2016年9月30日 |

先日開催しました「ウエノ薬局グループ健康フェスタ2016」は大盛況のうちに無事イベントを終えることが出来ました。
出演者の方々、協賛メーカーの皆様、早朝よりご協力頂きました関係者の皆様、改めまして深く御礼申し上げます。ご来場いただきましたお客様も誠にありがとうございました。

30以上の健康関連メーカーによる最新の展示ブースは大変好評を頂きまして、血管年齢測定などは長蛇の列になりお待ちになったお客様にはご迷惑をお掛けしてしまいました。
 
おおたわ史絵先生講演会、藤本チフミ先生健康体操は、会場中から笑顔が見られ参加者は大満足の様子でして、AED体験では親子で参加された方から「一番身近な命を守る方法を一緒に学ぶことが出来ました」と嬉しいお声掛けもしていただきました。 

ウエノ薬局グループはこれからも地域の健康サポート薬局として益々頑張っていきますので、今後ともよろしくお願いします。

IMG_0382.JPGIMG_0388.JPGIMG_0394.JPGIMG_0403.JPGIMG_0404.JPGIMG_0406.JPGIMG_0407.JPGIMG_0412.JPGIMG_0424.JPGIMG_0425.JPGIMG_0432.JPGIMG_0436.JPGIMG_0437.JPGIMG_0447.JPG

2016年9月27日 | | コメント(0)

先日県立博物館で催されていたこの企画展に行ってきました。企画展の内容は、昔から近代までの医術の変遷を、道具や書物などの展示もまじえて説明している流れになっていました。
その昔、病気が疫神によりもたらされると考えられていた頃の疫神除けの錦絵などからあり、その後中国から傷寒論などの書物が伝来し、漢方処方も入ってきたようです。その後江戸時代に入り、薬草の知識を人々に知らせるために出版された「救民妙薬」がありました。これは徳川光圀公(黄門様のことです)が藩医に命じて書かせたものだそうです。その他、薬草の知識まとめた「和語本草綱目」などの書物、豪華な蒔絵の薬箱に杏仁水、カンフル、クレオソートなどの文字も読めて大変興味深いものでした。またその頃の薬さじもあり、もんじゃ焼きのへらみたいな形をしていてこれで量れたのかなと思いました。
そして、ドイツ人により書かれた解剖書「ターヘルアナトミア」(歴史で習った!)の翻訳書である、杉田玄白らの「解体新書」(これも歴史で習った!)もならんであり、その近くに人体模型があり、これが何と
男女交換可能なのです。腹部がそっくり入れ換えられるものなのでした。また産科人形などもありわかりやすいものでした。他にも、はさみ、カテーテルなどの医療器具などもそろっており、それがあの全身麻酔による乳がん手術をおこなった華岡青洲の偉業にもつながったのでしょうか。
華岡青洲はチョウセンアサガオの実、トリカブト(両方ともアルカロイド、毒性の強いものです)、当帰、川芎などの薬草を使い、内服での全身麻酔を開発したようですが、そのため母親が亡くなり、奥さんも失明してしまったのは有名です。
そしてそれより遡ること50年ほど前、山脇東洋という人が書いた人体の解剖図などの生々しい絵(写真じゃなくてよかった、、)もありました。きっとこれら先人達の探究心が、人々を救うための仁術を発展させてきたのだと思いをはせた半日でした。


Fotolia_70792780_XS.jpg

2016年9月25日 |

ウエノ薬局ほっと通信 Vol.76を発刊しました。各薬局でも配布いたします。

10月号は「早いうちに四十肩・五十肩を予防しよう!」の話題です。是非ご覧ください。

ueno-hot076.JPG

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

merumaga.gif

ウエノ薬局ほっと通信の更新情報をメールにて配信しています。配信ご希望の方は「ほっと通信配信希望」と明記の上hot@ueno.vcまでメールをお送りください。

※ご記入いただきました個人情報(メールアドレス)につきまして、株式会社ウエノより情報提供させていただく場合にのみに利用させていただき、他の目的には使用いたしません。
merumaga.gif ※携帯メールなどで指定受信を設定されている場合は、以下のドメインを受信できるようにご指定ください。「ueno.vc

9月22日、UTY「ウッティタウン6丁目」のイベント告知コーナーに生出演しました。
ウエノ薬局グループ健康フェスタ2016の内容をさらに詳しく楽しく伝えることが出来ました。ぜひ、こちらからご覧ください。

9月20日、YBSラジオ「ラララ♪モーニング」番組内でラジオスコーパーのコーナーに生出演しました。
ウエノ薬局グループ健康フェスタ2016の内容について告知させて頂きましたので、ぜひお聞きください!


a0002_000374.jpg

2016年9月20日 | | コメント(0)

以前から度々起こっている突発性上室性頻脈が仕事中に起こり、半日以上も症状が続いたため受診して心電図検査を受けました。その時に心室性期外収縮が出ているとのことで「ホルター心電図」をつけることになりました。
医療の仕事に関わっているのでホルター心電図はどの様なものかは分かっていましたが、実際に自分自身が付けるのは初めてなので、わくわくとドキドキ(心臓に悪い・・)でした。
 健康診断などで多くの人が一度は心電図検査を受けていると思いますが、ホルター心電図は小型軽量の装置を身につけて、長時間の心電図を記録して解析する検査です。健康診断や身体に異常が起こり病院で受ける心電図検査では数分間の検査だけで短時間のため診断がつかないケースがあるのでこのホルター心電図を使われます。
 先ず、ベッドに横たわり心臓の左右と上下の部分に電極を付けられて剥がれないようにテープでしっかり固定されました。それから電極につながるコードが小さな箱型の記録機械に繋げられてセット完了です。「起き上がって良いですよ」と言われて身体をベッドから起こしたらそこで記録装置の入ったポーチを首にかけられて装着終了でした。
「入浴はダメですが他は普通に生活していて良いです」と言われても、首から吊り下げた記録装置がどうにも気になり普段通りとはいかない感じでした。「運動してもいいですよ」と言われても入浴もできないのならあまり汗もかきたくないし・・。本来なら普段通りの生活をして、そこで不整脈がどの程度起こっているのか調べてもらうのが良いのですが、その日は何となく活動がしにくく普段通りとはいきませんでした。
 翌日再度病院に行きホルター心電図が外されました。記録された結果を解析して後日結果を伺いました。
血圧もそうですが、診察室内だけではなく日常どんな様子か調べることは診断のためにはとても重要なことと改めて思いました。
血圧測定といえば・・・。(タイトルから外れますが)
 今月25日(日曜日)は弊社で企画した「健康フェスタ2016」が甲府総合市民会館であります。展示ブースでは、血圧測定・骨密度測定・ヘモグロビン測定・・などなど体験していただけるブースがあります。また藤本チフミ先生と一緒に「健康体操」なども来場された皆様に体験していただけます。「病気になる人ならない人」をテーマにおおたわ史絵医師の講演会もあります。健康関連のご案内が盛り沢山のフェスタなので、今回は自分自身の健康のことだけではなく、皆様にも健康で元気な生活をしていただきたいと願い多くの皆様のご来場をお待ちしたいと思います。



Fotolia_103507064_XS.jpg


9月16日、UTY「ウッティタウン6丁目のカフェ」番組内で弊社の紹介と共に、ウエノ薬局グループ健康フェスタ2016を紹介していただきました。
これからも地域の健康サポート薬局として、皆様のお役に立っていきたいと思います。

2016年9月15日 |

ウエノ薬局グループ健康フェスタ2016のもう一つの目玉でもあるキッズ調剤・実験室についてのご案内します。
薬局にいらっしゃるお子様連れのお客様からの前評判が非常に高かったので、実験回数を増やしました! 大行列が出来ること間違いなしのブースになりますので、比較的空いているイベント開始直後が狙い目かも知れません。
また親子で学べるAED体験もすごくおススメです!
実際にお子様に万が一のことが起きた時に、どういった行動を取ればいいのか親子で確認することが出来ます。さらに講師の方には日本赤十字社のスタッフを招いて行いますので、正しい知識と実際の災害地で活動した経験からご指導いただけますので、ぜひこの機会をご活用ください!

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。
kids.JPG

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

9月13日、FM富士の「Yes!Morning」番組内で弊社の紹介と共に、ウエノ薬局グループ健康フェスタ2016を紹介していただきました。
魅力盛りだくさんのイベントの様子を詳しくお伝えしてくれてますので、ぜひお聞きください!


a0002_000374.jpg

2016年9月14日 |

当社では、お客様(患者様)のご意見を素早く業務に反映させるため、全薬局で「お客様満足度アンケート」を実施しております。2016年7月より8月まで2ヶ月間のアンケート結果を公表いたします。
アンケート結果を真摯に受け止め、毎日の業務に反映させ、日々前進の気持ちをもって業務に精励しております。

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。
201608.jpg

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

page 1 | 2

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ