2018年9月25日 |

ウエノ薬局ほっと通信 Vol.100を発刊しました。各薬局でも配布いたします。

10月分月号は「美味しいだけじゃない旬のサンマの魅力‼」の話題です。是非ご覧ください。

ueno-hot100.JPG

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

merumaga.gif

ウエノ薬局ほっと通信の更新情報をメールにて配信しています。配信ご希望の方は「ほっと通信配信希望」と明記の上hot@ueno.vcまでメールをお送りください。

※ご記入いただきました個人情報(メールアドレス)につきまして、株式会社ウエノより情報提供させていただく場合にのみに利用させていただき、他の目的には使用いたしません。
merumaga.gif ※携帯メールなどで指定受信を設定されている場合は、以下のドメインを受信できるようにご指定ください。「ueno.vc

2018年9月25日 | | コメント(0)

我が家には2人子供がいますが、兄弟がいると2人目は風邪にかかりやすいと聞きますが、まさに
その通りで、生まれてすぐに上の子の風邪がうつり、それからは定期的に咳や鼻水を繰り返してきました。上の子は満1歳になり保育園に行くまで予防接種以外は病院にかかることはありませんでしたが、下の子は保育園に行く前から病院通いが常です。中でも苦労したのが水いぼです。どこでもらってきたのか、2,3個見つかってからあれよあれよという間に体中に広がってしまいました。最初のうちに病院にかかった時に保湿をしっかりしていれば特に治療はいりませんと言われ、保湿をこまめにしていましたが一度広がるとあっとゆう間でした。

水いぼは伝染性軟属腫と言って、子供に多くみられる皮膚の感染症です。いぼは直径1~5ミリ程度で、中にウイルスが含まれています。いぼがつぶれてウイルスが肌につくことで、広がったり人にうつったりします。水いぼそのものにかゆみや痛みはありませんが、アトピー性皮膚炎などをおこしていると、いぼの周囲にかゆみを感じてかきこわし、感染を広げてしまいます。治療法は色々な意見があり、ピンセットでとる方法や麻酔のテープを貼る方法があります。ただ痛みを伴うのでDrによっては自然治癒を待つ先生もいるようです。ほおっておいても数カ月から2,3年で治るようです。2.3年...は長いですね。水いぼがあると保育園や幼稚園によってはプールに入れなかったりと色々な制限はあるようなのでさらに悩むところです。ちなみに我が家はあまりにも多くできてしまったので少し様子を見ることにしました。4か月くらいで約90%の水いぼがとれ、自然治癒することができました。ただ残念ながら水遊びが大好きな娘にとってプールに入れなかったのは残念なことでした。感染予防には、肌と肌が触れるのを避けることが第一です。園などで水遊びを禁止することがあるのは、子供同士の肌の接触を防ぐためで、水を介してうつることはありません。ただし浮き輪やビート板などの遊具や、タオル、寝具などに触れないように注意することが必要です。肌のバリア機能が低下すると感染しやすいので保湿を心がけることも大切です。来年はこのことに注意をしながらも水いぼにならないことを祈るばかりです。

240_F_222525506_VatEGvoAEyLDCtjoZ5uNXO0IwhmsqxYC.jpg

2018年9月19日 | | コメント(0)

ここ数か月西日本や北海道などで豪雨災害、地震災害などが頻繁におきています。被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
私自身も阪神淡路大震災で地震を経験し、とてもこわかった記憶があります。電気が復旧するのに約1週間、水道が復旧するのには約1か月、そしてガスは一番遅く3か月かかりました。
食料は母が冷凍庫に保存していたものを解凍して食べることができました。最初トイレの水や手洗いの水は
お風呂の残り湯などですませました。途中からマンションのトイレは使用禁止になり、仮設トイレが外に設置されたので、家族全員で夜寒い中下まで降りていってすませたりしていました。冬場だったので物が腐るということはなかったので良かったのですが、手指の消毒などできるものがあるといいと今は思います。
しばらくして自衛隊の給水車が定期的にまわってくれるようになってからは、水はなんとか困らない程度にはなったと思います。それでもそれまでの期間必要な飲み水などの蓄えはいくらか必要と思います。
約1週間ほどは最寄の駅まで電車が通ってなくて、仕事は休まざるをえませんでしたが鉄道路線は阪急・JR
・阪神線と3社あるので大阪方面にはわりと早く行けるようになったと思います。
その1週間のうちにスーパーが開店しているという話を聞き、家族で出かけた時、近くにあった寿司屋が店の前で温かいおにぎりをと無料でふるまってくれたのが寒い時期だったのでとてもうれしかった記憶があります。そのあとカセットコンロを購入し、温かい食べ物や飲み物などとれるようになりました。
入浴だけはしばらく我慢するしかなかったのですが、水のいらないシャンプーなどの商品もあったりして
活用した時期もあったとおもいます。それでもやはり温かい湯船につかりたくて、時々家族で大阪方面に電車にのって銭湯に行ったこともありました。3か月後やっと業者さんが来てガスの開栓作業に来たときは
ほっとしました。
この先いつ、どこで、大きな災害がおこるかわかりません。その時どう命を守り、つなぐ行動にでればよいか普段より考え、準備することも怠らないようにしなければと思う今日この頃です。

240_F_130300331_P9JmnoGMwQxhZXINNMh3pxxP21ggsvw7.jpg

2018年9月11日 | | コメント(0)

日本には、年齢の節目でお祝いをする風習がありますが、子供の時には七五三(3歳・5歳・7歳)のお祝い事があります。その年齢まで無事元気に育ったお祝いと、これからも元気ですくすく育ってほしいという願いを込めてお祝いをします。20歳になると成人式があります。これからは責任を持って大人の世界で頑張って生きていくのだ!!と言う激励会でしょうか? そこから先はしばらく公のお祝い事はなく家庭内でお誕生日をお祝いする程度でしょうか? そして人生の後半になると、今度は長寿のお祝い事が始まります。最初のお祝いの節目が還暦です。人生50~60年の時代では今でいう後期高齢者になるのかもしれないですが、現代は平均寿命が80歳を優に超えているので、60歳は老人の入り口で大先輩からしたら、まだまだ修行が足りないと怒られてしまう年齢かも知れないです。斯く言う私も今年は還暦です。
そこでこれからやってくる長寿のお祝いについて調べてみました。還暦は60歳で十干十二支が一巡して元の暦に戻ると書いて→還暦! 元に戻ったので赤ちゃんに戻って生まれ変わって出直す意味で、お祝いの色が赤ちゃん→「赤」だそうです。次は満70歳で古希のお祝いがあります。
中国の詩人の詩の一節「人生七十古来稀なり」に由来しているそうです。70歳まで生きることが稀な時代だったからお祝いをしたのでしょうか。77歳で喜寿のお祝い。80歳で傘寿のお祝い。「傘」の字の略字を分解すると八十となることに由来。88歳で米寿のお祝い。米の字を分解すると八十八となることに由来。90歳で 卒寿「卒」の字の略字「卆」が九十と読めることに由来。99歳で白寿。百の字から一を引くと「白」になることに由来。
100歳で百寿。字のごとく百を祝う。108歳で茶寿。「茶」の字を分解すると八十八、十、十となり、すべて合わせると108になることに由来。111歳で皇寿。皇の字を分解すると白(99歳)、一、十、一となり、すべて合わせると111になることに由来。最後に大還暦!!は還暦2回で120歳!!とこんなに沢山の節目のお祝いがあります。生きているだけで丸儲けと言った方がいらっしゃいましたが、毎日元気に楽しく生きることは難しいこともあります。でも出来るだけ日々感謝の心を忘れずに、これからも元気に生きていけたらと思います。
そして今年は友人たちと節目を祝う集まりがいくつもあり再会が楽しみです。

240_F_92051386_N9eDrleNHOhjrgY1VdAFcVVB7sWWqf73.jpg

2018年9月 7日 |

当社では、お客様(患者様)のご意見を素早く業務に反映させるため、全薬局で「お客様満足度アンケート」を実施しております。2018年7月より8月まで2ヶ月間のアンケート結果を公表いたします。
アンケート結果を真摯に受け止め、毎日の業務に反映させ、日々前進の気持ちをもって業務に精励しております。

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。
201808.JPG

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

chofu1.jpgchofu2.jpg
店舗名
ウエノ西調布店
営業時間
8:30~12:00 14:00~18:00(月・火・木・金)
8:30~12:00(土)
定休日
水・日・祝
住所
〒182-0034 東京都調布市下石原2-6-14 ラ・メゾン1F A-1 (地図はこちら)
交通案内
京王線「西調布駅」徒歩4分 西調布駅から284m
お問い合わせ
TEL:042-444-0300 FAX:042-444-0301

薬局機能情報はこちら » ウエノ西調布店

2018年9月 4日 | | コメント(0)

以前から「腰椎すべり症による脊柱管狭窄症」の持病のある母が8月に入った頃、お尻から太ももにかけていつもよりも痛みが強くなったと言い始めました。脊柱管狭窄症を発症した時と同じような場所が痛むことから症状が悪化してしまったのかと心配になりましたが、本人が次の受診日までもう少しだし他の先生は嫌だからと言うので、次のかかりつけの整形の予約受診日まで様子を見ることにしました。
しかし、様子を見ているうちに痛みが強くなり、歩くたびに激痛が走るようになり、ついには歩くのもままならなくなってしまいました。その時には運悪く病院のお盆休みの期間に入ってしまった為、手持ちの貼り薬で痛みを紛らわせ、やっと整形の予約日となり受診しました。MRIを撮ると元々すべり症のあったところが、圧迫骨折をしていました。しかし、しりもちをついたり、転んだり、特別重いものを持ったりした覚えはありませんでした。しばらくは安静にしているように言われ、コルセットを作る予約をし、処方された薬をもらって帰宅しました。
母の様子を見ていると、普通に歩けること、痛みがないことなど当たり前のことのありがたさを実感します。その当たり前を維持するためには、日ごろから適度な運動をして筋力維持につとめたり、バランスのよい食事に注意したり、骨密度の検査を受ける等して骨や身体の状態を理解する必要性を改めて感じました。

240_F_186181760_c9h7VYW8QoqRGmrHnsHvrDqt9N0kK1in (1).jpg

page 1

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ