2019年1月15日 | | コメント(0)

平成最後の新年を皆様はどのように迎えられましたか?
平成の時代は色々な事がありました。私は楽しかった学生時代を経て社会人となり、新しい命の誕生や親しい人との別れなどいくつもの出会いと別れを経験しました。また、各地での大地震や経験したことのない大雪、家が飛ばされるのではないかと心配になるほどの強風など多くの自然災害もおこりました。昭和生まれの私ですが、実は昭和の時代よりも平成を長く生きている事に気づきました。
また仕事では、今年2月で勤続11年目に突入します。ブランクがあっての職場復帰だったため、色々な面で同僚に助けてもらったり、対応が上手く出来ずにお客さまからお叱りを受けたりすることもありましたが、仕事を通して多くの方と出会い、ご指導していただく機会がありました。このような経験を積み重ね、ありがたいことに今ではお客様から親しくお声をかけてもらったり、ご自身の健康やご家族の薬についての相談を受けるようになりました。
5月には新しい年号のスタートです。平成で経験してきたことを糧にして、これからも精進を重ねお客様に寄り添っていけたらと思います。

240_F_191758899_xeiP462nWGaUKxpNTJYLB0MuREe3xcPl.jpg

2019年1月11日 |

当社では、お客様(患者様)のご意見を素早く業務に反映させるため、全薬局で「お客様満足度アンケート」を実施しております。2018年11月より12月まで2ヶ月間のアンケート結果を公表いたします。
アンケート結果を真摯に受け止め、毎日の業務に反映させ、日々前進の気持ちをもって業務に精励しております。

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。
201812.PNG

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

2019年1月 9日 |

12月10日に全薬局に設置しておりますユニセフ募金箱を回収し、2018年分として合計50,159円の募金をさせていただきました。この場をお借りして、1年間大切な志を頂戴いたしました患者様やお客様に深く御礼申し上げます。
ユニセフのレポートには、近年、子どもたちの就学や、貧困からの脱却など、子どもたちの生活を支える大きな進歩があったことを記している一方で、2030年までに、6,900万人の5歳未満子どもたちが予防可能な原因のために亡くなり、1億6,700万人の子どもたちが貧困下で暮らし、7億5,000万人の子どもたちが児童婚をするとも指摘しており、まだまだ支援の担い手が不足している現状があります。
当社のユニセフ募金活動も今年で12年目を迎えます。たくさんのお客様や患者様に趣旨をご理解いただきご協力いただけるからこそ、こうして続けることができております。
これからも人道支援の輪を広げるためのボランティア活動や、募金活動をより一層盛り上げてまりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。
unicef2018.PNG

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

2019年1月 8日 | | コメント(0)

1月8日は勝負事の日といわれています。
「一(イチ)か八(バチ)か」を「1と8」にかけて、勝負の記念日とされています。
「一」と「八」はそれぞれ「丁」と「半」の上部をとったもので、「丁か半か」と同じ意味です。
丁はサイコロの合わせ目が偶数、半は同じく奇数の場合に使われる言葉です。
人生には悩みはつきもの。悩んでいること、決められないことを決めるのには良い日かもしれませんね。

240_F_241707740_lDvR1maRekAeXTHhj1AtasC96T32CDXn.jpg

2019年1月 4日 | | コメント(0)

こんにちは。
最近寒くなり、皆様風邪を引くことなくお過ごしですか?
今回は私の過去のエピソードを記載したいと思います。

数年前友人と夜街を歩いていた時、ビルの裏で過呼吸に苦しむ女性がいました。
2-3人が「大丈夫ですか?」と声かけをしていたが一向に良くはならず、慌てて私達も助けに入りました。


*過呼吸状態では、本来精神的不安や極度の緊張など何らかの原因により、何回も激しく吸ったり吐いたりすることで血液中の酸素が増え、その分二酸化炭素が減り、呼吸を担当する神経が「呼吸を抑えよう」とするため、息苦しさ・息をしにくい・胸の痛みを感じます。


私達はまず本人を落ち着かせ、続けて呼吸を整えることが大切であると気づき必死に救助に入りました。大勢でバラバラに声かけをされても落ち着きにくいと思ったので、そのような行為は避けました。


*ちなみに、昔までは紙袋を口に当てていったん吐いた息を再度吸わせる方法が治療として良いと言われていましたが、今では窒息の恐れがあるため、、、

 ・患者さんの不安を取り除くこと(気持ちを落ち着かせる)
 ・意識的に呼吸を遅くする又は呼吸を止めるように伝える

ことが過呼吸状態の発作時の治療として大切らしいです。


過呼吸はそれでも治らず、悪化していく一方だったので、最終的に救急車を呼びました。
友人が電話をし、救急隊員に「場所はどこですか?」と聞かれましたが名前も分からないようなビルの裏で目印もなく、困っていた時にふと自分は自動販売機を見つけました。

自動販売機には住所が書かれているため、無事住所を伝えられ、その女性の方は助かりました。

緊急時の際、住所を伝える時が生きている中で一度は訪れる時があるかもしれません。
そんな時、目印がない場合その場で伝えにくくなってしまいます。
このブログを読んでくださった方でまだ自動販売機に住所が書かれていることを知らない人がいるのであれば、ぜひ頭の片隅に入れておいていただくと嬉しいです。


240_F_212905792_qopPyoh1AwPQ5IpyEnBqad4wiUg7e2sL.jpg

page 1

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ