2015年2月25日 | | コメント(0)

今からおよそ300年前、江戸時代の中頃に 『養生訓』 という優れた健康指南書が、出版されていたことをご存知ですか?

世界有数の長寿国となった 日本。その一方で、死ぬまで病気やケガをせず、健康な生涯をまっとうできる人はまだ少なく、将来の医療費の増大が懸念されています。そこで今問われているのが、セルフメディケーション。健康を損なわないよう、日頃から自分自身で体に気をつけるというものです。そこで今見直されているのが 養生 という考え方なのです。

其の一 飲み食いの心得
人の体は、食べたものでつくられます。つまり、健康を考える上で最も大切なのは食事。いかに 欲 を抑えるかがポイントです。腹八分目 を意識して、食生活をコントロールするようにしましょう。お酒もほどほどに。週二回の休肝日を設け、肝臓を休めるのも大切。そして同じものばかりに偏らず、いろいろなものをバランスよくいただきましょう。

其の二 暮らしの心得
健康な体は、規則正しい暮らしの賜物。行動が変わると、体の状態も変わります。日々の習慣を意識して行うことが大切。まず毎日の適度な運動を心がけてみませんか? また、元気な体を維持できるのは、心に元気があってこそ。自らの心の声にも耳を傾けて、趣味や生きがいなど楽しみを見つけるのもいいかもしれません。

其の三 老いの心得
誰もが迎える 老い。元気な心と体のキープが、人生を楽しむ秘訣! 「病は気から」という教訓は、そのまま 老い にも当てはまります。加齢に伴う体力や見た目の衰えは、歳を重ねると誰もが経験することですが、気持ちが落ち込むことで老いはさらに進みます。老いは避けられませんが、いつまでも夢や目標を持ち続けるなど心の持ち方や行動次第で、いくらでも人生を楽しむことができます。無理せず、自分らしく上手に老いと付き合っていけるといいですね。

現代にも通じる この教え!色あせない数々の教え!現代を生きる私たちにも活かすことができる 健康づくりのヒント がたくさん詰まっています。健やかな毎日に少しでも役立てば...と思います。


300px-Youjyoukun.jpg

2015年2月25日 |

ウエノ薬局ほっと通信 Vol.57を発刊しました。各薬局でも配布いたします。

3月号は「春の免疫力を高める独活(ウド)の魅力!」の話題です。是非ご覧ください。

ueno-hot057.jpg

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

merumaga.gif

ウエノ薬局ほっと通信の更新情報をメールにて配信しています。配信ご希望の方は「ほっと通信配信希望」と明記の上hot@ueno.vcまでメールをお送りください。

※ご記入いただきました個人情報(メールアドレス)につきまして、株式会社ウエノより情報提供させていただく場合にのみに利用させていただき、他の目的には使用いたしません。
merumaga.gif ※携帯メールなどで指定受信を設定されている場合は、以下のドメインを受信できるようにご指定ください。「ueno.vc

2015年2月18日 |

Fotolia_27037618_XS.jpg

ウエノ薬局グループは3月15日〈日〉イオンモール甲府昭和で行われますピンクリボンフェスタ2015に協賛いたしております。当日は参加自由の「女性にうれしい!!」コーナーやマンモグラフィ検査を受けることもできるイベントも行われます、ぜひご来場ください。

        

ピンクリボンフェスティバルは、 

「乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝える」ことをビジョンとするキャンペーンです。 


ピンクリボンとは.....

ピンクリボンとは、乳がん啓発活動を表す世界共通のシンボルです。「乳がんで悲しむ人を一人でも減らしたい」との想いから1980年代にアメリカで発祥し、2000年ごろから日本でも盛んになってきました。乳がん検診の早期受診を呼びかけるために、行政、市民団体、企業などが独自のピンクリボンマークを掲げ、様々な活動を行っています。私たちが主催するピンクリボンフェスティバルもそのひとつです。
 


↓クリックでラジオCMが再生されます。

※2月15日(日)~3月14日(土)までUTYテレビ山梨で協賛テレビCMと告知CMを放映しております。

2015年2月17日 | | コメント(0)

節分には豆をまきますが、これは中国の習俗が伝わったものとされています。豆は「魔滅(まめ)」に通じ、
無病息災を祈る意味があります。昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目
に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残っており、「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるということです。

大豆は畑の肉と言われることがありますが、なぜそのようによばれるのでしょうか?

1712年にオランダの植物学者ケンペルがヨーロッパに大豆を伝えました。その後ドイツで、大豆は「畑の
肉」とネーミングされました。それは、大豆が肉に匹敵する量のたんぱく質を含んでいることがわかったか
らです。

日本人は古くから、米、魚、大豆などを食べ続けており、大豆をうまく食生活に取り入れてきたことも、現
在の長寿につながっていると考えられます。
大豆には、脂質、炭水化物、食物繊維、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ビタミンE、
ビタミンB1、葉酸など様々な栄養素が含まれます。一方、大豆はコレステロールを全く含んでいません。
このようなことから大豆は自然のバランス栄養食ともいえます。

健康なからだをつくるには栄養バランスのとれた食事が欠かせません。食事の栄養素はバランスよく摂取す
ることで効果的に働きます。栄養バランスを整え、寒い冬を美味しく乗り切りましょう。



Fotolia_62667801_XS.jpg

okusuri.jpg

お薬手帳はみなさまにとって一番身近なカルテです


いま服用してる薬の名前と、種類と、数量をすぐ言えますか?


tukaikata.jpg



tukaikata1.jpg
お薬手帳とは、病院や薬局でもらった薬を記録していく手帳のことをいいます。いつ、どこで、どのような薬を、どれくらいの量飲んだかなど、過去の薬の記録(服用歴)が一目で分かるようになっています。また過去の病気の記録(病歴)や、体質(アレギー歴)、飲んで体に合わなかった薬(副作用歴)等も記録できます。言ってみれば、患者様ご自身が管理して、いつでも持ち歩ける便利なカルテのようなものです。



tukaikata2.jpg
例えば、ある人が頭が痛くて病院にかかって頭痛薬を処方されます。そして同じ人が次の日、歯医者さんで痛み止めの薬を処方されたとします。その時、事前に歯医者さんに「頭痛薬を飲んでいます」と伝えておけば、歯医者さんは頭痛薬と重ならない薬の処方を考えます。
しかし、患者様が何の薬を飲んでいるか忘れて伝えられなかった場合には、歯医者さんはそれを知らずに、頭痛薬と同じような効果を持つ痛み止めを処方するかもしれません。もし、そのまま頭痛薬と痛み止めを一緒に飲んでしまったら同じ効果の薬を倍の量飲むことになり、副作用が現れる危険性も高くなります。もちろん、医師や薬剤師が事前に確認はしますが、そこでお薬手帳を持っていれば、何の薬をどれくらい飲んでいるかがすぐに分かりますので、同じような薬が処方されることを避けることが出来るのです。



tukaikata3.jpg
他にも使い方次第で非常に役立つケースがたくさんあります。

  • 飲み合わせ
  • 複数の病院にかかって多くの薬を処方されていたり、市販薬を買って飲んでいる場合、薬の飲み合わせによっては効果が強く現れて副作用が出たり、逆に弱まってしまうこともあります。お薬手帳を事前に見せて、医師や薬剤師に薬の飲み合わせをチェックしてもらいましょう。

  • 合わなかった薬
  • 薬を飲んだ時に副作用が出たり、合わないと感じることがあった場合、その薬とその時の症状など書き込んでおきましょう(もしくは、書いてもらいましょう)。いつもと違う病院や薬局に行った時には、お薬手帳を見せて、あなたに合わない薬を事前にチェックすることができます。

  • 変化をチェック
  • 薬を飲んだ時の症状の変化を記入しておきましょう。例えば、「この薬を飲んだらよく効いて楽になった」「だるくなった」「のどが渇くようになった」「眠くなった」など、まめに日記のように書いておきましょう。また、次回受診するときのために、相談したい内容をかいておくのもオススメです。



tukaikata4.jpg
techou.jpgなくなると困る薬、例えば血圧や心臓の薬などをお使いの方、お薬でアレルギーなどを起こした事のある方などは、ご用意しておくことをお薦めします。特にアレルギーは1度目より2度目の方が強く出ると言われていますので、記録しておけば安心です。小さなお子さまも、大人より病院にかかる回数が多いことや、自己管理もなかなか難しいので、あった方が良いと思います。
また、毎回同じ薬だとしても、飲んでいる間隔や最後にもらったのはいつかということも、治療の経過を確認する上でとても大切な情報になりますので記録はかかせません。最近では、ジェネリック医薬品が増えているために、同じ作用の薬であっても、名前の違うものが何種類もあり、こちらにも注意が必要です。



tukaikata5.jpg
もし、阪神大震災や東北大震災で起きたような大災害が発生した時に、みなさんは何を持って非難しますか?お財布、通帳、印鑑などがまず頭に浮かんだのではないでしょうか。勿論、大切なものなのですが、もう一つ忘れてはいけないものがこのお薬手帳です。薬自体を持ち出すことも重要ですが、「自分が何の薬をどのような飲み方で使っているのか」という情報も極めて重要になってきます。避難先で飲んでいる薬の情報が瞬時に分かるので、安全が確保された環境で改めて検査などをしなくても、これまで使っていたものと同じ薬をそろえることが出来ます。実際に被災地で、数多くの方の助けとなり、大きな役割を果たしたのがお薬手帳の存在だったそうです。避難所を転々とされた方も、行く先々でこのお薬手帳を見せることで、何の病気でどの薬が必要かをすぐに分かってもらえたそうです。ぜひこの機会に一人一冊お薬手帳を持ちましょう。

2015年2月10日 | | コメント(0)

2月14日はバレンタインデーでしたね。みなさんは好きな人や旦那さんにチョコレートをあげましたか?最近では友チョコといって友達同士でチョコレートをあげることも普通になっていますね。私は去年、たまたま知り合いの方に誘われて、バレンタインのチョコレート作りに参加してきました。その時のレシピはチョコレートムースのケーキだったのですが、用意された材料をお料理教室の先生に言われた通り混ぜていき、できあがったときにはプロ並みの素敵なケーキになっていました。恥ずかしながら、ほとんどスタッフの人に手伝って頂き、私はただ混ぜてデコレーションしただけという感じです。旦那さんにはあたかも自分で作ったように話し、喜んでもらえましたが、内心、心が痛かったです(笑)。
 さて、今回はバレンタインにちなんでチョコレートについて調べてみました。チョコレートは『甘くておいしいお菓子ですが、食べ過ぎると太ってしまう』というイメージがあると思います。しかし、チョコレートにはポリフェノール(コレステロールの酸化を防ぎ動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果的と言われている)やテオブロミン(自律神経を調節する作用もあるので緊張を和らげリラックスさせる)、ブドウ糖(脳にとって最も効率のよい栄養)、食物繊維(便通を改善し、肌荒れを防ぐ)といったカラダにとって嬉しい成分がたくさん含まれているそうです。
 では、チョコレートをたくさん食べれば体にいいの?と言われると、それは間違いです。体にとって嬉しい成分がたくさん含まれているからといって、カカオバター=脂質や糖分=砂糖がたくさん含まれている高カロリーなチョコレートを食べ過ぎてしまえば、太る原因になりますよね。
 適度な量をとることがよいそうですよ。疲れたときの休憩として、少し食べると気分が落ち着きますし、良質なカカオのチョコレートですと、ダイエットにもよいそうです。
 バレンタインにたくさんチョコレートをもらったからといって食べ過ぎには注意しましょう。チョコをちょこっとずつ食べるのがよいそうです。わたしも食べ過ぎには気をつけます。



Fotolia_75915927_XS.jpg



2015年2月 3日 | | コメント(0)

私の薬局には、若くて可愛い女性スタッフがいます。毎日、彼女たちとお仕事をしているのですが、いつも思うことは、とても笑顔が素敵です。
 寒い朝や、忙しいときでも、ふと顔を上げた瞬間に相手が微笑んでいてくれると、とても心が穏やかになります。毎日、笑顔で接してくれる同僚に、密かに感謝しながら、綺麗な笑顔は本当に素晴らしいと思いました。

 人間は、人とのコミュニケーションを取るときに、笑顔になるそうです。
また、何気なく微笑んでいるだけでも、免疫力を高めたり、自己治癒力を高める効果や老化防止などの美容的な効果もあるようです。
 笑うことで、脳からの刺激が神経に伝わり、神経ペプチドという免疫機能活性ホルモンが分泌されるそうです。
神経ペプチドの影響で、ナチュラルキラー細胞という細胞が活性化されて、ガン細胞などを死滅させ、自己治癒力を高めたり、免疫力が高まるそうなのです。

 いつも、明るく、健康で過ごす秘訣は、優しい笑顔かもしれません。
話しをすると、癒されたり、暖かさが伝わったり、信頼も深まると思います。彼女たちの優しさを映し出せるように、鏡になれるように頑張ろうと思いました。
 私も、彼女たちを見習って、素敵な笑顔をいつも持ち合わせていたいと思います。

Fotolia_76229195_XS.jpg

page 1

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ