2015年7月28日 | | コメント(0)

年も夏がやってきました。暑くて寝苦しい日が続いていますね。寝ていると「プーーーン」「プーーーン」と夏の音が聞こえてきます。蚊の季節の到来です。毎年刺されて悩まされています。痒くて大変な思いをします。昨年流行ったデング熱を皆さんは覚えていますか。デング熱は蚊によって媒介されるウイルス感染です。昨年流行っただけで、今年は安心と思わないようにしましょう。

2014年8月より、国内でデング熱に感染したことが確認された患者が報告されています。
 デング熱は蚊を介して感染するもので人・人感染はしません。また、デング熱は感染しても50~80%は無症候性とされ、重症化することはまれです。
 蚊に刺されてから3~7日程度で高熱のほか、頭痛、目の痛み、関節等の症状が見られれば、デング熱の可能性もあるため、早めに医療機関を受診してください。通常は1週間程度で回復する疾患ですが、一部の症例では顕著な血小板減少と、血管透過性亢進を伴うデング出血熱に移行してショック症状を呈することがありますので十分注意してください。
 屋外の蚊が多くいる場所で活動する場合は、できるだけ肌を露出せず、虫よけ剤を使用するなど、蚊にさされないよう注意してください。




Fotolia_74106682_XS.jpg

2015年7月25日 |

ウエノ薬局ほっと通信 Vol.62を発刊しました。各薬局でも配布いたします。

8月号は「真夏の熱帯夜!危険な眠り方はこう正す!!」の話題です。是非ご覧ください。

ueno-hot062.jpg

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

merumaga.gif

ウエノ薬局ほっと通信の更新情報をメールにて配信しています。配信ご希望の方は「ほっと通信配信希望」と明記の上hot@ueno.vcまでメールをお送りください。

※ご記入いただきました個人情報(メールアドレス)につきまして、株式会社ウエノより情報提供させていただく場合にのみに利用させていただき、他の目的には使用いたしません。
merumaga.gif ※携帯メールなどで指定受信を設定されている場合は、以下のドメインを受信できるようにご指定ください。「ueno.vc

2015年7月22日 |

ウエノ薬局グループ各店の夏季休業予定をお知らせ致します。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願いいたします。

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。
2015summer.jpg

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

2015summer.pdf

2015年7月22日 | | コメント(0)

雨や涼しい日々から急に暑くなり、学生さんは楽しい夏休み入って今年もいよいよ夏が始まったという雰囲気ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。急な気候変化に身体がついてゆかず、体調など崩されてはいませんでしょうか。
薬局にいらっしゃるお客様からも「今日は朝から暑いね」「畑の作業が大変だよ」などと伺うことがあります。
町内放送でも「熱中症に注意」の放送をよく耳にするようになりました。私も室内で作業に熱中していて熱中症一歩手前のような症状になったことがあるので、やはり「畑の作業が」などと伺うと少し心配になります。
人の身体は恒常性を保つために暑い場所に置かれると血管を広げたり汗をかいたりして体温を下げる機能を備えています。ご高齢のかたは若年に比べそれらの身体の機能が低下し、暑いと感じにくくなったり、汗をあまりかかなくなったりと、体温調節が難しくなってくるためこと注意が必要です。感覚だけに頼らず部屋に温度計を設置して適度にクーラーを使ったり、一度に大量の水分を摂取するのではなくこまめな水分、塩分摂取が大切です。また、お酒には利尿作用があり、身体の水分を外に出してしまう作用があったり、分解する過程で水を消費します。お酒の飲みすぎも要注意ですが、飲んだ後の水分摂取にも気を配りましょう。
水分・塩分摂取も重要ですが、不摂生をしていると熱中症など身体の調子を崩しやすいので総合的な体調管理が大切です。もうどこかで聞いたことのあることばかりかと思いますが、改めて確認し、いつも以上に1日を通して身体のことを考え、楽しい夏の思い出を作ってゆきましょう。皆様の夏のご健康をお祈りしています。


Fotolia_85074347_XS.jpgのサムネール画像

2015年7月14日 | | コメント(0)

太ってきた」
「コレステロールや中性脂肪の数値が高め」
中年以降、増えてくる悩みです。そんな時、食生活でどんな事に気をつけますか? ごはんを食べ過ぎないようにしたり、おやつを減らしたり。脂ののった肉や揚げ物など、いわゆる「油脂」を控える人も多いのではないでしょうか。

サラダ油、バター、肉などに含まれる油脂、つまり脂質はどれも1gで9キロカロリー。少量で多くのエネルギーを生み出し、私たちの体の中で毎日の活動エネルギーとして消費されます。ただし、とり過ぎて使われなかった分は皮下脂肪や内蔵脂肪として体に蓄えられ、これが積み重なると肥満の原因に。また、余分な脂質は血液をドロドロにして、動脈硬化などの生活習慣病を招く要因にもなります。

悪いことだらけのように決めつけられがちな脂質ですが、全くとらないほうがいいのでしょうか?そんな訳ありませんよね。脂質は体のエネルギーとなるだけでなく細胞膜なホルモンの材料となる大切な栄養素。他にも体温を維持したり、脂溶性ビタミンの吸収を助けるなどの重要な働きを担っています。足りないとさまざまな体調不良につながることも。脂質はとり過ぎず、「適量」とることが大切な栄養素なのです。

油脂にはたくさんの種類があります。肉やバターに含まれる飽和脂肪酸は、多くとり過ぎると生活習慣病のリスクを高めますが、オリーブ油などに含まれるオレイン酸、魚の油などに含まれるEPAやDHAといった不飽和脂肪酸のように、悪玉コレステロールを抑え、健康値対策に嬉しいさまざまな働きを持つものもあります。

そして最近注目されているのがココナッツオイル。ココナッツオイルはヤシから抽出された天然成分。植物からとれる油としてはめずらしく、肉の脂やバターなどと同じ飽和脂肪酸を含みますが、ラウリン酸、カプリン酸、カプリル酸などの「中鎖脂肪酸」が多いため健康によいさまざまな働きがあることがわかっています。「中鎖脂肪酸」は消化吸収が不飽和脂肪酸の約4倍、代謝は約10倍の速さといわれ、すばやく効率よくエネルギーに分解され、体内にも蓄積されにくいとされています。さらに「中鎖脂肪酸」は脳のエネルギー源「ブドウ糖」の代わりとなる「ケトン体」という物質の産生に関与して、アルツハイマー型認知症の改善によい働きをすることが期待され研究が進められているそうです。

油を味方につけて、イキイキとした毎日に役立てたいですね。



Fotolia_78239797_XS.jpg

2015年7月 7日 | | コメント(0)

最近、私の中でランニングブームがきています。そもそも、わたしがランニングを始めたきっかけというのは、旦那さんがランニングを始めて、体重が徐々に減っていき、体が引き締まっていくのを目の当たりにしたからです。
 有酸素運動には、ウォーキングや自転車、水泳などいろいろありますが、1番効率的で続けられる有酸素運動がランニングです。筋肉トレーニングで筋肉量を増やして、基礎代謝量を増やすことは、必然的に消費エネルギーが増えて、とても良いように思えますが、筋肉を維持し続けるために、トレーニングの負荷をあげていき、常に目標値をクリアしていくのは誰にでもできるものではありません。
 一方、ランニングは、基本的には誰にでもできますし、自分のペースで行える。もちろん歩いてもいいですし、肝心なのは、それを続けることです。有酸素運動を続けてさえいれば、自然と体脂肪は落ちていくし、いずれは、ダイエットの先にあるスポーツとしての楽しみに出会えるかもしれません。
 痩せることを目標にすると、なかなか続かなかったり、やめてしまうことが多いと思います。そこで、わたしの考えとしては、半年後のフルマラソンにエントリーして、それを目指してランニングを続けることをお勧めします。フルマラソン完走という目標があれば、そして、エントリーさえしてしまえば、人間それに向けて頑張れるものです。
 わたしは、1ヶ月前にランニングを始めたばかりですが、目標に向けて、走れる日にはできるだけ、ランニングするようにしています。その甲斐あって、体が引き締まり、体重が徐々に落ちてきた気がします。
 みなさんも気が向いた時にはぜひ!!おすすめです。

Fotolia_84901680_XS.jpg

page 1

Categories
Instagram @ueno.pharmasy
Instagram

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ