2017年5月30日 |

弊社全薬局では、日本薬剤師会、日本保険薬局協会、日本チェーンドラッグストア協会の自主基準に則り、「薬局間における医療用医薬品の譲受・譲渡に関するガイドライン」に準じて平成29年6月1日より施行いたします。

薬局間における医療用医薬品の譲受・譲渡に関するガイドライン.pdf

2017年5月30日 | | コメント(0)

先日、お薬をお渡しするためにお話をお聞きしていたお客様が「私は腎臓がひとつしかないのです」と言われました。
私の叔父も腎結核という病気で腎臓を摘出しているので、病気か移植ドナーなどで摘出して一つだけなのかと思ったのですが、その方は生まれつき腎臓がひとつだとおっしゃいました。
勉強不足の私は、生まれつき一つの腎臓の方がいらっしゃることを初めて知り驚きました。
上気道炎の症状で受診された方ですが、腎臓がひとつでも特に生活に支障もない様子でした。
少し気になり調べてみると、単腎の頻度は750人に1人だそうです。特に男性のほうが多いようですが、私がお聞きした方は若い女性でした。
病気することもなく検査も受けることがない方の中には、大人になるまで自身が単腎だと気づかずに生活される方もいるそうです。
先天的単腎の場合は、腎臓が代償的に大きくなりひとつで二つ分の働きをするようになるため、特に通常の生活に問題がないことが多いようです。ただし大切な一つだけの腎臓なので背部の強打や交通事故等には注意が必要とのこと。また女性の場合は妊娠・出産の際にはひとつの腎臓で対応するため、過剰な塩分摂取に注意し水分を十分に摂るなどの注意は必要になるようですが、この方はこれまでに特に問題はなかったようです。
私たち薬剤師は肝機能・腎機能の状態により、影響を受けやすい薬剤の調剤を行う場合は常に処方量が適正か否か気にしております。高齢者や腎機能の低下している方などの場合は検査値などから判断して薬の量を調整しなければならないケースもあるので疑問があるときは処方医に確認を行いますが、今回のケースは特に通常の成人量で問題はなかったようです。

240_F_109482718_eeAht6DEg4dQrTQpAfAU4pzkpltFo21I.jpg

2017年5月25日 |

ウエノ薬局ほっと通信 Vol.84を発刊しました。各薬局でも配布いたします。

6月号は「屋外での活動は日焼け対策を万全に!」の話題です。是非ご覧ください。

ueno-hot084.JPG

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

merumaga.gif

ウエノ薬局ほっと通信の更新情報をメールにて配信しています。配信ご希望の方は「ほっと通信配信希望」と明記の上hot@ueno.vcまでメールをお送りください。

※ご記入いただきました個人情報(メールアドレス)につきまして、株式会社ウエノより情報提供させていただく場合にのみに利用させていただき、他の目的には使用いたしません。
merumaga.gif ※携帯メールなどで指定受信を設定されている場合は、以下のドメインを受信できるようにご指定ください。「ueno.vc

2017年5月23日 | | コメント(0)

先日、甲州市のお寺での坐禅会に参加してきました。
坐禅は、心が落ち着く、集中力が鍛えられる、ストレス解消に良いなどの効果があると言われているので以前から興味はあったのですが、今まで体験する機会がありませんでした。今回はたまたま目にしたお寺のホームページで坐禅会があることを知り、参加する事にしました。
今回参加したお寺の坐禅会では、人と人が向かい合って座ります。座る所に長い座布団のような敷物を半分に折り、さらにそれを半分に折って段差を作って座ります。坐禅の前にお坊様から坐禅の仕方(足の組み方、座位の取り方、手の組み方、視線の落とし方)の説明があり、坐禅スタートです。
最初に30分ほど坐禅を行います。今回はお坊様が肩を木の板で叩くこと(警策(きょうさく)というそうですが)はありません。
その日は、朝から降っていた雨が坐禅の時間には止み、ひんやりと澄んだ空気の中、水の音、鳥の鳴き声などを聴きながらゆっくり時間が過ぎていきました。目は閉じずに、視線だけを1メートルくらい前方に落とすのですが、つい目を閉じてしまったりしました。しばらくすると慣れない姿勢に足が痛くなってきました。最初の説明で、足が痛くなったら周りの人に配慮しながら足を組み替えても良いですよ、とは言われていたのですが、もう少しで終わりかな?もう少しなら我慢できそうだな?などと雑念にとらわれたころ時間になりました。
小休止を取った後に、後半の30分の坐禅を行い今回の坐禅会は終了です。
後日、坐禅について調べると、宗派などにより座り方や考え方等色々と違うことが分かりました。また、坐禅は特別な事ではなく家で行うことでも効果があるようです。
今回は、静かな時間を過ごせたことでリフレッシュした感じはありましたが、坐禅に向かう自分自身の準備が足りなかったこと、姿勢や呼吸を整える事ができなかったことなどで本来坐禅により感じられる効果を得られるまでに至らなかったように思いますが、機会があったらまた坐禅会に参加してみたいと思いました。

240_F_93745114_b5SgBKea9gdppCXj67bAbUyd9I1F35LV.jpg

2017年5月17日 |

当社では、お客様(患者様)のご意見を素早く業務に反映させるため、全薬局で「お客様満足度アンケート」を実施しております。2017年3月より4月まで2ヶ月間のアンケート結果を公表いたします。
アンケート結果を真摯に受け止め、毎日の業務に反映させ、日々前進の気持ちをもって業務に精励しております。

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。
201704.JPG

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

2017年5月16日 | | コメント(0)

先月、甲斐国一宮浅間神社のお祭りで、大神幸祭(おみゆきさん)がありました。
約1200年前の平安時代から水難(洪水)を防ぐためのお祭りで一宮浅間神社から甲斐市の三社神社まで担ぎます。
担ぎ手はすべて男性で、神様が美人の神様(木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと))なので、失礼の無いよう顔に化粧をし、衣装は女性の服装(赤やピンクなどの浴衣)を着て、担ぐしきたりとなっています。また、「そこだい」という独特の掛け声があります。神輿の渡御はおよそ往復50Km(現在は途中車移動となっています)にもなる為、重い神輿を担ぎながら目的地はもうそこだ!そこだ!という担ぎ手の声が「そこだい」となったといわれているようです。
このお祭りを初めて見た時は、見慣れない姿や掛け声にとても驚きました。普段お祭りに行くといっても神輿や屋台の雰囲気をなんとなく楽しむような感じでしたが、今年は実家の地区が神輿を担ぐ担当で主人が参加したこともあり、普段とは異なる楽しみがありました。家族や知り合いが神輿を担いでいる姿をみると、見ている方も力がはいります。朝7時頃から夜7時近くまでの長丁場。神輿の重さはおよそ600kgあり、交替しながら担いでいますが、とても大変だったと思います。家に帰った時にはふらふらで両肩が赤くあざができていましたが、達成感はあったようです。来年は自分の地区が担当なのでまた楽しめそうです。来年皆さんも機会があれば是非このお祭りをみにきてはいかがでしょうか。

20170516添付ブログ 清水綾子.jpg

2017年5月12日 |

 弊社勤務薬剤師は「公益財団法人 日本薬剤師研修センター」による認定薬剤師に全員が認定されました。
薬剤師ひとりひとりの努力とプライド、そしてたゆまない向上心の賜である証と考えております。

以下、研修センターHPより

 時代に即応した医療需要と社会的要請に応え、薬剤師として必要な責務を全うするために、生涯にわたって研修等による自己研鑽に努めなければなりません。その研修実績の保証の1つとして認定証があります。全国のあらゆる職域の薬剤師を対象に、研修成果を記録し、それを客観的に認定するために「研修認定薬剤師制度」を発足させました。
これは、全職域の薬剤師の方々が自らの責任で、薬剤師免許を持つにふさわしい資質を維持するための生涯研修をバックアップし、その成果を客観的に認定するものです。認定薬剤師とは、研修認定薬剤師制度のもと、倫理、基礎薬学、医療薬学、衛生薬学及び薬事関連法規・制度など、良質の薬剤師業務を遂行するために、自己研鑽した成果について、一定期間内(新規4年以内、更新3年毎)に所定の単位を取得したと申請した後、認定された薬剤師です。
認定されたことにより、他の医療従事者や患者様からの信頼を高め、常に時代に即した薬学的ケアを行える薬剤師であることを示すことができます。
また、この認定は、免許の更新と同じ効果を期待するものでもあります。







2017年5月 9日 | | コメント(0)

ゴールデンウィークが終わりましたが、皆様は旅行、帰省など、どうお過ごしでしたか。
寒い季節も終わり、暖かい季節がやってきています。冬の間は寒くて運動をほとんどしていませんでした。春になったので、運動不足を解消するために筋肉トレーニング・ウォーキング始めました。
冬の間で太った体を引き締めることを目標に頑張っています。

 メニュー
1. 腕立て伏せ 50回
2. スクワット20回
3. 腹筋100回
4. 30分のウォーキング

腕立て伏せ:腕を鍛えるトレーニングです。
腕立て伏せは、手を置く場所によって効果を変える事が出来ます。
肩幅より更に広げる事で胸筋、肩幅程度で腕が鍛えられます。
また体を一直線にしてやることで体幹も鍛える事が出来ます。
スクワット:太ももを鍛えるトレーニングです。
1. 足は肩幅程度に開くようにして、手は前にまっすぐ伸ばします。
2. ゆっくりと腰を落とすようにしてできれば、太ももが床と水平の状態まで落とします。
3. 膝を直角に曲げて、膝が爪先より前に突きでないようにします。
4. この状態を少しキープするようにして、それからゆっくりと元の状態に戻します。
腹筋:お腹を鍛えるトレーニングです。
1. 床に仰向けに寝て、手は胸の下、もしくは耳の後ろに置きます。
2. 足を上げて膝を90度に曲げます。
3. 腕を固定したまま、体を丸めて上体を起こします。
4. その後、ゆっくりと元の状態に戻しますが、背中と頭完全に床につけず、少し浮かした状態にしておきます。
筋肉トレーニングを行うと成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは、脂肪分解を高めます。よって、筋肉トレーニングの後にウォーキングをおこなうようにしましょう。
仕事終わりに筋肉トレーニング・ウォーキングをおこなうのは大変ですが、皆様も夏に向けて始めてみてはいかがでしょうか。

240_F_119490618_2mHv6pY781x7d49RO2ohKtDMpc9P6Ewz.jpg

2017年5月 2日 | | コメント(0)

待ちに待った(?)ゴールデンウィークの連休を迎えましたが皆さんはいかがお過ごしでしょうか。私はつい先日、家族でバーベキューに出掛けました。これから夏に向けて、キャンプやハイキングなどをするのに絶好のシーズンになりますね。開放的な気分になりがちですが、楽しいバーベキューにするために、食中毒には十分に注意が必要だと思います。
バーベキューでの食中毒の多くは「カンピロバクター」という細菌が原因となります。感染すると胃腸炎を引き起こし、発熱・下痢・嘔吐などが起こります。この菌は肉の生食や加熱不十分が原因でヒトの体内へ入り感染を起こします。または2次的に、生肉に接触した野菜などからヒトの体内へ入ることもあります。
感染を予防するためには、①菌を増やさないこと ②菌を移さないこと ③菌をやっつけることが大切です。
① 温度が高くなると、細菌の増殖が活発になってしまいます。調理の直前までしっかり保冷をしましょう。クーラーボックスは大き目のものを用意して、保冷剤は食材を囲むように置きます。詰め込み過ぎると冷気が行き届かず、効率が悪くなります。
② 調理前に生肉が他の野菜などに触れたり、または生肉を扱ったトングや箸などで他の野菜などを扱ったりすると、生肉に付着している菌が移ってしまいます。お肉を焼くトング(箸)はそれ専用に用意しましょう。
③ カンピロバクターは熱により不活性化されます。このため、十分に加熱してから食べるようにしましょう。75℃で1分以上が目安になります。塊のお肉を強火で焼くと表面が焦げて、中心部まで火が通り難くなってしまいます。薄くスライスされたお肉のほうが、火が通り易いです。調理が済んだら早めに食べるようにしましょう。

以上がバーベキューで食中毒を起こさないために気を付けたいことです。
それでは、皆さんも連休を楽しんでくださいね。

240_F_107396038_od0lRJuyxsmKgSBPxXL0vDXXbjYwMNE1.jpg

page 1

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ