2019年2月27日 | | コメント(0)

私は服を購入するのが苦手です。
ショッピングモール等で、ぷらっと立ち寄って購入することができません。服を購入するということは私にとって非常にお金以外のコストがかかるイベントです。

まずは自分に何が似合っているかがわかりません。雑誌で調べることに対しても最新のファッション用語がわからず、雑誌を読み解くことができません(読み解くにはスマートフォンで用語を調べながらになってしまう)ファッション誌を読んでもモデルの体型と自分の体型が違うので、雑誌で読んで格好が良いと思っても、実際に自分が着たら似合わないのではと思ってしまいます。線が細いモデル以外の起用も検討してほしいものです。結局自分にどんな服が似合うのかが分からないままなので自分の判断で購入をしていたときは、奇抜なデザインの服を購入しがちでした。

服を購入する日は家を出発するときから「今日は長袖のシャツを買うぞ」「手持ちの長袖シャツが傷んでしまったので必要だ!」と動機してから出発です。そして必ず妻を連れていってアドバイスをもらいます。奇抜すぎるデザインを排除して、購入の後押しをしてもらうためです。

ここまでしないと購入することはできません。そして、購入した日は疲労感でいっぱいです。


しかし家電を購入するときは私と妻の立場が逆転します。

私は購入する前に、どのような用途で使うことが一番多いか、付属の機能は必要か不必要か、機能が値段に見合っているか、実際に購入している人の評判をお店に行く前に検討します。

実際に生活家電を使うのは妻が多いので一緒に家電屋にいって購入するものを最終的に決定するのは妻です。決定までのプロセスで私が助言をします。


良い買い物をするには、購入するものの知識が必要だと思います。


でも、最終的に私が助言をする横で妻は「あのCMでやっていて良さそうだから」と決めてしまうことが多いと思います。なんだかガッカリですが、CMの効果は大きいです。

240_F_238707785_FGbSBm8Prq1LyoeiB83C4A78q1ea4feA.jpg

2019年2月25日 |

ウエノ薬局ほっと通信 Vol.105を発刊しました。各薬局でも配布いたします。

3月号は「ゴールデンウィーク」の話題です。是非ご覧ください。

ueno-hot105.PNG

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

merumaga.gif

ウエノ薬局ほっと通信の更新情報をメールにて配信しています。配信ご希望の方は「ほっと通信配信希望」と明記の上hot@ueno.vcまでメールをお送りください。

※ご記入いただきました個人情報(メールアドレス)につきまして、株式会社ウエノより情報提供させていただく場合にのみに利用させていただき、他の目的には使用いたしません。
merumaga.gif ※携帯メールなどで指定受信を設定されている場合は、以下のドメインを受信できるようにご指定ください。「ueno.vc

2019年2月19日 | | コメント(0)

少し前の事になりますが、今年の節分は、恵方巻きを食べましたか?
毎年、売れ残りが大量廃棄されているようですが、今年は1月に農林水産省が小売業者に需要に見合った販売を行ってほしいと通知を出したことにより、多くのメディアが恵方巻き大量廃棄問題を報道しました。
ある大学名誉教授が、恵方巻きの売れ残りの金額を10億2800万円と試算したそうです。この中には廃棄コストや製造工場からの廃棄分が含まれていないので、本当に無駄になる金額はもっと膨らむと思われます。

無駄と言えば、薬の世界でも残薬問題というのがあります。
医療費が年々増加し続ける中、特に無駄遣いと問題視されているのが、医師から処方された薬を飲み残して発生する残薬です。在宅の75歳以上の高齢者だけでも年間約500億円に上ると推計されています。
6年後の2025年の日本は、4人に1人が75歳以上という超高齢化社会になるそうです。このまま何もしなければ、高齢化とともに残薬もさらに増え続け、医療費を圧迫する事は目に見えています。
 ではなぜ残薬が発生するのでしょう。厚生労働省が調査した結果によると、最も多いのが「飲み忘れ」、次いで「自己判断による服薬の中止」、「新たに別の医薬品が追加された」、次に「別の医療機関で同じ医薬品が処方された」、「飲む量や飲む回数を間違えていた」と続きます。
きちんと薬を飲まないと、治療に支障をきたすばかりか、症状の悪化を招き、結果としてさらに薬の種類が増える事にもなりかねません。
薬局では、残薬数を把握し、医師へ処方日数の調整を提案したり、生活習慣に合った用法への提案をしたり、飲み間違えるようなら1回に飲む分の薬をまとめて袋に入れるなど、様々な対策をしています。ウエノ薬局グループには、ご自宅にある残薬を入れてもってきていただく、『節薬バッグ』も用意してあります。
薬についての不安や薬の管理など困ったことがあればいつでも私たちに相談してくださいね。

240_F_248624713_boeeFs7bNEWr5XT2K3d0nmb2g0JSJ86l.jpg

2019年2月12日 | | コメント(0)

インフルエンザもまだまだ油断出来ませんが、そろそろハンノキ、スギといった花粉の時期になりますので、花粉症について心配されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今年はスギ花粉の飛散量が昨年よりも多くなるのではないかと予測されています。
そこで、今回は花粉症のおくすりについて軽く説明します。

皆様の中にも『花粉症のくすりを使用すると眠くなる。』といった場面に遭遇したことがある人は少なくないのではないでしょうか。
今回はこの眠気に焦点を当てて説明します。

まず花粉が体内に侵入したときに異物と判断して排除しようという働きが起こります。その中でヒスタミンという物質が放出されるのですが、このヒスタミンが花粉症による目のかゆみや鼻水といったアレルギー症状を引き起こします。
一方、日中の眠気を抑える、記憶力を高めるなどといった良い働きもする物質です。
花粉症のおくすりはこのヒスタミンの働きを抑えることによって鼻水、目のかゆみを抑えてくれます。
花粉症のおくすりが脳内にも作用し、日中の眠気を抑えるヒスタミンの働きも抑えてしまうため、『眠気』が起こるのです。これが花粉症のおくすりによる眠気のメカニズムです。

そこで最近では脳内に作用しにくい花粉症のおくすりが複数出てきているのです。以前の薬に比べて眠気の頻度がかなり下がるので、眠気にお悩みの方や自分に合ったおくすりをお探しの方はぜひ薬局で相談してください。
薬剤師はくすりのプロなので必ずあなたにぴったりのおくすりを選んでくれます。

240_F_178090434_FA0rEzPjVAMrYFkaS8vsyd5r3izuyMj4.jpg

2019年2月 5日 | | コメント(0)

暦の上では立春が過ぎましたが、まだまだ寒い日が続いています。
2月には何年か前にあの大雪も降りました。
子供の頃は、雪が降ると雪だるまやかまくらを作り楽しんだものですが、大人になってからは通勤時の
道路状態が気になりそうも楽しめなくなりました。
近年は、地球温暖化により気候も変化し、異常気象による災害も昔に比べるとだいぶ増えております。
皆さんも地球にやさしい事を考えながら日々暮らしていきましょう。

240_F_242656593_qwZ6YRB9XTgUJ9FeQnt34CUD57IjeTWK.jpg

2019年2月 1日 |

ウエノ薬局ほっと通信 Vol.104を発刊しました。各薬局でも配布いたします。

2月号は「バレンタインデー」の話題です。是非ご覧ください。

ueno-hot104.PNG

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

merumaga.gif

ウエノ薬局ほっと通信の更新情報をメールにて配信しています。配信ご希望の方は「ほっと通信配信希望」と明記の上hot@ueno.vcまでメールをお送りください。

※ご記入いただきました個人情報(メールアドレス)につきまして、株式会社ウエノより情報提供させていただく場合にのみに利用させていただき、他の目的には使用いたしません。
merumaga.gif ※携帯メールなどで指定受信を設定されている場合は、以下のドメインを受信できるようにご指定ください。「ueno.vc

page 1

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ