2013年12月30日 | | コメント(0)

明日は大晦日、今年も終わりです。
大晦日といえば年越し蕎麦ですね。
年越し蕎麦は江戸時代には定着していたようで、蕎麦は他の麺類よりも切れやすいことから「今年一年の災厄を断ち切る」という意味や、長く伸ばして細く切って作ることから、細く長くということで「健康長寿」といった縁起をかつぐなど、様々な説があるようです。
蕎麦に含まれる「ルチン」は、毛細血管を強くして内出血を防ぐ働きがあり、昔から蕎麦を食べると脳溢血になりにくいと言われていました。最近の研究では、血圧降下作用や、膵臓機能を活性化させ糖尿病の予防にも効果があることも報告されています。特に、ビタミンCと一緒に摂ると、毛細血管の強化作用がさらに強められるので、蕎麦を食べるときは、ビタミンCを多く含む野菜や果物を一緒に食べるといいでしょう。
関西では、蕎麦よりうどんが好まれるため、蕎麦ではなくうどんを食べるところもあるそうです。蕎麦が「細く長く」だったら、うどんは「太く長く」といったところですね。蕎麦アレルギーの方も、年越しうどんで無病息災を願ってはいかがでしょうか。

最近では年越し蕎麦を食べない人も増えているそうです。子供が大きくなると、家族そろって食卓を囲む機会が減り、家族のコミュニケーション不足につながるという問題も指摘されています。大晦日は、家族全員で年越し蕎麦をすすりながら、1年の色々な出来事を振り返り、無事に新年を迎えられることに感謝したいものです。

今年1年間、薬剤師ブログを読んでいただきありがとうございました。
来年も薬剤師の立場から様々な想いを綴っていきたいと思いますのでよろしくお願いします。
良いお年をお迎えください。

Fotolia_58726140_XS.jpg


2013年12月25日 | | コメント(0)

とうとうと言うか、やっと出たのという感じで、NHKの朝ドラに「花子とアン」。
村岡花子、日本で親しみのある「赤毛のアン」の翻訳者です。
県立美術館と並んである文学館にも展示されていますね。
アニメにもなり「赤毛のアン」は日本で親しまれている小説なのですが、意外と地元出身の翻訳者である村岡花子は知られていないようです。
アンは孤児だったので他人の子供の世話をしたり普通の子供と違った育ち方をしたり空想の大好きな女の子でした。色々な経験をしていたので、グリーンゲイブルス(緑の切妻屋根)に来てから親友になったダイアナの妹ミニー・メイが咽頭炎になったのを助けたりします。
この時にミニー・メイに飲ませたのがイピカク(吐根)これは民間薬ですが、こんな所に反応するのが薬剤師なのでしょうか?
生薬学の中の出てくるのですが 
吐根・Cephaelis ipecacuanha ケファエリスイペカクアンファ と丸暗記したものです。
(今では副作用が強くて使用禁止になっているそうなので注意してくださいね。)
生薬学で習ったものでもう一つ面白いのが ブホブホガルゴリザンス Bufo bufogargarizans 蟾酥 嘘みたいな名前ですが、通称「ガマの油」と言われる薬品です。強心剤として今でも使われています。
薬剤師はこんな所で遊んでいるのです。

Fotolia_24802561_XS.jpgのサムネール画像


2013年12月17日 | | コメント(0)

やせ薬の需要は女性の美容意識の他、昨今ではメタボが問題視されていることもあり
常に一定の需要があると思います。
知人からやせる薬はないの?と冗談混じりに聞かれることがしばしばあります。

やせ薬=体重を減らす薬という定義であれば、やせ薬は存在します。
しかし薬である以上何らかの病気にかかっている方が使うものであって
健康な方の安易な服用は厳に慎むべきであると私は考えます。
以下にやせ薬の例をいくつか挙げてみますのでやせ薬について興味の
ある方についての参考になれば幸いです。

Fotolia_28095477_XS.jpg
①防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
漢方の中ではやせ薬として最もポピュラーなものであり、効能効果に肥満症があります。
OTCでも防風通聖散が有効成分のものが複数存在します
が依存性のあるエフェドリンを含む生薬マオウを配合しているので安易な服用は
おすすめしません。
メタボにお悩みの方はドラッグストアの薬剤師さんに相談してみてください。

②オブリーン
近日発売する小腸での脂肪の吸収を阻害するタイプの抗肥満薬。
日本では糖尿病と高コレステロールを合併している方限定で承認されました。
その作用からこれを飲むと便が脂っぽくなるなどの副作用が問題。
医師の処方箋が必要。

③サノレックス
脳に作用して食欲を抑制させるタイプの抗肥満薬。
服用期間は長くても3ヶ月まで。
覚醒剤に類似する化学構造をもつので依存性に注意が必要。
医師の処方箋が必要。

④トピナ
抗てんかん薬。肥満症としての効果は未承認。
臨床試験の結果副作用として体重減少が10%以上の方に認められた。
体重減少の副作用があるとしてよく知られる薬。
医師の処方箋が必要。

メタボの患者さんは世界的に増加傾向なので製薬メーカーも抗肥満薬の開発
には比較的積極的だと思います。上述したトピナも肥満症の効果を追加承認
されるかもしれませんね。そんな開発の過程で淘汰されていった薬を一部
ご紹介しましょう。

⑤メリディア/リダクティル
SNRIと呼ばれる抗うつ薬の一種ですが抗うつ剤として使われることはありません。
脳に作用して食欲を抑える効果のある薬です。
日本では製造販売承認申請がなされましたが安全性に問題があるため却下されました。

⑥アコンプリア
脳に作用するタイプの抗肥満薬ですが、エフェドリンやサノレックス
とは異なる働きにより食欲を減退させます。
こちらも安全性に問題があったため日本での製造販売承認は見送られた模様です。
同じタイプで安全性に問題がない薬の登場に期待したいところです。

上記に挙げた薬の他にも体重減少作用のある薬はたくさんありました。
主に中枢(脳)に作用するものとオブリーンのように吸収を阻害するタイプに
分かれるのですが大半の薬は中枢性にカテゴライズされます。ちなみに中枢に
作用するのはカフェインやアルコール・ニコチンなどもそうなので
中枢性薬物=危険では必ずしもありません。

Fotolia_45353575_XS.jpg
抗肥満薬は安易に服用してはいけない薬が多いですが、摂食障害(過食症や拒食症)
をもっている方で糖尿病などを合併してやせないと命にかかわる方も中にはいらっしゃると思います。

健康な方は上記の薬のことはさっぱり忘れて、まずは普段の食生活を見なおしてみてはいかがでしょうか。
外食やコンビニは意外なほど高カロリーだったりすることもあるので(笑)

2013年12月11日 | | コメント(0)

先日娘の保育園でお餅つきがありました。
年少さんの娘は食育の一環で上の子達のお餅つきの様子を見たり応援したりしてからつきたてのお餅を食べてきました。美味しかったよ~っと笑顔で帰ってきました。
そもそも何故お正月にお餅を食べるのだろうと思い調べてみました。
モチは民俗学でいうハレの日(非日常、とくに神祭など祝いの日)の食べ物で、稲作農耕の食文化の一つとして伝えられてきました。
餅を神祭や通過儀礼の食品としたのは稲霊信仰によるもので、餅を食べることで神の霊力を体内に迎え、生命力の再生と補強を願ったといいます。正月は年玉(年霊)といい年間で最も重要な神祭のため正月にお餅を食べるようです。
お餅を食べて神の力を迎え入れ元気になろう!
そして神に感謝しよう!ということなのですね。
しかし毎年この時期は餅による窒息事故が多くなります。
良く噛んでゆっくり食べること、横になったり、寝た状態で食べないこと、高齢者や乳幼児には注意してあげることなどを気をつけて皆さんお正月に美味しいお餅を食べましょう!

Fotolia_58719442_XS.jpg

2013年12月11日 |

sinnen.jpg年末年始休暇をご案内致します。

ウエノ薬局             
12/28PM~1/3
ウエノさくら薬局          
12/30PM~1/3
ウエノ東薬局          
12/28PM~1/5
ウエノ朝日薬局      
12/28~1/5
ウエノ塩部薬局      
12/28PM~1/5
ウエノ石和薬局       
12/28PM~1/3
ウエノ笛吹薬局       
12/28PM~1/3
ウエノ中央薬局       
12/31~1/3
ウエノ南薬局                
12/28PM~1/3

大変ご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願いいたします。

2013年12月 3日 | | コメント(0)

最近、薬局に、咳が長引いている患者さんが多くいらっしゃいます。
毎年、冬の時期に流行する呼吸器の感染症のひとつに「RSウイルス感染症(respiratory syncytial virus infection)」があります。先日、このRSウイルスについて調べてみました。
というのも、うちの娘がRSウイルスに感染して咳を長引かせてしまいました。
みなさんの予防と対策に少しでも役立ててもらえれば、、、


「RSウイルス感染症とは・・・」
生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%の児がRSウイルスに少なくとも1度は感染するといわれています。特に今年は、昨年のピーク時をすでに超えて、大流行の兆しがあるようです。
症状としては、軽い風邪様の症状(鼻汁、咳(せき)、発熱など)から重い肺炎まで様々のようですが、特に乳児期早期(生後数週間~数カ月間)にRSウイルスに初感染した場合は、細気管支炎、肺炎といった重篤な症状を引き起こすことがあります。そのため、特に乳児期早期(生後数週間~数カ月間)のお子さんがいらっしゃる場合には、感染を避けるための注意が必要です。


感染を予防するには・・・
流水や石けんを使いしっかりと手洗いをしましょう。
アルコール製剤による手指消毒を行いましょう。
お子さんが、日常的に触れるおもちゃや手すりなどはこまめにアルコールや塩素系の消毒剤などで消毒しましょう。

残念ながら、RSウイルス感染症には特効薬やワクチンもありません。
やはり予防が第一です!我が家も今日から家族全員でうがい手洗いの励行あるのみです。



250px-Respiratory_Syncytial_Virus_(RSV)_EM_PHIL_2175_lores.jpg

page 1

Categories
Instagram @ueno.pharmasy

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ