2019年12月27日 | | コメント(0)

空気の乾燥が続き、薬局にも咳き込んでいる方がいらっしゃるようになりました。私自身も毎日乾燥、咳との戦いです。普段から加湿器を上手く利用していますが、購入した際に色々な加湿器があって分からないことを調べたので、そのご紹介をします。複数のタイプがあり、メリット・デメリットの両方がありますのでご参考になればと思います。
【加熱式】
加湿器内にヒーターが内蔵されており、加熱して水を沸騰させることで水蒸気を発生させるタイプです。他の種類に比べ、加湿力が高いです。また、水を沸騰させるので、加湿器内に細菌が繁殖しにくく、清潔を保ちやすいタイプです。しかし加熱を必要とするので、別タイプの加湿器に比べ電気代が高いのがデメリットです。また、熱を使うため蒸気の吹き出し口が熱くなったり、たまったお湯でやけどしたりする可能性もありますので、小さなお子様やペットがいるお宅では注意が必要です。加湿力が高いのでカーテンのそばで使用すると過加湿により窓の結露、カーテンのカビが発生することがあります。
【超音波式】
水に超音波の振動を当てることで霧状にし噴出するタイプです。使用する水によっては花粉やウイルスを除去できる抗菌水を出すこともできます。スチーム式加湿器に比べると加湿力は弱いですが、運転を始めてすぐに加湿することができます。熱を必要としないので、電気代を抑えられます。水を温めることなく使用するので、水がこぼれた場合でも熱くない為、小さなお子様やペットのいるお宅でも安心して使用できます。構造が簡単で、販売価格が安いものが多いですし、デザインも凝ったものが多く、インテリアとして映えます。しかし熱やフィルターを使わない為、細菌が繁殖しやすいので、こまめに掃除する必要があります。また、水に含まれるカルシウムが加湿器周囲の家具に付着することがあります。
【気化式】
水を含んだ粗目のフィルターや不織布にファンで空気を通して蒸発させて加湿するタイプです。熱を必要としないので、電気代を抑えられます。水を温めることなく使用するので、水がこぼれた場合でも熱くない為、小さなお子様やペットのいるお宅でも安心して使用できます。しかし水の蒸発は非常にゆっくりなので、部屋全体を加湿するのには向いておらず、加湿し始めるまでに時間がかかります。定期的なフィルターの清掃や交換が必要ですが、フィルターに抗菌効果があったり、タンクの水を除菌する機能が付いたものも多いので安心です。ファンを用いるので、ファンの騒音や、加湿器自体が大きいというデメリットがあります。

色々なタイプの加湿器がありますが、私は象印の加熱式を購入しました。日々清掃をしても、洗いきれない部分もあると考え、加湿力重視です。加湿器はどのようなタイプであれ、メンテナンスは必要です。健康の為に使用していたのに、体調不良の原因になってしまったなんてことのないよう、今お使いの加湿器も十分にきれいにしてあげてください。
petbthm-main.jpg

2019年12月24日 | | コメント(0)

先日薬局の職員同士で話しをしていたとき、医者いらずの果物って?という話になりました。
私はずっとりんごだと思っていたので、「リンゴだよね?」と言ったのですがもう一人が「柿ですよ!」
と言ったので周りの人達に会うたび聞いてみました。
結果はリンゴと答えた人もいたのですが、皆さん概ね柿と答えました。そのほとんどの人がことわざを
言っていました。"柿が赤くなると医者が青くなる"という言葉です。しかし、柿が赤くなる季節はとても
過ごしやすい季節なので病気はしなくなるということなのだろうと思っていました。柿を食べすぎると、その糖分で血糖値も上がりそうだし、タンニンが二日酔いに効くとは聞いたことあるけどそんなに良いのかなとも思いました。
ところが先日テレビで、柿・みかん・いちご・リンゴに含まれるビタミンCの量を比べたという結果を話ししていたのを観たのですが、なんと柿に含まれるビタミンCの量がダントツだったのです。しかもリンゴは一番少なかったのでした。
そこでリンゴの良いところはないか、調べてみたのですが、クエン酸・カリウム・ペクチン・ポリフェノールなどいろいろ体にいい成分もちゃんと含まれていました。ただポリフェノールは皮に含まれるので皮ごと食べないと摂取できません。その事を知っている人はリンゴを食べるとき、横にうすく輪切りにして種だけ除いて食べるんだそうです。
そういう食べ方をすると捨てる部分はほぼないのです。

リンゴに関することわざも見つけました!"1日1個のリンゴで医者いらず"というものでしたが、これは
アメリカの果物研究家の言葉らしいです。しかし、以前ドイツに旅行に行ったときに朝食ででてきたリンゴはおいしくなかったな~と思いつつ、やはり日本では体にいい果物は柿が一般的なのだろうと思う今日このごろでした。
07051618_595c92d5513e0.jpg

2019年12月17日 | | コメント(0)

先日、起きてきた父が「息苦しくて歩けない」と椅子に座ったまま動けなくなりました。
意識はあるものの、呼吸が速く、顔色が悪いのです。肺に持病があるので血液中の酸素の濃度を測ると、今までよりもかなり低くなっていました。いつもと違う状況に、これ以上様子を見ているのは危険と思い119番に電話をしました。今の状態や名前、住所の他に持病の有無について聞かれました。
救急搬送された病院で検査や処置を受け、病院に移動した後に病状の説明があり「かなり危険な状態だった」といわれました。幸い、その後の経過はよく、まだ入院中ですが快方に向かっています。
今回の件で、不安な私たち家族に寄り添ってくれた救急隊員の方や病院の方々に大変感謝しています。
日常の薬局業務では緊急性のある状況に立ち会うことは少ないのですが、患者様が薬について不安や心配に思っている事を、少しでも解消することが出来るような対応をしていきたいと思いました。
sleep_seki_man.png

2019年12月10日 |

ウエノ薬局グループ各店の年末年始休業予定をお知らせ致します。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願いいたします。

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。
winter2020.PNG

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

2015summer.pdf

2019年12月10日 | | コメント(0)

寒い時期はこたつからなかなかぬけ出せず、ついごろ寝をしてしまいがちです。
しかし、こたつのなかで寝ると、大量の汗をかき、脱水状態に陥りやすくなります。
また、人の体は睡眠時、日中の活動期よりも体温が下がるようになっているため、こたつによって体温よりも高い温度で体が温められることによって、睡眠の質が悪くなり、疲れがとれにくくなります。
冬はまだまだ始まったばかりです。
こたつにいる時間を決めて、脱水、疲れないように気を付けましょう。

40m-256-223.jpg

2019年12月 3日 | | コメント(0)

私は以前、このブログで五十肩について書いたことがあります。右肩に違和感があり、痛みがあると。実はその半年後、再び痛みが出てきたのです。しかも前よりももっと激痛で、右腕を動かせないほどひどい症状でした。突然の激痛にこれはおかしいと思い、急遽病院を受診しました。診断結果は石灰沈着腱板炎です。石灰?沈着?先生の言うことに疑問が沢山ありました。お恥ずかしながら、この病気について知らなかったのでどのような病気なのか勉強してみました。

石灰沈着腱板炎とは、夜中に突然生じる激烈な肩関節の疼痛で始まることが多いです。痛みで睡眠が妨げられ関節を動かすことが出来なくなります。発症後1~4週間、強い症状を呈する急性型、中等度の症状が1~6か月続く亜急性型、運動時痛などが6か月以上続く慢性型があります。

私も夕方頃から急に痛みが出始め、夜には痛みと、体制がとれず眠ることができませんでした。

40~50歳代の女性に多くみられ、肩腱板内に沈着したリン酸カルシウム結晶によって急性の炎症が生じる事によって起こる肩の疼痛・運動制限です。五十肩の症状とよく似ており、レントゲン撮影によって石灰沈着の所見を確認することによって診断します。

私のレントゲンにも肩の部分にはっきりと白い影があり、先生が即答で石灰の沈着だねって言っていました。やはり五十肩と似ているということでもしかしたら以前の痛みもこれが原因だったのかもしれません。自分の判断で五十肩だと思い込んでいましたが。

治療法は急性では激痛を早くとるために、腱板に針を刺して沈着した石灰を破り、ミルク状の石灰を吸引する方法がよく行われます。消炎鎮痛剤の内服、副腎皮質ホルモンと局所麻酔剤の注射などが有効です。

私の場合は内服薬、注射、リハビリの治療を行いました。幸い1か月程度の治療で完治しましたが、長引いたり、繰り返すことがあれば手術などの方法もあるそうです。

以前にあった痛みが再び繰り返されたので原因が判明しましたが、やはり自分の判断で思い込むのはよくないと改めて感じました。

213903.jpg

page 1

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ