2017年6月25日 |

ウエノ薬局ほっと通信 Vol.85を発刊しました。各薬局でも配布いたします。

7月号は「スタミナだけじゃない鰻でお肌もプリプリ!」の話題です。是非ご覧ください。

ueno-hot085.JPG

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

merumaga.gif

ウエノ薬局ほっと通信の更新情報をメールにて配信しています。配信ご希望の方は「ほっと通信配信希望」と明記の上hot@ueno.vcまでメールをお送りください。

※ご記入いただきました個人情報(メールアドレス)につきまして、株式会社ウエノより情報提供させていただく場合にのみに利用させていただき、他の目的には使用いたしません。
merumaga.gif ※携帯メールなどで指定受信を設定されている場合は、以下のドメインを受信できるようにご指定ください。「ueno.vc

2017年6月20日 | | コメント(0)

先週、子供達の小学校や幼稚園のプール開きでした。
スイミングスクールの屋内プールに慣れている息子は、小学校のプールは水だったよ!?
プールが外にあるから風が吹くと寒いんだよ!!カナブンがいたよ!とたくさんの発見があったようです。
プールの時期に注意が必要な感染症にプール熱(咽頭結膜熱)があります。
プール熱とはプールを介して感染しやすいため「プール熱」と呼ばれ、アデノウイルスが原因で年間を通して発生しますが、主に6月末頃から夏季にかけて流行します。
今年はプール熱の患者が2007年以降最多となっていて、特に注意が必要です。
【症状】 喉の痛み 39℃前後の発熱 目の充血 目やに 頭痛 食欲不振
【感染経路】 咳やくしゃみなどによって感染する「飛沫感染」
目やになどが感染源になる「接触感染」
【予防】 プールから出たあとは、頭から足までしっかりシャワーを浴び、顔や目をよく洗う
ウイルスは鼻や口から入るのでうがい手洗いをしっかり行う
タオルの貸し借りはしない
また二次感染予防として、家族間でもタオルを分ける、目やにや唾液がたくさん付着したタオルは分けて洗濯する、発病して日の浅い人は感染力が強いので、入浴の順番を最後にするなどがあります。

プール熱は感染力が強いため、子供だけでなく大人も注意が必要です。「帰宅時にはうがい手洗いをする」「タオルの貸し借りはしない」など普段から感染予防を心がけてください。

240_F_102702129_YG8ubib6GbfrWlH9vwhPEdPXf5AGyr1M.jpg

2017年6月13日 | | コメント(0)

私は季節の変わり目になるとめまいや吐き気などの症状が現れることがあり、日常生活に支障をきたすことがあります。初めてその症状が現れたときは20代後半で、病院で色々な科を受診し原因を突き止めようとしましたが、結局原因がわからないまま症状が落ち着いてしまいました。その後も数年に一度いつも同じ季節に症状が出ることがあります。メニエールや更年期障害、貧血などの疑いがあり、どれも検査をしましたがはっきりとしたことはわかりませんでした。20代で更年期障害?などと思われがちですが、最近では若い人にも症状が現れることがあり、これをプチ更年期、プレ更年期などと呼ぶそうです。実際に私は漢方を服用したり、女性ホルモンのサプリメントをとることで症状が出なくなりました。
更年期障害とはエストロゲン(女性ホルモン)の分泌量が減少すると、エストロゲンによって調節されていた、体の色々な機能がうまく働かなくなって起こる症状のことです。エストロゲンが低下すると脳は卵巣に対してもっと女性ホルモンを出すように信号を送ります。その際に、信号が周囲の脳に不要な興奮を起こしてしまうことで自律神経の調節がうまくいかなくなり、神経の調節不良や心身の不調が起こりやすくなる状態になります。
更年期障害の症状は主にだるい、疲れやすい、頭痛、のぼせ、ほてり、発汗、手足の冷え、不眠、イライラ、動悸、息切れ、うつ状態、めまい、たちくらみなどがあります。更年期障害でなくても起こる症状もあるので間違われやすいですが、いつくかあてはまったら更年期障害を疑うことができます。
症状がつらいときは我慢しないでまずは婦人科の先生に相談することをお勧めします。更年期障害の症状はバランスのよい食事や運動、ストレス対策、休養などである程度改善することができますが、実は他の重大な病気が原因のこともあるので受診して検査を受けることは必要です。気になる場合は気軽に相談できるかかりつけ医をつくっておくのをお勧めします。

240_F_140050559_kYyMXAmU05iT7ylwK8vNWxyQdDPOmrBN.jpg

2017年6月 6日 | | コメント(0)

山梨といえば武田信玄公で有名ですが、信玄が病死しなければ戦国時代はまた違った勢力図になったかもしれないとも言われています。53歳という若さで病死した信玄について、その死因となった病気について、ある本を読んだりしたのですがいろいろと見解があるようです。
信玄と勝頼、二代の合戦記事などを記した甲陽軍鑑という書物によれば、主治医は信玄の病を「膈」(かく)と言っているそうです。この膈とは食道から胃にかけての病気とされていて、精神的ストレスが発症の原因なのだそうです。この記録より胃潰瘍という病気が連想されるという解釈でした。
また戦国時代の武将達の塩分摂取は現代の日本人よりもはるかに多く、この塩分の取りすぎも胃潰瘍などの病気の危険因子なんだそうです。そして塩分の多い環境ではピロリ菌が増殖しやすいことで、胃潰瘍や胃がんにかかる率も上がります。
しかし現代は多くの良い制酸剤があるので、「胃潰瘍で死ぬなんて」と思いますが、昔は吐血による失血死や、潰瘍の穿孔による死をひきおこす病であったようです。かの文豪・夏目漱石も胃潰瘍で死亡したのも事実だそうです。
他にも信玄の死因について、肝硬変や、銃弾でうたれた傷がもとで亡くなったなどという説もあるらしいですが、当時の戦況などを考えると精神的な大ショックによる胃潰瘍の悪化という説が有力のようです。
三方が原で徳川軍を破り、信長を討つべく本願寺、越前の朝倉軍との同盟ではさみ討ちにするはずが、朝倉軍が撤退してしまい、大きなショックをうけてそれがもとで症状の悪化につながったのではという説でした。
また胃がんだったのではという説は、病気の診断がでてからの生存年数を考えるとちがうのではという結論でした。
それもこれも塩分過多がもとと考えれば、上杉謙信の「敵に塩を送る」というのはもしや、、。


240_F_58590820_J8VioaAWL6767sb4pVOeIUKc6pOvwU05.jpg

新CM「笑顔の回数」が完成しました。
ふと気づかされるCMになっております。少しでも皆様を笑顔に・・・

a0002_000374.jpg

page 1

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ