2014年11月25日 | | コメント(0)

先日、知り合いの薬剤師から「2025年問題とはなんですか?」と尋ねられました。
初めて耳にする方もいらっしゃると思いますが、11年後の2025年に何が起こるのかと言いますと、
「超高齢化社会」です。終戦後の1947~1949年の間に多くの赤ちゃんが誕生しました。現在の出生数が約103万人に対してそのころの出生数は250万人を超えていたそうですから、現在の倍以上の赤ちゃんが誕生していたことになります。
その時に誕生された方々は「団塊の世代」と呼ばれて、これまでの日本経済を支えてこられた方々です。
現在65歳を超えて10年後には医療保険では「後期高齢者」となります。 
新聞やテレビでも頻繁に話題になっておりますが、今までの社会保障制度の存続が不安視されています。そこで政府が動き出したのが、在宅療養の推進でした。急性期疾患で病院に入院し、回復後は在宅療養に切り替えていく方法です。がん患者様や認知症の方、脳梗塞などの方が住み慣れたご自宅で安心して療養を続けていかれるように包括支援という医療関係者と介護関係者が協力して在宅の患者様をサポートするシステム作りを進めています。
一昨日、当薬局をご利用して下さっている74歳のご婦人が「そろそろ足も不自由になって先生の所まで来るのも辛くなって来ました。往診を考えて欲しいと今日話したのですが、先生に「もう少し頑張って来て下さい」と言われてしまったのよ。」と笑ってお話しされました。そして「でも、病院まで本当に来られなくなった時には、薬局の人にも家まで来てもうことになりますね」とお話しされたのを伺い、まだ在宅療養に関わった経験がない私にとって、このご婦人が私の第一号の患者様になられるのかな?とふと思いながら、お見送りを致しました。
いつまでも健康で生活して頂けることが何よりですが、薬剤師として望まれたときはいつでもご自宅にお伺いして服薬支援が出来る準備が必要だと改めて感じた瞬間でした。

PK2014020502100079_size0.jpg
画像:東京新聞TOKYO Webより

2014年11月25日 |

ウエノ薬局ほっと通信 Vol.54を発刊しました。各薬局でも配布いたします。

12月号は「年末年始太りしない先手ダイエット7か条」の話題です。是非ご覧ください。

ueno-hot054.jpg

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

merumaga.gif

ウエノ薬局ほっと通信の更新情報をメールにて配信しています。配信ご希望の方は「ほっと通信配信希望」と明記の上hot@ueno.vcまでメールをお送りください。

※ご記入いただきました個人情報(メールアドレス)につきまして、株式会社ウエノより情報提供させていただく場合にのみに利用させていただき、他の目的には使用いたしません。
merumaga.gif ※携帯メールなどで指定受信を設定されている場合は、以下のドメインを受信できるようにご指定ください。「ueno.vc

2014年11月18日 | | コメント(0)

今年の10月から肺炎球菌ワクチンの予防接種が高齢者を対象とした定期接種として公費助成が受けられるようになりました。現在、テレビでもたびたび放映されているので目にした方も多いのではないかと思います。肺炎は日本人の死因第3位で、その多くは65歳以上の高齢者だといわれています。
 肺炎球菌感染症とは、肺炎球菌という細菌によっておこる病気です。日常でかかる肺炎の原因菌の中で一番多いものです。ただし、肺炎球菌には多くの型があるので予防接種ですべての肺炎球菌に効果があるというわけではありません。
 今回の定期接種には対象となる年齢があり、過去に接種を受けた方は対象外になるなどの注意点があるので市町村や主治医の先生に相談してください。残念ながら我が家の高齢になった両親は数年前に接種をしたので対象外でした。
 もちろん予防接種をしたから安心というわけではありません。日ごろからうがい、手洗いなどの感染予防につとめ、持病の治療を行い、規則正しい生活をして体の抵抗力を高めるように心がけましょう。

Fotolia_65880175_XS.jpg

2014年11月13日 |

当社では、お客様(患者様)のご意見を素早く業務に反映させるため、全薬局で「お客様満足度アンケート」を実施しております。2014年9月より10月まで2ヶ月間のアンケート結果を公表いたします。
アンケート結果を真摯に受け止め、毎日の業務に反映させ、日々前進の気持ちをもって業務に精励しております。

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。
201410.jpg

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

2014年11月11日 | | コメント(0)

世界糖尿病デーをご存じですか?
2006年12月に国連総会で制定された国際デー(記念日)で、インスリンの発見者であるフレデリック・バンティング博士の誕生日にあたる11月14日には毎年、世界各地でブルーライトアップを灯す行事が行われたり、この日の前後には糖尿病の予防や治療、療養に関するイベントなどが開催されたりしています。山梨県では、甲府駅南口の信玄公像がライトアップされる予定になっています。
このような活動が行われている背景には、糖尿病が疑われる人たちが治療を受けていないケースが多くあるという実態があります。糖尿病はかなり病気が進行しないと自覚症状が現れないため、治療が軽視されてしまうことが要因とされています。
この機会に、生活習慣について振り返り、健康について今一度見つめ直してみるのはいかがでしょうか。

Fotolia_72649428_XS.jpg

2014年11月 5日 | | コメント(0)

アメリカでは11月の第4木曜日。
日本語では感謝祭。
この言葉の発祥の地へ訪問したのでちょっとメモってみました。
ここはプリマス。
ボストンから電車で1時間くらい。
今でも鄙びた静かな小さい海岸の町です。
そう、清教徒がメイフラワー号で着いた場所です。
船から初めて上陸した時に足を下したと言われる石(プリマスロック)が、1620の数字を刻まれて、小さなギリシャ風神殿の中に置いてありました。
メイフラワー号は有名ですが、実は清教徒の入植は初めてでなく、それ以前、何回も試みられていたのです。しかし、厳しい自然相手に自給自足の生活を続けることが出来なくて失敗が続いていました。
そして、入植に初めて成功したのがメイフラワー号に乗ってきた人々だったのです。
ここからいわゆるアメリカの歴史が始まったのです。
で、感謝祭。
メイフラワー号の入植者は先住民に現地で栽培できる食料を教えてもらうなど協力を得て開墾し、翌年豊作になり冬を越せるだけの食糧を確保出来たのです。
その作物の収穫を喜び入植者は先住民を招き感謝を込めて祝い集まったのが感謝祭の起源とされています。
日本で良く使われる収穫祭とは違い、アメリカ人にはもっと特別な意味がある日だったのですね。
追記
ドラッグストアを覗いてみました。
処方箋は扱わないチェーンらしく、棚に陳列されているものも日用雑貨が多いですね。
薬品コーナーは日本の様にカラフルじゃなく種類も少ない気がしました。
いつも使っている育毛剤を1/3の値段でゲット!!

27thanks.jpg

page 1

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ