2017年10月17日 | | コメント(0)

先日実家に行った時、父が補聴器をつけているのをみて色々聞いてみました。少し前から聴こえが
悪くなっているらしく、不便を感じていたようで購入したようでした。
補聴器のタイプは大きく分けて、耳かけ型と耳穴型になります。最近の主流は耳穴型になりつつあるようです。見栄えの問題のようですが。
父が使用しているのは耳に入れるタイプのもので、両方の耳に入れています。そもそも補聴器というのは
音や信号を入力するマイクの部分と、音の処理をする部分、そして音を出すスピーカーの部分で構成されています。音の処理というのは、音の周波数毎にその人の聴こえ具合に合わせ補正するのです。
そして使用する人の聴力や、環境に応じて調整やメンテナンスが定期的に必要になるため、金額も高額に
なるようです。定価は10万~100万円までとかなり幅があるとのことでした。
言語によっても違うようですが、日常会話の周波数は200~1万ヘルツ前後だそうで、周波数帯を5から7くらいに分け、その人の聴力に応じ聴き取りづらい音を増幅するそうです。その精度により高額になるようだと言っていました。
また補聴器の特徴で、ピーピー音、ハウリングのような不快な音を取り除く機能や、特定の方向からの音を聴きやすくする指向性と呼ばれる機能、雑音を抑えて聴き取りやすくする機能もあるようなのです。
しかし、家族で外食に行った時、父が言うには「周りの客が話す声や、色んな音も同じように聴こえるので
わかりづらい。」と言うのです。メーカーによると、雑音というのは脳が判断することだから普通の会話と雑音を区別することは難しく、慣れるしかないのだそうです。1日の中で、出来るだけ長く使えば使うほど
早く脳が慣れるのだそうです。
耳鳴りを雑音と認識するように慣れるしかないというのもそのせいなのでしょうか。
父はまだ慣れないようなのですが、人によってその時間は異なるといいます。ただ、補聴器の耐用年数もあり慣れた頃には買い替えなんてなることも。補聴器は電子機器なので寿命があるのです。父のものもそれなりの値段のようで、簡単に買い換えはできないとのことでした。
最近の父は電話には出てくれなくて、―電話の声が聴き取りづらいので―少し残念なのですが、電話のオレオレ詐欺には引っかからないかも。

8.jpg

2017年10月10日 | | コメント(0)

前回のブログ担当者が「長野の酸性の温泉」について書いていたので、私は第2弾として先月の連休を利用して行った前鬼怒川の「かご岩温泉」について書くことにしました。
大学時代の友人4人と毎年夏から秋にかけて連休を利用して年1回旅行をしておりますが、今年は「かご岩温泉」に行ってきました。当初の計画では、1日目は鬼怒川ライン下りを体験して2日目に日光東照宮巡り・中禅寺湖・華厳の滝観光を計画しておりましたが、あいにくその連休は台風15号が日本縦断するとニュースで騒がれていた日でした。前日まで旅行を中止するか迷ったのですが、友人の家族の勧めで決行することになりました。ライン下りはキャンセルし大雨の中、40年ぶりの平成の大修理完成で一般公開した世界遺産の日光東照宮「陽明門」・三猿・眠り猫などを観て、冷えた身体を温めるために少し早めに「かご岩温泉」に向かいました。宿泊した旅館は鬼怒川河岬にある源泉湯本の一軒宿です。到着して直ぐにロビーで「地下100mから汲み出した美味しい天然水を使ったお抹茶」が振舞われて到着を歓迎されました。直ぐに温泉に入りましたが、長野の温泉は酸性と記されておりましたが、こちらの温泉はPH9を超えるアルカリ性温泉でした。
酸性の温泉は、殺菌力が強く皮膚病などにも効果があるようですが、アルカリ性の温泉は、肌の表面にある皮脂を溶かし角質を柔らかくし美肌作りに効果があるようです。肌触りをちょうど石鹸でぬるぬるした感じと例えられるようです。アルカリ性温泉の弱点は皮脂がとられすぎて肌がカサカサする事です。その対策としてはシャワーで温泉成分を洗い流すと良いようです。宿には露天風呂もあり、眼下には鬼怒川、遠くには日光連山が眺められて、のんびりとお風呂に入りながら友人たちと仕事の話、家族の話、将来(老後?)の話...など心開いて話すことで身も心も癒されとても素敵な温泉旅行でした。
皆様にも、疲れた時には日常の生活から少しだけ離れて「温泉」でゆっくりすることをお勧めいたします。

240_F_174363669_wXmA3gTOkIZB904ZMvheUw9LouXb4rZr.jpg

2017年10月 3日 | | コメント(0)

先日、長野県の白骨温泉に行ってきました。ホームページによると、白骨温泉は古来より「3日入れば、3年風邪を引かない」とも伝わる、霊泉的効果の高い温泉で、乳白色のお湯はお肌にやさしい弱酸性。(通常、乳白色の温泉は強酸性のため、ぴりぴりチクチクとお肌に強い刺激があることが多いのです)硫黄と炭酸成分が多く、血管を拡張しカラダをぽかぽかと温めます。とくに胃腸病に効果があり、その他内臓疾患、神経性ストレスなどにも高い効果があるとの事。
さすがに3日はいられませんが、温泉に入ると体の芯から温まり、広い露天風呂では風や自然の木々を楽しむことで気持ちがほどけていくのを感じました。利用した宿の内風呂には3つの湯船があり、その中の1つ「ぬる湯」にしばらくつかっていると、肌にぷくぷくと炭酸の泡がついてきます。なんだかそれを見ただけでも、お肌がすべすべときれいになったような気持ちになりました。内風呂は檜造りの情緒豊かな雰囲気でタイプスリップした感じでとても素敵でした。飲泉も可能ですが、少々味に癖があり私には飲めませんでした。しかし、朝食に頂いた温泉で炊いたおかゆは美味しく、外から中からたっぷりと温泉を堪能することが出来ました。
温泉には様々な種類や効果があり、その上建物の雰囲気やお風呂の種類、食事など、どこの温泉も魅力的です。皆さんはどこの温泉がお好みですか?

240_F_127471355_uU8ZjpEkRfnAr5HbNTMcYVr8peKguuNf.jpg

page 1

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ