2020年4月28日 | | コメント(0)

私たちの身近に存在する猫。その存在には不思議なところがあります。
まず、癒しの肉球。ピンク色の肉球ってかわいいですよね。猫を飼う身としては憧れるところもあります。でもピンク色の肉球って意外と少ないんです。毛色が白か白に近い淡い色だとピンク色の肉球になります。少しでも暗めの毛色だとあずき色になってしまうんです。不思議なのは三毛猫のように毛色が何色かある猫です。その肉球はピンク色、あずき色、黒色と毛色の数と同じ色数になります。我が家の猫もピンク色の肉球の中央に黒色の斑点があります。不思議ですよね。
次に猫の気分が見て取れる尻尾。尻尾に縞模様が現れる確率って、遺伝的にもかなり高いらしいです。模様がない全身グレーの種類の猫のはずなのに、尻尾だけグレーの濃淡で縞模様があってなんとも不思議です。
猫には癒しの力があると言われています。撫でているだけで血圧が下がることも分かっています。コロナウイルスでネガティブなニュースばかりの今は自宅でまったりと猫を撫でてリラックスしていただけたらと思います。
af425afbe3cd465818d73140a664b44e_s.jpg

2020年4月25日 |

ウエノ薬局ほっと通信 Vol.119を発刊しました。各薬局でも配布いたします。

5月号は「紫外線対策」の話題です。是非ご覧ください。

ueno-hot119.PNG

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

merumaga.gif

ウエノ薬局ほっと通信の更新情報をメールにて配信しています。配信ご希望の方は「ほっと通信配信希望」と明記の上hot@ueno.vcまでメールをお送りください。

※ご記入いただきました個人情報(メールアドレス)につきまして、株式会社ウエノより情報提供させていただく場合にのみに利用させていただき、他の目的には使用いたしません。
merumaga.gif ※携帯メールなどで指定受信を設定されている場合は、以下のドメインを受信できるようにご指定ください。「ueno.vc

2020年4月21日 | | コメント(0)

私が山梨に来て、はや20数年になります。初めて山梨の風景をみたのは、あるテレビドラマの中でみたヒマワリ畑の映像でした。その頃の私の山梨に関する認識は"富士山のある県""ワインのおいしい県"
という程度でした。確か明野のヒマワリ畑だったと思うのですが、日本にこんな景色が見れる所があるんだと、行ってみたい気持ちがおきました。その後小淵沢・清里などを観光で訪れましたが、研修のため山梨で生活をすることとなりました。それからは休みの日がくる度に、ヒマワリ畑はもちろんのこと景色をさがして車を走らせました。
この20年間、小淵沢あたりから望む八ヶ岳、山頂に雪の残る山々のふもとで4月末に咲く桜、中央道を下りてきて須玉IC手前あたりから見える富士山、右手には北岳など日本最高峰クラスの並ぶ南アルプスの山々、お札にも描かれているなど有名な富士五湖、山の上の温泉からみる甲府盆地、馬や牛などがのんびりと草を食む牧場の風景、おいしいお酒を造るために欠かせない水がわく湧水群など私の目を癒やしてくれる
風景が多くありました。
春は特に出かけ甲斐があり、小瀬・武川などにある桜並木や一宮あたりの桃畑のピンクのじゅうたんを見るのが楽しみでした。
北杜にある老齢のソメイヨシノの樹、南部にあるお寺に咲く垂れ桜、通りに並ぶハナミズキの木々、富士の麓にさく芝桜の公園など観光客のような旅が多かったですが。
しかし今年はそういう訳にもいかず、道端で一生懸命に咲いているタンポポを眺めながら、自分の足で歩いています。

あ.jpg

2020年4月14日 | | コメント(0)

4月には、各地でマラソン大会が開催されます。この時期のマラソンはピンクの花が咲き渡り、まるでピンクの絨毯が一面に広がっているように見えます。
私は、桃の花が咲き渡るこの時期のマラソン大会がお気に入りです。
さらに、マラソン大会では、近所の方々の応援が非常に力となります。
『頑張れ』と応援されると、怠け者の私も歩いてはいられません。
力を振り絞り、いつも以上に頑張れてしまいます。
おかげで大会では、自己記録を更新できることもあります。
マラソン大会を目標に少しずつ練習を重ねていたのですが、今回は、コロナウイルスの感染拡大により中止となってしまいました。
様々なイベントが中止となっていますが、早く終息することを願っています。
marathon2.jpeg

2020年4月 7日 | | コメント(0)

皆様は「ザワークラウト」をご存知ですか?
ザワークラウトとは、ドイツにおけるキャベツの漬物のことで、よくソーセージや肉料理と一緒に食べられています。その名の通り「酸っぱいキャベツ」で、付け合わせにすると脂っこい料理でもさっぱりと食べることができます。日本では「酢キャベツ」と呼ばれることもありますが、その独特の酸味は酢ではなく、発酵から生成される乳酸からきています。乳酸菌や食物繊維、ビタミンCを多く含むため、腸内環境の改善など健康面の効果も期待されているそうです。

以前食べたザワークラウトのことをふと思い出し、調べてみたら簡単に作れるようだったので、今回初めてザワークラウト作りに挑戦してみることにしました。今が旬の春キャベツは、柔らかく水分が多いため、ザワークラウト作りに向いているそうです。キャベツの千切りを塩でもみ、香辛料を加えて、数日間常温で発酵させれば完成です。まだ漬け始めて3日目で、漬かりが浅いので、美味しく食べられる日を楽しみにもう少し待ちたいと思います。

コロナウイルスの影響で普段の生活ができず辛い日々が続いていますが、小さなことでも何か楽しみを見つけて過ごしたいものですね。
wp_sauerkraut_01.jpg

page 1

Categories
Instagram @ueno.pharmasy
Instagram

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ