2017年2月28日 | | コメント(0)

ニアウリはオーストラリアなど南の国に豊富に生息している、白樺のような白い幹の樹木です。
ニアウリの樹木は木の葉が落ちることで、その葉が強力な殺菌消毒剤として働くと考えられています。ニアウリの生息が多い地域では空気がとても洗浄されていて、マラリアなどの伝染病がないと言われている程の木です。
すーっとするミントのような、森林にいるような良い香りだけでなく、ニアウリが持つ効能の広さには驚きました。
心に刺激を与え元気を回復させる働きや、呼吸器系には特に効果的で、のどの痛みの特効薬として、地元でもかなり重宝されているようです。
免疫を上げる効果もあるので、風邪の引きはじめ、咳、気管支炎、肩こりや関節痛などの様々な痛みを緩和します。お肌への作用もあり、虫刺されやニキビのケアに有効です。
入浴時にバスタブに数滴たらすと、ストレスがとれ、1日の疲れを癒す効果があるとのことで、さっそく試してみました。私はニアウリの香りも好きなので、ゆったりした気分になり、最近は毎日愛用しています。
ハンカチに数滴垂らして枕元に置いて寝ることで、喉や鼻にとても良く、翌朝の目覚めも快適!とも聞くので、今度試してみようと思っています。
そんなニアウリの精油は、インターネットなどでも簡単に購入が出来るので、是非試してみてください!

240_F_115387196_XFW4TeTiAovJXO5tIzNJFYRsDa19hPG4.jpg

2017年2月25日 |

ウエノ薬局ほっと通信 Vol.81を発刊しました。各薬局でも配布いたします。

3月号は「春の新玉ねぎを食べて身も心もリフレッシュ」の話題です。是非ご覧ください。

ueno-hot081.JPG

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

merumaga.gif

ウエノ薬局ほっと通信の更新情報をメールにて配信しています。配信ご希望の方は「ほっと通信配信希望」と明記の上hot@ueno.vcまでメールをお送りください。

※ご記入いただきました個人情報(メールアドレス)につきまして、株式会社ウエノより情報提供させていただく場合にのみに利用させていただき、他の目的には使用いたしません。
merumaga.gif ※携帯メールなどで指定受信を設定されている場合は、以下のドメインを受信できるようにご指定ください。「ueno.vc

2017年2月21日 | | コメント(0)

年が明けたと思ったら、あっという間に立春を過ぎ、暦の上では春ですね。我が家には中学生の娘がおりますので、桃の節句に向けて雛人形を飾りました。 
思い起こせば、十数年前、1歳間近の娘の初節句を祝って購入したお雛さま。
豪華でキラキラして、とても華やかなお雛様が並んでいるなか、我が家に迎えたのは古布を利用して創られた木目込みのお内裏様とお雛様でした。
地味で小さな雛人形を見て、私の実母は「貧相なお雛様ね・・・」と言ったほどでしたが、私は凄く気に入っていましたし、成長した娘も、それなりに喜んでいる様なので、毎年、今頃の時期からリビングに飾って楽しんでいます。
娘も中学生になり、親の言うことも聞かず、生意気なことばかり言って、憎ったらしい!!!と思うこともしばしば・・・
でも、ここまで元気に育ってくれたことに感謝し、娘の幸せを願ってお祝いした初節句の頃を思い出しながら、もう少し子育てに勤しみたいと考えている今日この頃です。

240_F_136687784_4mHaLTqd2xSiTSwJLm4GWyi9ZwzNvMSq.jpg

2017年2月14日 | | コメント(0)

お菓子の中でも飴やチョコレートは小さい頃にはなるべく食べさせたくないもの。子供の検診でも口の中に長く留まるお菓子は虫歯の原因になるので食べさせないように注意されます。
そこで、普段から子供に食べてほしくないお菓子は買うのを控え、大人も食べるのを我慢し、子供の目につかないように工夫をしてきました。
しかし、飴やチョコレートが美味しいものと知ってしまうと食べさせないようにするのは大変で、「食べたーい!!」が始まります。
そこで、考えたのがのど飴作戦です。「この飴はのど飴だから食べられないよ~。残念!!」と言うと子供達はあっさり諦めてくれました。
しばらくはのど飴作戦が通用していましたが、先日ドラッグストアで買い物をしている時に息子がキャラクターの絵のついた子供用のど飴を見つけました。自分が食べられないと思っていたのど飴が食べられるかもしれないと知った息子は嬉しそうで、風邪をひいて喉が痛くなった時に舐める約束で買ってあげました。
その時に息子から「普通の飴とのど飴はどうちがうの?」と質問され、子供用ののど飴の成分を確認するとハチミツが含まれていました。そこで今回はのど飴について調べてみました。
唾液には洗浄、殺菌作用があり重要な働きを担っています。しかし、乾燥により唾液の量が減り、粘膜を覆う粘液が固まると、粘膜の働きが悪くなり、細菌やウィルスが付着しやすくなります。そこでのど飴を舐めると、唾液の分泌が増え、乾いていた喉が潤い、ウィルスや細菌の付着を防ぎ、ヒリヒリ感を和らげることが出来ます。
のど飴には成分による基準や定義はなく、販売するメーカーがハーブやハチミツ、かりん等を含む飴を「のど飴」として販売しています。のど飴は成分によって医薬品、医薬部外品、食品の三種類があります。
医薬品ののど飴は、医薬品として有効成分による効能・効果が認められているドロップ剤などを指します。
医薬品の販売が可能な薬局やドラッグストアなどで購入することが出来ます。
配合されている成分によって、咳や痰・喉の痛みといった症状に対して効き目が期待でき、症状に合った製品を選ぶことができます。
医薬部外品ののど飴は医薬品に準じて有効成分による効果が認められているドロップ剤などを指します。医薬品に比べ、効き目が穏やかです。
コンビニなど多くのお店で買うことができます。医薬品に比べて効き目は限定的ですが、手軽に購入ができます。
食品ののど飴はお菓子の飴の一種で、効能・効果は認められず、のど飴を舐めることで喉がスッキリしたり、喉にうるおいを与えるなどの効果があります。
まだ乾燥する日が続きインフルエンザも流行っています。
自分の症状に合わせたのど飴を上手に活用してください。

240_F_63618689_TZ6AyzDXn7Z0ejF6ubil2ymSq7A7iwv2.jpg

2017年2月 7日 | | コメント(0)

今では定番になっているようですが、節分に恵方巻きを食べる習慣っていつからあるのでしょうか?私が小さいときは豆まきが定番で恵方巻きを食べるなんて聞いたこともありませんでした。
気になったので調べてみると節分って2月3日ではないということというもっと驚きの事実を知りました。
節分は本来立春、立夏、立秋、立冬の前日のことを指します。旧暦では立春の頃が一年の始めとされ、節分と言えば一般的に立春の前日を示すようになりました。立春を新年とすると、節分は大晦日にあたります。平安時代は大晦日に旧年の厄や災難を祓い清める行事が行われていました。室町時代以降は豆をまいて悪鬼を追い出す行事へと発展していったようです。
節分の次の日の立春の日は太陽の角度によって決まるので、毎年節分の日は前後します。立春は太陽の角度が315度になった日を立春と決めるので年によって2月3日ではない日もあるようです。
節分で一番の楽しみの恵方巻きと豆まきはいつするのが理想的でしょうか。恵方巻きは節分の日の夜に食べます。恵方巻きは福を巻き込んでくれるので、切らずにかぶりつきます。しゃべらずにお願い事を心の中で唱えながら恵方の方角を向いて食べます。
豆まきは節分の夜に行います。鬼がやってくるのは夜と言われているからです。大人になりいつの間にかやらなくなってしまった行事ですが今年は我が家の子供も認識する年になったことですし、鬼の存在も知ってもらいたいので何年かぶりに実施してみました。

240_F_130465534_fhPHaVOM7F40xEyAVn5S8T7DmJORAz1g (1).jpg

page 1

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ