2015年6月30日 | | コメント(0)

私の薬局には、若くて可愛い女性スタッフがいます。
二人とも、若くて綺麗で、何の申し分もありませんが、夏に向けて、揃ってダイエットに励んでいます。
そのままでも十分可愛いのにと思いつつ、私も一緒に過ごしていると、自然とダイエットの知識が身についてしまいました。
 もちろん、食事の制限や運動は基本ですが、意外とストレスがダイエットの敵になるそうです。
ストレスを感じると、食欲を増進させるホルモン、コルチゾールが分泌されるため、ついつい食べたくなってしまうことがあります。
 また、ストレスによって、肌が荒れたり、肩が凝って筋肉が固くなったりするだけでなく、血液やリンパの流れも悪くなるので、代謝も落ちがちです。
 加齢とともにだんだん基礎代謝も低下するので、ストレスフルな状態で数年前と同じように食べていたら、太ってしまうのです。
 また、ストレスによって、ビタミンCが多く失われてしまいます。イライラしたり、疲れたりした時はビタミン群を多く取りましょう。また、カルシウムもストレスにはとり続けたほうがよいビタミンです。特に女性は30代までにカルシウムを多く取って、骨密度も高めておきたいです。
 それから、ターメリックに含まれるクルクミンは、ストレス抑制や肝臓にもよいとされています。夏野菜カレーを食べてから、適度な運動をするのも良いかもしれません。
 何より、女性にとって、綺麗でいたいと思える気持ちは大切だと思いました。
夕方からジョギングしたり、お昼ご飯を少なめにしたりしている彼女たちを目の前に、私も気持ちが若くなるような気がします。ストレスが良くないと知ってしまった以上、職場でもなるべく嫌なストレスは無くそうと思います。
 私は食欲には今のところ勝ててはいませんが、その心意気は、一緒に応援しています。頑張れ!女の子!

Fotolia_76872509_XS.jpg

2015年6月25日 |

ウエノ薬局ほっと通信 Vol.61を発刊しました。各薬局でも配布いたします。

7月号は「夏バテの予防に、旬のとうもろこし!!」の話題です。是非ご覧ください。

ueno-hot061.jpg

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

merumaga.gif

ウエノ薬局ほっと通信の更新情報をメールにて配信しています。配信ご希望の方は「ほっと通信配信希望」と明記の上hot@ueno.vcまでメールをお送りください。

※ご記入いただきました個人情報(メールアドレス)につきまして、株式会社ウエノより情報提供させていただく場合にのみに利用させていただき、他の目的には使用いたしません。
merumaga.gif ※携帯メールなどで指定受信を設定されている場合は、以下のドメインを受信できるようにご指定ください。「ueno.vc

2015年6月23日 | | コメント(0)

今年のゴールデンウィークは家で庭の草取りや植木の世話をして過ごしました。
調子に乗って、野菜を育ててみようと思い立ち、オクラとブロッコリーの苗を植えました。朝の水やりを続け、順調に育っていく野菜をみて、食べるのを楽しみにしていました。
 ところが、突然、ブロッコリーの葉にたくさんの穴が出現しました。あれ、何だろう???と思っていたら、翌日には、見るも無残に葉っぱが食い荒らされてしまいました。葉っぱを良く見てみると、青虫が大量に発生しています。娘に話すと「今年はブロッコリーを諦めて、青虫を蝶にしてあげればいいじゃん」との返事・・・
残念では有りましたが、娘の言葉に従い、青虫達の為に、ブロッコリーの水やりを続けました。虫達はいつのまにか、さなぎに成り、蝶に飛び立ったようです。家の植木鉢には、食べ尽くされたブロッコリーの芯だけ残っています。

来年は蝶に見つかる前に、ネットをして、育ててみようと思っています。今年はオクラだけで我慢、我慢。


Fotolia_85181223_XS.jpg


2015年6月18日 | | コメント(0)

2年前にアロマテラピー検定をとったので夏にむけアロマ・ハーブを活用したいと思います。
 
ハーブとは
 ハーブとは私たちの暮らしに役立つ植物のことです。ハーブという言葉はラテン語で「草」という意味のherba(エルバ)からきています。日本語では「香草」「薬草」と訳されます。ハーブに近い言葉にスパイス(薬味、香辛料)があります。
厳密な違いは難しいのですが、ハーブは主に地中海沿岸地域原産で、花や葉など比較的柔らかい部分を使用します。
広い意味ではスパイスもハーブの一部と考えられます。
日本にもシソ、ショウガ、ニラ、セリ、ミズナなどのハーブがあります。
ハーブはそのままでも香りますが、葉や花に触れたりこすったりすることで香りが強くなります。
それはハーブの香りのポケットから香りがはじけるためです。

◉夏の消化力アップにむけ
毎年、強烈な山梨の夏に、夏バテをして食欲がなくなってしまう私ですが、今年はハーブを使って体力や体重を落とさないようにしようと思います。
ショウガなどは特に消化を助ける働きがあるそうです。食前30分にショウガを食べる、または、熱湯にスライスショウガを浮かべ、香り・味がでたら飲むなどもいいそうです。また、ミント、カモミール、ハイビスカス等も消化促進のバーブティーになるそうです。
食欲が落ちてきたと言うときにはレモングラス。消化促進作用があり、食欲不振、腹痛、お腹の張りなど胃腸に優しいハーブでまた集中力を高めてくれる効果もあるので、暑くてぼんやりしてしまうという人にもおすすめ。
古くから胃弱体質の方に飲まれてきたペパーミントも、夏バテには効果的で胃もたれ、消化不良、膨満感、吐き気などをやわらげてくれます。
◉夏に気分転換アロマ
ネロリはストレスを和らげて精神をリラックスさせる。ラベンダーは眠りを誘い精神を安定させる。レモンは心を元気づけリフレッシュさせる。ローズマリーは心身をすっきりさせてやる気にさせるなど様々なハーブ・アロマ活用法があります。

身近なハーブやアロマを使って山梨の夏を乗り切りましょう。


Fotolia_72062821_XS.jpg



2015年6月 9日 | | コメント(0)

年に1度の健康診断が近づいています。かなりメタボが気になる年齢なので、毎年この時期になると憂鬱になります。
わかっています、毎日の努力の積み重ねが大切だということは・・・。でもなんとか楽に短時間でダイエットできる方法はないものか、色々ネットで調べていると、『寝るとやせる』という文字を見つけてしまいました!

どういうことかというと、食欲は、胃から分泌される「グレリン」(食欲増進ホルモン)と脂肪細胞から分泌される「レプチン」(食欲抑制ホルモン)という2つのホルモンでコントロールされています。人はお腹がいっぱいになると食べるのをやめますが、このお腹がいっぱいと感じるには、レプチンが脳の満腹中枢を刺激する必要があります。それが睡眠不足になると、食欲を抑えるレプチンが減り、逆に食欲を増進されるグレリンが増えてしまうので、食べ過ぎてしまうということです。しかもグレリンが増加すると、スイーツや塩気の強いものや高カロリーの食事を好むという傾向が現れるそうです。
つまり、寝不足になると食べ過ぎてしまうばかりか、食事の内容も太りやすいものを好むという結果になってしまいます。
さらに、寝ている間もエネルギーは消費しています。寝ている間のエネルギーは、体内に蓄えられたブドウ糖や脂肪からつくられています。でも寝ていないならエネルギーを作る必要もないので、脂肪はなくなりません。
また、傷ついたり古くなった細胞は、寝ている間に成長ホルモンによってあたらしい細胞に生まれ変わります。それにもエネルギーが必要です。この成長ホルモンが多く分泌されるのは、夜の10時から午前2時までの間で、睡眠から2時間後の深い睡眠状態の時だそうです。寝る時間が遅くなれば、成長ホルモンの分泌も悪くなります。

睡眠時間もさることながら寝る時間も大切ですね。でも私はちゃんと寝ているので寝ているだけではだめみたいです。運動をしたり食事制限をしたり、ちゃんと努力しているのに痩せないという方は、もしかしたら睡眠が関係しているかもしれません。一度睡眠を見直してみましょう。



Fotolia_70798024_XS.jpg

2015年6月 2日 | | コメント(0)

昨年我が家に息子が誕生し、1歳の誕生日を迎えるまで大きな病気ひとつせずすくすくと育ってきました。しかし保育園に入った途端、3日に1回は熱を出し、鼻水・咳は常に出ている状態に。そしてついにゴールデンウィークに初めての高熱を出しました。今まで病気や薬に携わってきたのにいざ自分の息子で体験すると、連休と初めての高熱ということもあり慌てふためいて救急のお世話になってしまいました。
赤ちゃんの発熱について色々と調べていると突発性発疹の病名が数々あがり、赤ちゃんの高熱にポピュラーの病気だということがわかりました。
突発性発疹とはヒトヘルペスウイルス6型が原因で季節を問わずに発症し、はしかや水疱瘡ウイルスほどは感染力が強くない病気です。90%は1歳未満でかかり、特に生後6か月から1歳くらいまでにかかる赤ちゃんが多いようです。一度かかると再びかかることはほとんどありません。どの子もかかる病気と思われていますが、2~3歳までにかからなければほとんどかかることはありません。
症状は急に38~39℃、時には40℃近い高熱を出します。高熱のわりには元気で、熱は3~4日続いたあと、平熱ぐらいに下がります。それと同時期におなかや背中を中心に赤い発疹が出て、全身に広がりますが、2~3日から長くても1週間以内で消えあとに残りません。突然高熱で発症するため、風邪やはしかと間違えることがありますが喉や鼻の症状はありません。下痢を伴うことはあります。口の中に小さな赤い斑点があることが大きな違いですが、実際には医師にも見分けにくく、発疹が出ないと診断がつかないことがほとんどです。赤ちゃんにとって初めての発熱であることが多く、お母さんたちをあわてさせることになることが多いです。家庭でのケアは、水分補給に気を付けながら安静にし、発熱時の一般的なケアを心がければ大丈夫です。高熱が続きますが、機嫌が悪くなければ大丈夫です。ぐったりして顔色が悪い、水分が十分にとれていない、けいれんを起こしたといった場合は受診するようにしてください。

Fotolia_83030446_XS.jpg






page 1

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ