先日開催しました「ウエノ薬局グループ健康フェスタ2018~あなたの健康をプロデュース~」は予想以上の大盛況のうちに無事イベントを終えることが出来ました。
出演者の方々、協賛メーカーの皆様、早朝よりご協力頂きました関係者の皆様、改めまして深く御礼申し上げます。ご来場いただきましたお客様も誠にありがとうございました。

最新の展示ブースはもちろん、今回力を入れた測定コーナーはどこも大人気でして、1時間以上お待たせしてしまうコーナーもありました。お待ちになったお客様にはご迷惑をお掛けしてしまい大変申し訳ございませんでした。
 
藤本チフミ先生健康体操は、前回よりもさらに面白おかしくなった内容で、参加しお客様から満面の笑みがこぼれていました。また、守屋若菜先生による野菜の魅力と健康講座では、野菜の必要性や健康増進効果を分かりやすい資料を交えてお話いただきまして、こちらも大変好評でした。 

次回の開催に向けて収穫と課題がたくさん見つかりましたので、しっかりと活かして、お客様により喜んでいただけるイベント作りを行っていこうと思います。

IMG_7760.JPGIMG_7762.JPG
IMG_7763.JPGIMG_7766.JPG
IMG_7768.JPGIMG_7771.JPG
IMG_7772.JPGIMG_7774.JPG
IMG_7777.JPGIMG_7780.JPG
IMG_7788.JPGIMG_7795.JPG


2018年2月13日 | | コメント(0)

インフルエンザが猛威を振るっています。
子供の小学校や保育園から人混みや不要、不急の外出は避けるようにとお手紙が来ているので公園やショッピングモールには行けず、友達の間でもインフルエンザが流行っているのでお友達と一緒に遊ぶことも出来ず、毎週末元気な子供達と何して過ごすか悩みます。
DVDを借りてお菓子を買ってDVD鑑賞をしたり、子供部屋の模様替えをしたり、一緒にお菓子を作ったり...。しかし、子供たちは家で過ごすことにだんだん飽きてきて、次は何するの?明日は何するの?と何度も聞いてきます。そこで子供達の「外に出たい!!何かしたい!」のリクエストに答えてイチゴ狩りに行ってきました。
午前中は団体のお客さんが多いとの事だったので午後に予約をしたところ、私たち以外には一組しかお客さんはいませんでした。
今回おじゃましたイチゴ園は1列に何種類ものイチゴが植えられていて、指定された列のいちごを食べ放題というシステムでした。
章姫、紅ほっぺ、とちおとめ、アスカルビー、ホワイトレディー、かおり野等たくさんの種類が植えられていて食べ比べが出来るので、イチゴの味の違いが分かり私も子供たちも大満足でした!
お客さんが少なかったのでイチゴ園の方がイチゴについて色々と教えてくださいました。
イチゴは多年草であるためメロンやスイカ等と同じで果実的野菜に分類されるそうです。またイチゴの外側についているツブツブは種ではなくイチゴの果実で、果実だと思われている赤い部分はツブツブを守るためのクッションで偽果と区分されるそうです。スーパーでも色々な種類のイチゴが売られていますが、登録されているイチゴの種類は300種類近くあり、そのほとんどが日本で開発されたそうです。
イチゴにはビタミンCが多く含まれ、食品の中でビタミンCの含有量はトップクラスに入るほどです。5~6粒程度のいちごを毎日食べるだけで1日のビタミンCの摂取量は十分にクリアできます。
ビタミンCには免疫機能をサポートし、風邪や感染症の予防に効果があります。
まだまだ、インフルエンザなどの感染症が流行る時期が続きます。
うがい手荒い、マスクの着用と共に今が旬のイチゴでビタミンCを摂取してください。

240_F_135993724_qXNxMcGZxvug3m2FnQFxTvhqevaD2fNi.jpg

2018年2月12日 | | コメント(0)

去る2月11日、日曜日「ウエノ薬局グループ健康フェスタ」が開催されました。
このイベントは山梨県民の方に健康増進に役立つ情報を提供し、セルフメディケーションの推進を図ることを目的として企画したものです。
当日は座ってもできる健康体操や野菜の知識とレシピに関する講演会が行われたほか、血管年齢や肌年齢等の測定を行う測定コーナー、各種健康食品を紹介する出展ブース、薬剤師と管理栄養士による相談コーナー、子供たちに薬局の業務を体験してもらうキッズ調剤コーナー、くじ引きや輪投げで遊べる子供縁日コーナーが設置されました。

私はキッズ調剤コーナーを担当させていただきました。普段から調剤業務に使用している分包機を使って、子供たちに分包を体験してもらうコーナーです。本物のお薬は使えませんので、お菓子のラムネやマーブルチョコを薬に見立てて分包体験をしてもらいました。
受付で白衣着替えたら、さあスタートです。

    ①ラムネ 1日4個 (あさ2個 ひる1個 ゆう1個)
1日3回 あさ ひる ゆう に食べてください 3日分
    ②マーブルチョコ 1日2個 (あさ1個 ゆう1個)
         1日2回 あさ ゆう に食べてください 3日分

と記載されているお菓子の処方箋を見ながら分包機を使ってパックしていきます。今回は反復(あさ→ひる→結うので順番で分包される印字包方法)分包で行いました。

まずは自分の名前をパソコンに登録、次にあさ・ひる・ゆうの服用時点を設定、そして処方日数も設定したら入力が完了です。
いよいよラムネとマーブルを間違えないように機械にセットしていきます。どの子も皆、真剣です。そして正しくセットされていることが確認できたら、分包スタート。機械のテーブル部分にセットされた粒が機械の下の方から分包されて出てきます。分包紙には名前と服用時点が印字されています。子供たちは目をキラキラさせながら機械や分包品を見つめていました。そのキラキラした目を見ていたら嬉しくなってしまいました。そして、同じくらい目をキラキラさせて「すごーい!!!」と言ってくれたのが、若いお父さん・お母さんたち。子供たちより興奮気味でしたね。中には自ら白衣を着用して分包体験されたお父さんもいらっしゃいました。
今回の分包体験に来てくれたのは5歳から4年生くらいが中心でした。中には「薬剤師を目指しています」と言ってくれた子もいて、今回の体験が少しでも役に立てば良いなと思いました。
私も幼いお子さん達とふれあい、楽しい時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございました。

2018年2月 6日 | | コメント(0)

もうすぐ韓国の平昌で冬季オリンピックが始まります。個人的には男子フィギュアスケートの宇野選手を応援しています。またフィギュアスケート大国のロシアが、ドーピング問題で国としての参加はないので、フィギュア団体戦もメダルが期待できるのではと思っています。
ドーピングといえば、最近日本でも他人の飲み物に禁止薬物を入れた事例が問題になっていました。結果、禁止物質が検出された本人は競技成績の失効になり、禁止物質を入れた選手は競技成績の失効にくわえ、資格停止8年という罰が課せられました。混入された物質はメタンジエノンという筋肉増強剤でした。
以前聞いた話ですが、かぜ薬を競技会の8日前に飲んだのが、アンチドーピング規則違反になってしまったことがあるそうです。これは市販のかぜ薬のもよく含まれているメチルエフェドリンという成分が検出されたことによるものです。メチルエフェドリンは興奮薬として競技会時に禁止物質になります。また、外国製のサプリメントをネット購入し、摂取して違反になったり、他にも漢方薬、ドリンク剤、塗り薬などにも禁止物質が含まれることがあります。やはり普段から私も、薬剤師として、一競技者として禁止物質について意識しておかなければいけないということだと思いました。
私は馬術競技の競技者の1人ですが、馬術では時々馬のドーピングも問題になります。競技はその馬自身の力をもって競技に参加しなければならないという国際馬術連盟の理念に基づき定められています。その理念は人と全く同じと思います。
しかし馬では、人では禁止物質にはならないジクロフェナク(ボルタレンなど)の非ステロイド性抗炎症剤が禁止されていて、成績が失効された人馬もいます。だから抗炎症剤の塗り薬を使用した手で馬をさわってはいけないと言われました。
結局人も馬もドーピングすることで、スポーツの価値を損ない、健康を害するおそれがあるということからこういう規則が設けられているのですね。
薬を買う時や、病院などに受診する時には"私は○○競技の選手です。"と伝えるようにしましょう。

240_F_187217262_59h9zvl0JPbdySqXVAWLY8jvSYunLjYG.jpg

本日2/6(火)山梨日日新聞の広告欄に、「ウエノ薬局グループ健康フェスタ2018」の告知を掲載しました。
イベント当日までわずかとなりましたが、最後の最後まで準備をしっかりと重ねて、ご来場されるお客様に大満足いただける内容にしていきたいと思います。

newspaper2.6.JPG

2月4日~11日までウエノ薬局グループ健康ファスタ2018のテレビコマーシャルが放映されます。チラシとはまた一味違ったイベントの魅力が伝わる動画に仕上がっていますので、是非でご覧ください!

page 1

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ