肉の旨みときのこの風味が凝縮され、絶品です。
働いているとなかなか料理にかける時間が取れませんが、少しずつレパートリーを増やしていきたいと思います。

securedownload.jpg

2017年11月14日 | | コメント(0)

酵素っていう言葉を耳にしたことがあるかと思います。
最近私がこれに、はまっているので、是非みなさんにも今回酵素を紹介したいと思います。
酵素は、ミネラル・ビタミンよりも生命を維持する上でもっと大事な役割を果たしてくれます。消化酵素という言葉を聞くことがあると思いますが、酵素は食べ物を消化吸収するだけではなくて、筋肉を動かしたりと生命活動に関与する大事なものです。もし、酵素の働きがなければ人間も動物も生きる事ができないのです。
サプリメントが普及して、ビタミン・ミネラルなどを補っている方が多い最近。いくらそれらを摂っても、酵素がないとこれらは効果を発揮できません。そこで、酵素を積極的に摂っていく事がとっても大切になります。しかし、酵素は熱に弱いのです。50℃越すと酵素が失活してきてしまうため、なるべく加熱するのではなく、生・生・生!!で酵素を摂る事が大切です。
酵素が多い食べ物と言えば、まず、大豆、みそなどの発酵食品。生の果物にも素敵な酵素が沢山入っています。新鮮な食べ物には全て酵素が入っているのです。加熱せず、その素材の素の良さを味わうことが大切なのです。
風邪を引いた時、脂っこいものも食べたくないですよね?その時にも酵素を摂れば、自然治癒力を高める代謝酵素を働かせ、消化しやすい酵素がたっぷり入った食事をすれば風邪も早く治るように向かっていくのです。
私も最近、キウイ、イチジク、みかん、リンゴや生の野菜、そして生の酵素が入った液体サプリメントを毎朝積極的に摂っています。そのせいか、通じも良く快適な生活を送れているような気もします。
皆さんも、人間に大事な酵素を積極的に取り入れて、元気な体を作っていきませんか。

240_F_115818937_8Q1mttybLShVYJ9Qur3yDQi73SFgEDTC.jpg

2017年11月 7日 | | コメント(0)

気温が低く寒い日が増えて来ました。この時期に毎年悩まされるのは、体重の増加・・。気温が低い方が体温を保つために基礎代謝が上がるはずなのに、私の場合、暖かい部屋から動かなくなり、どんどん太っていきます(T_T)
そこで、今年こそ体重をキープするために挑戦しているのが、インナーマッスルを鍛える!ことです。基礎代謝を上げるには筋肉を作る必要があります。基礎代謝が上がると、座っていてもテレビを見ているだけでもカロリーが消費され、痩せやすくなるようです(^O^)♬インナーマッスルは、鍛えることで、姿勢、バランス感覚が良くなったり持久力がついたりもする魅力的な筋肉です!!
インナーマッスルは、有酸素運動で鍛える事が出来ます。腹筋や腕立てでは鍛えられないのです。
私が試しているのは、3つです。
◎呼吸法→少し前に流行った、ロングブレスダイエットみたいな感じです。お腹に力を入れて息を全て吐き切ります。それだけで引き締まる感覚があります。
◎プランク→キツイです。初めは30秒も続けられませんでしたが、今は1分くらい出来るようになりました。
◎バランスボール→テレビを見る時のイスをボールに変えてみました。
今年の冬は、インナーマッスル強化を目標に、楽しみながら継続しようと思います☆

240_F_171133795_nNkhtG4OGb49BU8XlIfyTUJK0FWa0ade.jpg

2017年10月31日 | | コメント(0)

娘は中学3年生。部活動も引退し、学園祭も終了・・・いよいよ高校受験について真剣に考える時期になりました。
先日行われた、高校入試説明会では、
「とにかく学力を上げること、主要5教科以外の科目もしっかり取り組み、通知表の成績をよくすることが大切です!!!」
と指摘されました。
我が家の娘はといいますと、「今の実力で行ける高校に行く」そうで、目標に向かって頑張るつもりはないようです。親の私も、
そうなの・・・それなら、それで良いか・・・と思ってしまい、とりあえず、滑り止めは受けようね・・・といった状況です。
自分の高校受験なんて、数十年?前の事で、よく覚えていませんが、私もそんな感じだったのかな。必死で勉強した記憶はありません。でも何とか無事に合格しました。学業成績は決して良いとは言えず、赤点をとって父親が担任教師に呼び出された事もありました。でも、高校生活は楽しいものでした。
こんな私の娘だから、仕方ないなと思いつつ、のんびりし過ぎると、困った結果になってしまうよ、大丈夫かな?と一抹の不安を覚える今日この頃です。
受験なんて楽しいものではありませんが、この山(まだまだ小さい山だけれど)を越えて、春からは楽しい高校生活を送ってもらいたいものです。

240_F_128939631_cu2igcPibVXj8xN0rWOZzqSnGCwrZAe1.jpg

2017年10月24日 | | コメント(0)

今年の4月から息子が小学生になりました。
うちの子供達は食が細くご飯を食べるのにも時間がかかるので、給食を残さずに時間内に食べきれるかが心配でした。
入学前には時間内にご飯を食べる練習、苦手な牛乳も毎日少しずつ飲む練習をしました。
実際に給食が始まってみると、予想に反して完食出来た時にもらえる完食シールを毎日もらっているとのこと。
息子に給食について聞いてみると「学校のごはんはプチプチしていて美味しいよ」と言われました。
そこで、給食の献立を見てみると、きび入りご飯、麦ご飯、そしてわかめご飯や鮭ご飯にも麦が入っていました。
苦手だと思っていた、麦やきびが入ったご飯を子供たちが美味しく食べられることが分かり、我が家も白米から雑穀米に変えるこにしました。
代表的な雑穀には大麦、きび、あわ、ひえ、はと麦、黒米、赤米などがあります。
雑穀にはミネラル、食物繊維など体に必要な栄養がバランス良く含まれています。
ミネラルでは、骨を作るカルシウム、貧血予防に役立つ鉄分、高血圧やむくみ、夏ばて予防に効果的なカリウム、代謝を促進して免疫力をアップする亜鉛などが多く含まれています。
食物繊維も豊富で、便秘解消など腸内環境を整えることが期待できます。
また、雑穀に含まれているタンパク質には、善玉コレステロールを増やしたり、脂質の代謝を高める効果も期待できます。
毎日食べていると少し飽きてくる雑穀ですが、雑穀の種類を変えるなど工夫して、家族の健康のためにも継続していきたいと思います。

240_F_124523647_wHxVIWXwOPpVLUjg04HPUD3AgbPgDCq0.jpg

2017年10月17日 | | コメント(0)

先日実家に行った時、父が補聴器をつけているのをみて色々聞いてみました。少し前から聴こえが
悪くなっているらしく、不便を感じていたようで購入したようでした。
補聴器のタイプは大きく分けて、耳かけ型と耳穴型になります。最近の主流は耳穴型になりつつあるようです。見栄えの問題のようですが。
父が使用しているのは耳に入れるタイプのもので、両方の耳に入れています。そもそも補聴器というのは
音や信号を入力するマイクの部分と、音の処理をする部分、そして音を出すスピーカーの部分で構成されています。音の処理というのは、音の周波数毎にその人の聴こえ具合に合わせ補正するのです。
そして使用する人の聴力や、環境に応じて調整やメンテナンスが定期的に必要になるため、金額も高額に
なるようです。定価は10万~100万円までとかなり幅があるとのことでした。
言語によっても違うようですが、日常会話の周波数は200~1万ヘルツ前後だそうで、周波数帯を5から7くらいに分け、その人の聴力に応じ聴き取りづらい音を増幅するそうです。その精度により高額になるようだと言っていました。
また補聴器の特徴で、ピーピー音、ハウリングのような不快な音を取り除く機能や、特定の方向からの音を聴きやすくする指向性と呼ばれる機能、雑音を抑えて聴き取りやすくする機能もあるようなのです。
しかし、家族で外食に行った時、父が言うには「周りの客が話す声や、色んな音も同じように聴こえるので
わかりづらい。」と言うのです。メーカーによると、雑音というのは脳が判断することだから普通の会話と雑音を区別することは難しく、慣れるしかないのだそうです。1日の中で、出来るだけ長く使えば使うほど
早く脳が慣れるのだそうです。
耳鳴りを雑音と認識するように慣れるしかないというのもそのせいなのでしょうか。
父はまだ慣れないようなのですが、人によってその時間は異なるといいます。ただ、補聴器の耐用年数もあり慣れた頃には買い替えなんてなることも。補聴器は電子機器なので寿命があるのです。父のものもそれなりの値段のようで、簡単に買い換えはできないとのことでした。
最近の父は電話には出てくれなくて、―電話の声が聴き取りづらいので―少し残念なのですが、電話のオレオレ詐欺には引っかからないかも。

8.jpg

2017年10月10日 | | コメント(0)

前回のブログ担当者が「長野の酸性の温泉」について書いていたので、私は第2弾として先月の連休を利用して行った前鬼怒川の「かご岩温泉」について書くことにしました。
大学時代の友人4人と毎年夏から秋にかけて連休を利用して年1回旅行をしておりますが、今年は「かご岩温泉」に行ってきました。当初の計画では、1日目は鬼怒川ライン下りを体験して2日目に日光東照宮巡り・中禅寺湖・華厳の滝観光を計画しておりましたが、あいにくその連休は台風15号が日本縦断するとニュースで騒がれていた日でした。前日まで旅行を中止するか迷ったのですが、友人の家族の勧めで決行することになりました。ライン下りはキャンセルし大雨の中、40年ぶりの平成の大修理完成で一般公開した世界遺産の日光東照宮「陽明門」・三猿・眠り猫などを観て、冷えた身体を温めるために少し早めに「かご岩温泉」に向かいました。宿泊した旅館は鬼怒川河岬にある源泉湯本の一軒宿です。到着して直ぐにロビーで「地下100mから汲み出した美味しい天然水を使ったお抹茶」が振舞われて到着を歓迎されました。直ぐに温泉に入りましたが、長野の温泉は酸性と記されておりましたが、こちらの温泉はPH9を超えるアルカリ性温泉でした。
酸性の温泉は、殺菌力が強く皮膚病などにも効果があるようですが、アルカリ性の温泉は、肌の表面にある皮脂を溶かし角質を柔らかくし美肌作りに効果があるようです。肌触りをちょうど石鹸でぬるぬるした感じと例えられるようです。アルカリ性温泉の弱点は皮脂がとられすぎて肌がカサカサする事です。その対策としてはシャワーで温泉成分を洗い流すと良いようです。宿には露天風呂もあり、眼下には鬼怒川、遠くには日光連山が眺められて、のんびりとお風呂に入りながら友人たちと仕事の話、家族の話、将来(老後?)の話...など心開いて話すことで身も心も癒されとても素敵な温泉旅行でした。
皆様にも、疲れた時には日常の生活から少しだけ離れて「温泉」でゆっくりすることをお勧めいたします。

240_F_174363669_wXmA3gTOkIZB904ZMvheUw9LouXb4rZr.jpg

page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ