YBSラジオで11月1日からウエノ薬局グループの第4弾となる新CMがオンエアされます。

放送スケジュールは下記のとおりです。是非お聞きください。

《ラララ♪モーニング》内

Fotolia_33762897_XS.jpgのサムネール画像
  • 月曜日 午前8時20分頃~道路交通情報
  • 火曜日 午前7時44分頃~道路交通情報
  • 水曜日 午前7時35分頃~ニュース・ヘッドライン
  • 木曜日 午前8時25分頃~道路交通情報
  • 金曜日 午前8時52分頃~YBSニュース












第4弾「魔法の藥」Vol.2篇

2014年10月28日 | | コメント(0)

先日、市の健康診断を受診し、結果説明会に参加してきました。

7年ほど身長を測定していなかったので、今回測定したらなんと1cmのびていました!縮んだと思っていたので嬉しかったです。

説明会では保健士や栄養士の方が検査結果の見方や近年の動向・運動・食事についてお話をしてくれました。

平成22年の国民健康、栄養調査で山梨県は1日の食塩摂取量が男女ともに日本一だったそうです。平成24年には全国で5番目になりましたが、まだまだ塩分摂取が多い県のようです。

食塩の過剰摂取は、高血圧の原因になる、動脈硬化を進行させる、胃ガンのリスクを高めるなどの要因となる為、塩分は取りすぎないよう心掛けることが大切です。

自分の血液検査の結果をみると全体的にほぼ正常範囲内ですが、悪玉コレステロールが毎年徐々に上昇傾向でした。甘い物や味の濃い食べ物が大好きな私は、説明会を聞いて改めて自分の生活を見直さなくてはいけないなと思いました。

kenshin.png

2014年10月25日 |

ウエノ薬局ほっと通信 Vol.53を発刊しました。各薬局でも配布いたします。

11月号は「食欲の秋!!イチジクたべて胃腸をサポート」の話題です。是非ご覧ください。

ueno-hot053.jpg

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

merumaga.gif

ウエノ薬局ほっと通信の更新情報をメールにて配信しています。配信ご希望の方は「ほっと通信配信希望」と明記の上hot@ueno.vcまでメールをお送りください。

※ご記入いただきました個人情報(メールアドレス)につきまして、株式会社ウエノより情報提供させていただく場合にのみに利用させていただき、他の目的には使用いたしません。
merumaga.gif ※携帯メールなどで指定受信を設定されている場合は、以下のドメインを受信できるようにご指定ください。「ueno.vc

2014年10月21日 | | コメント(0)

先週久しぶりに風邪を引いてしまったので風邪(症候群)について触れたいと思います。
風邪は主にウイルス感染により起こります。感染を起こすと、ウイルスを排除しようとして体が反応することで不快な症状が現れます。発熱してウイルスを弱らせたり、鼻水や咳で体の外にウイルスを出そうとしたりしているのです。
風邪の症状が辛いときに病院で処方してもらったり市販で買ったりする風邪薬には、実はウイルスをやっつける効果はないということを御存知でしょうか。お薬で嫌な症状を和らげることはできますが、実際には皆さんがそれぞれ持っている自然治癒力で風邪を治しているのです。対症療法という言葉をお聞きになったことがあると思いますが風邪の治療はまさにこの対症療法であり、出ている不快な症状を和らげていくような治療のことを言います。「抗生物質は風邪に効く?」と患者様から聞かれることがありますが抗生物質で風邪のウイルスをやっつけることはできません。風邪薬と一緒に抗生物質が処方されるのは、風邪のウイルスと一緒に細菌に感染してしまうことがあり、細菌をやっつけるために処方されているのです。
風邪薬をむやみに使うべきではないという考え方があります。風邪のときに起こっている症状は生体の防御反応であり、薬で抑えてしまうことで本来の免疫力が十分に発揮されず、結果として治癒が遅くなってしまうことがあるということです。この考え方に間違いはないと思いますが、症状が強い場合は辛いので薬が必要になることもあると思います。実際、私も今回は解熱剤を飲んで熱が下がったら体がとても楽になりました。必要以上に薬を使う必要はないですが、上手に使うということが大切ですね。
体調を崩すと健康でいることが幸せなことだと毎回思い知らされる今日この頃でした。

Fotolia_71530736_S.jpg

2014年10月14日 |


弊社が制作に協賛いたしました "救急救命法DVD『目の前のあなたしか救えない命』"が山梨県内の市町村や山梨県の管轄する施設に配布されました。 

また、ウエノ薬局グループでは、万が一の時のために、全店にAEDを備えており、その使用方法についても定期的に研修会を行っています。

TOPページでも救命法の必要性を御覧いただけます。

2014年10月14日 | | コメント(0)

ひと月ほど前から、次男のアレルギー性鼻炎の症状がひどいです。見ていて かわいそうになるくらい。
今年はまた特にひどい。サッカーの試合のあとは 鼻水は出っぱなし・・・目は 掻きすぎて腫れてしまい・・・。
ボロボロです。

日本人の3人に1人は  「季節性アレルギー性鼻炎 」 。
いわゆる花粉症については、春のスギ、ヒノキのイメージが強いのですが、実は秋にも原因となる花粉はあるのです。
多くは空き地などに繁殖する雑草で、ブタクサやヨモギなどキク科の植物や、アサ科のカナムグラ、イネが代表的なもの。
これらの草が開花期を迎える9~11月に花粉が飛散し、花粉症を引き起こします。

花粉以外の秋のアレルゲンとして意外と知られていないのがハウスダスト。
ハウスダストとは室内にたまるホコリのことで、その中にはダニや、その死骸や排泄物、カビなどが含まれます。秋は蛾やダニ、ユスリカ、ゴキブリなどのアレルゲンがもっとも多くなる季節でもあるのです。
夏に繁殖したそれらの死骸が粉状になったものを吸入することにより、アレルギー性鼻炎が引き起こされることがあります。

秋は季節の変わり目にあたるため、風邪も発症しやすく、鼻水やくしゃみを風邪だと思い込んでしまう事もありますので、
症状の起こる時期や熱の有無などをみて、早めに受診するのがいいかもしれません。

そして こまめに お掃除!ですね。

fotolia_70081941.jpg

2014年10月 7日 | | コメント(0)


わたしは今ダイエット中です。ダイエットというと、食べなければ痩せると思っていたのですが、実際に食事についていろいろ調べてみると、欠食は太る原因になるということがわかりました。
 その理由の一つは、栄養の偏りによる代謝の低下だそうです。例えば、朝食抜きを繰り返したり、野菜しか食べないという生活を続けていると、逆に太る原因になるということです。体は栄養不足=飢餓状態と判断してしまい、非常時に備えて肝臓に脂肪を蓄えようとします。さらに、卵やチーズ、牛乳などのタンパク質の摂取が不足すると、肝臓が自ら作り出した中性脂肪を保持。肝臓の中には脂肪がいっぱいになり、脂肪肝へ一直線。そうすると、肝機能が低下、連動して代謝が下がり、脂肪がどんどん蓄積されてしまいます。
 さらに、体が非常事態と感じるのは栄養不足だけではなく、睡眠不足もそのひとつだそうです。睡眠不足の状態では、満腹を感じるホルモン「グレリン」の分泌が増加。満腹を感じにくい上に食欲が増すため、自然に食べ過ぎて太ってしまいます。
 以上のことをふまえて、わたしは1日3食バランスを考えた食事をとり、しっかり睡眠時間をとることにしました。旦那さんも同じ食事をとっているのですが、少しずつではありますが、前に比べて体重が落ちてきています。
みなさんも痩せたいと思ったときには、無理なダイエットはせず、しっかりとした食事と睡眠から太りにくい体づくりを目指しましょう。

dai.png

page 1

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ