2016年6月28日 | | コメント(0)

最近イボを取りました。
数年前から頭皮にイボがあり、徐々に大きくなってきているようで、髪の毛をブラシでとかす時にひっかかってしまうので、気になっていました。

そのイボは脂漏性角化症と言うものでした。
調べてみると、どうやら、中年以降に発生する加齢とともに増える皮膚の良性腫瘍で、皮膚の老化現象のひとつのようです。
別名は『老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)、年寄りいぼ』だそうです。。。
少しショックな病名です。。。

脂漏性角化症は、顔、頭、全身とどこにでもでき、表面がザラザラとしたできものです。放っておくと少しずつ大きくなり、数も増えるので早めに取ってしまった方がいいようです。色も普通の皮膚の色から黒色まで色々のようです。
私の場合は皮膚と同じ色で、さらに頭皮だったのであまり目立ちませんでしたが、取ることにしました。
治療方法は様々で、液体窒素による凍結療法、レーザー、電気焼灼、外科手術による切除などがあるようです。
私の場合は液体窒素による凍結療法でした。
患部に液体窒素をあて、凍結させてかさぶたを作ります。1~2週間後にかさぶたが取れると、脂漏性角化症も自然に除去されているというものです。
頭皮なので、髪の毛を剃らないといけないのかと思っていましたが、その必要はありませんでした。麻酔はしないので、痛かったです。傷口に消毒液を押し付けられている感覚です。一回では除去できない大きさでしたので、数回繰り返さないといけません。まだ一回目が終わったところですが、だいぶ小さくなりました。
この治療法は、炎症による瘢痕が残る可能性があるようです。
頭皮とはいえ痕が残るのは嫌なので、日焼け止めをきちんと塗ったり、ビタミンCを多めに摂るようにしたりと、出来る限りのケアをしています。

次回の治療は憂鬱ですが、早くキレイになくなるよう、あと数回、耐えます・・・!
もっと早く取り除いていれば、一回ですんだかもしれません。
皆さんも、もし気になるイボ等ありましたら、早めに専門の先生に診てもらうことをお勧めします。


Fotolia_98149850_XS.jpg


2016年6月25日 |

ウエノ薬局ほっと通信 Vol.73を発刊しました。各薬局でも配布いたします。

7月号は「効果的エクササイズの宝庫ラジオ体操」の話題です。是非ご覧ください。

ueno-hot073.jpg

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

merumaga.gif

ウエノ薬局ほっと通信の更新情報をメールにて配信しています。配信ご希望の方は「ほっと通信配信希望」と明記の上hot@ueno.vcまでメールをお送りください。

※ご記入いただきました個人情報(メールアドレス)につきまして、株式会社ウエノより情報提供させていただく場合にのみに利用させていただき、他の目的には使用いたしません。
merumaga.gif ※携帯メールなどで指定受信を設定されている場合は、以下のドメインを受信できるようにご指定ください。「ueno.vc

2016年6月21日 | | コメント(0)

いよいよとうもろこしの季節がやって来ました♪
山梨に来る前はとうもろこしの時期を気にしたことがありませんでしたが、山梨に来て甘甘娘を食べてその美味しさにビックリ!!実家に帰る時や友達と会う時に山梨から甘甘娘を買っていくとみんな「美味しい~!」と感激し、今では私の周りには甘甘娘のファンがたくさんいて、この時期を楽しみにしています!
先日も甘甘娘の収穫祭に行き、親戚や友達に郵送し、自宅用にもたくさん買ってきて贅沢に食べました!  
とうもろこしは、お湯を沸かしてから採りに行けと言われるくらい鮮度に気を使わないといけない食材で、収穫後はどんどん糖分が失われていくそうです。
スーパーで朝取りとうもろこしが売っていて、新鮮なものを当日食べる分だけ買えるのは嬉しいです。  
今年もとうもろこしの時期を満喫しようと思います!



Fotolia_89040504_XS.jpg



2016年6月14日 | | コメント(0)

我が家には2歳になる子供がいます。保育園に通っていていることもあり様々な流行りの病気にかかります。病気にかかるたびに病院を受診したり、自分で調べたりして対応しています。最近特に気になるのが鼻血です。1歳半のときに初めて鼻血がでました。「鼻血」と聞いて今まではたかが鼻血と思っていましたが、初めて鼻血を出したときは夜中で、気が付くとシーツが血で真っ赤に染まっていたので慌てふためいたのを覚えています。その時はすぐに止血もできその日限りだったのでその後も特に気に留めなかったのですが、最近連日連夜、続けていつも就寝中に出るので少し気になり調べてみることにしました。
調べてみるとよくある事例らしく、同じようなことで悩んでいるママ達がいることがわかりました。鼻の入り口付近に血管が密集している場所があり、そこの粘膜にちょっと傷ができると簡単に鼻血が出てしまします。ぶつけた時だけでなく、鼻をほじったり、鼻をかんだりしても鼻の粘膜は傷つきます。また、熱があったり、体が温まって血管が拡がっているとそれだけでも出血しやすくなります。特にアレルギー性鼻炎や副鼻腔炎の子供の場合、鼻の粘膜は弱っているので鼻をかむだけでも鼻血が出ることがあります。小さい子供は鼻かぜも引きやすいので鼻血の出やすい条件がそろっています。寝ている間に鼻血がでるのもめずらしくありません。寝ている間に無意識に鼻をいじっていたり、のぼせたりし鼻血が出ます。うちの子供もすぐに鼻かぜを引き、気が付くと鼻をいじっていますし、夜は寒くなるからと厚着をさせていることが多いのできっとのぼせているのでしょう。
鼻血が出た時の正しい対処方法は、寝かせることはかえって出血を長引かせるので椅子に座らせるのが一番いい処置法です。よく鼻にティッシュを詰めなさいと言われましたが実はあまりよくありません。鼻にティッシュを詰めると抜くときに粘膜を傷つけてしまうのでかえって悪くなることがあります。また、上を向いて首の後ろをトントン叩くのもよくありません。上を向くことで鼻血が喉の奥に入ってしまい、咳や吐き気をもよおす原因になります。まとめると椅子に座らせて首を曲げて下を向かせます。ティッシュなどで鼻血が落ちないようにし、鼻をつまみます。鼻血が止まるまではつまんだままにしていると数分ほどで止まります。止血に30分以上かかる場合は何か他の原因があるかもしれないので耳鼻科の受診をお勧めします。




Fotolia_50687716_XS.jpg

2016年6月 7日 | | コメント(0)

先日、朝起きると左眼の中心がぼやけて見えないことに気がつきました。 
少しすれば見えるようになるかと思い、そのまま過ごしましたが狭い範囲でも見えないことが心配だったため、急遽眼科を受診したところ眼球の裏側にある血管から出血していることがわかりました。
とりあえず止血剤を服用し、症状が改善するかしばらく様子をみたのですが変化があまりありません。
その後、眼科で紹介状を書いていただき大学病院を受診しました。
受診したところ、網膜前血腫という病名を告げられました。先生のお話では重いものを持ったり、いきんだりするとなる可能性があるとのことでしたが、そのような心当たりもありません。
脂質異常症や高血圧、糖尿病等の基礎疾患があったり、60代以降になるとなり得る可能性のある疾患ということでした。私の場合は30代で他に何も要因がなく、血液検査もしましたが原因不明でした。
1か月半が経過し、再出血もなく出血部分の血液も吸収されたため左眼の中心も見えるようになりました。
今回左眼の一部が見えなくなっただけで日常生活も不便なことが多くあり、両眼できれいに見えるということが当たり前のことではなく、とてもありがたいことだと感じました。
今回の眼の病気の原因についてはわかりませんでしたが、改めて様々な病の原因となる生活習慣病の予防のためにも食生活・運動習慣を見直そうと思いました。



Fotolia_107450245_XS.jpg

page 1

Categories
Instagram @ueno.pharmasy

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ