2012年10月29日 | | コメント(0)

014lio.png
先月28日に新しい抗生物質の『タイガシル』が日本での製造承認を取得し発売される見込みです。普段から感染症の治療に用いられる抗生物質ですが新しい抗生物質にはどのような臨床的意義があるのでしょうか。その前に抗生物質について少し振り返ってみましょう。
世界初の抗生物質が『ペニシリン』であることはよく知られています。発見者はこの成果によりノーベル医学賞を受賞したほど、感染症に対する根治療法がない当時ペニシリンの登場は大変画期的なものでした。
 現在の日本人の死因は1位がん、2位が心臓病、3位が脳血管障害で肺炎が4位とこれに続きますが、戦前の日本では死因第1位は結核で、2位が肺炎でした。かつては『不治の病』として猛威を奮った結核。当時は結核に罹患=死という概念が一般的で『結核』とう病名を口にするのも憚られたそうです。しかし抗生物質『ストレプトマイシン』の発見により治療が可能になり結核は『不治の病』ではなくなりました。発見者もこの功績によりノーベル医学賞を受賞しています。
 しかし時代が下ると抗生物質が効かない『薬剤耐性菌』が出現します。ペニシリン耐性菌はペニシリンを化学分解する酵素(β-ラクタマーゼ)を自身で作ることでペニシリンを無効にしてしまうことが分かりました。そこでこの酵素が効かない『メチシリン』という新型ペニシリンが開発されました。メチシリンは副作用が問題になったので『セフェム系』という新しい系統の薬剤が開発され、こちらもβ-ラクタマーゼによる化学分解を受けにくいものです。しかしその後『メチシリン』が効かない『MRSA』(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌:Methicillin-resistant Staphyrococcus aureus)という耐性菌が出現します。この菌を除菌できるのは『バンコマイシン』などのごく一部の抗生物質に限られます。
 『MRSA』などの2種以上の抗生物質が無効な細菌を『多剤耐性菌』といい、医療現場で大変問題となっています(多剤耐性アシネトバクターや多剤耐性緑膿菌など)。健常者は免疫により『多剤耐性菌』による感染症を発症することは稀ですが、入院中の免疫力が低下している患者さんが薬の効かない『多剤耐性菌』に感染すると治療の選択肢が限られてしまうので大変です。新しい抗生物質の『タイガシル』はグリシルサイクリン系と言われる幅広い抗菌力をもっている『多剤耐性菌』に有効なタイプの抗生物質で既に欧米では使用されている薬剤です。医療の進歩によって救われる命が増えることは大変喜ばしいことだと思います。



2012年10月25日 |

ウエノ薬局ほっと通信 Vol.29を発刊しました。各薬局でも配布いたします。

11月号は「秋から始める冷え症対策で冬の準備万全!」の話題です。是非ご覧ください。

ueno-hot029.jpg

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

merumaga.gif

ウエノ薬局ほっと通信の更新情報をメールにて配信しています。配信ご希望の方は「ほっと通信配信希望」と明記の上hot@ueno.vcまでメールをお送りください。

※ご記入いただきました個人情報(メールアドレス)につきまして、株式会社ウエノより情報提供させていただく場合にのみに利用させていただき、他の目的には使用いたしません。
merumaga.gif ※携帯メールなどで指定受信を設定されている場合は、以下のドメインを受信できるようにご指定ください。「ueno.vc

2012年10月25日 | | コメント(0)

Fotolia_38497750_XS.jpg
秋になり気温の変化に伴いかぜをひきやすい季節になりました。風邪をひいた時に咳が続くのはよくあることですが、かぜをひいたあとに2~3週間以上、咳がつづくことがあれば咳喘息の可能性があります。
私も去年の今頃風邪を引き、いつまでたっても咳が止まらなかったため呼吸器内科を受診すると、咳喘息と診断されました。
今年こそは風邪を引かないように、うがい、手洗いをしっかりしていたのですが、風邪を引いてしまい咳が出始めています。悪化しないように、睡眠中の保湿のためにマスクをして寝るように心がけています。
咳喘息は、喘息特有のゼーゼー、ヒューヒューの音や呼吸困難はなく、咳だけが続きます。気管支が過敏になっているため、冷気やタバコの煙や黄砂、防虫剤のガスを吸い込んだり、緊張したりすると咳が出ます。睡眠中は咳が出やすくなるため、不眠の原因にもなります。咳止めは効かないことが多く、そのまま放置すると喘息に移行する場合もあります。治療には吸入ステロイドが主に使われます。咳の症状が続く場合は呼吸器科などの専門医に見てもらいましょう。咳喘息の予防は一般的な風邪予防に似たものが多く、また、アレルギー物質や、気管支への刺激を避ける必要があります。

★日常での咳喘息の予防と対策★
・風邪の予防としてうがい手洗いをする
・こまめに布団や枕などを掃除し、ペットの毛や花粉などのアレルギー物質を排除する
・室内の温度を一定に保ち急激な温度の変化を避ける
・バランスの良い食生活を心がけ、飲酒、タバコ、ストレスなどをなるべく少なくする


薬局内で咳をしていると不快に思う患者様は多いと思います。以上の事を心がけ、患者様に嫌な思いをさせないためにも、風邪が治らないなと思ったら早めに受診して、適切な治療を受けたいと思います。


2012年10月22日 | | コメント(0)

受診をされていない方を含めると、現在わが国には780~1,100万人の骨粗鬆症(骨が弱く、骨折しやすい状態になる病)の患者様がいらっしゃると推計されています。年齢を重ねると骨はもろくなり、筋肉量が落ちることで転倒のリスクも大きくなります。
転倒により骨折を起こしてしまうと、寝たきりになってしまうことや、寝たきりにならないまでも生活に大きな制限ができてしまうことがあります。また、入院を機に認知症を発症してしまうことも少なくありません。ですから骨折を起こさないようにすることはとても重要であると言えます。
お薬の説明を受ける際には医師や薬剤師から「骨を丈夫にするお薬です」「骨折予防のためのお薬」というふうにお聞きすると思いますが、その先には「QOL(Quality Of Life:生活の質)を守るためのお薬なのです」という思いが込められています。
もし、この文面をお読みになって今までより少しでも「骨粗鬆症治療のお薬って大切なのだな」と感じていただけたなら幸いに思います。

Fotolia_33946649_XS.jpg




2012年10月18日 | | コメント(0)

Fotolia_28725336_XS.jpg
私の祖父は来月で99歳の白寿になります。現在も医師として週1回程度、数人の患者さんを診察しています。祖父は起きている大部分の時間を本や医学書を読むことや、パソコンを用いて論文の制作を行うことに費やしています。「もう少しゆっくりしてもいいのではないか」と考えてしまう私ではありますが、祖父は読書・勉強が趣味のようです。
以前、祖父が「まだまだ読みたい本があって、時間が足りないよ」と言った言葉が耳に残っています。生きている限り、医療人としてあり続けるためには常に新しい知識・情報を収集し、勉学に励まなければならないのだと、祖父を見るたびに感じます。これからも好きなことを続け、長生きしてもらいたいなと思います。
 「健康でいるためにはたくさん笑うのがよい」と言われますが、同様に、長生きするためには好きなことをして生きがいを持った生活をするのが長生きの秘訣なのかと思います。
 みなさまも、たくさん笑い、好きなこと、楽しいことをしてよい人生が送れることをお祈りしています。


2012年10月15日 | | コメント(0)

Fotolia_31618236_XS.jpg
先日、いつもお薬を一包化してお渡ししている患者様が来局されました。一包化(いっぽうか)とは同じ時に飲むお薬を1回分ずつパックすることをいいます。一包化したものには患者様のお名前と用法(朝食後など)が印字されています。さらに、薬袋にも用法は印字されていますが、その患者様のご希望により薬袋に大きく手書きで用法を書き加えていました。
 その日は、病院に来るのに急いでいて夕食後の薬を朝食後に飲んでしまったというのです。間違ってしまったのがその一回きりだったこと、さらに服用時点を間違えても大きな問題がなかったことに一安心しました。そこで、今度は色で間違えないようにしてもらおうと、夕食後の分包品に青い油性のマジックでラインを加えました。「今度からは、青い線の引いてあるのが夕食後の薬です。間違えないようにしてくださいね。」と、一緒に確認してもらってお薬をお渡ししました。 お薬を間違わずにただしく服用してもらうことのむずかしさを再確認した出来事でした。


2012年10月11日 | | コメント(0)

Fotolia_41914405_XS.jpg
目と手の協応動作、という言葉をご存知ですか?ちょっと難しい言い回しですが、目で見たものの動きに正確に速く反応すること、すなわち「反射神経」と言われているものです。「目と手」と言っていますが、手だけでなく足や体全体で反応する場合も同じくこの機能が使われます。

生後3か月を過ぎた赤ちゃんが仰向けに寝て自分の手をじっと見つめていたり、両手の指を絡ませたりしているのを見たことはありませんか?あの動作が目と手の協応動作の始まりです。子供が楽しむボール投げやモグラたたき、中高生の部活動での野球、サッカー、テニスなどの球技、料理、掃除などの家事から、新聞をめくる、階段の昇り降りなど、少し考えただけでも人間の生活には欠かせない機能であることがわかります。

さて、何故こんな話題になったかと言いますと、我が家の息子、部活動でテニスをしているのですが、一生懸命励んでいる割になかなか進歩がみられず・・・義弟にそんな話をしたところ、なんと「けん玉をやってみたら?」と勧められました。「えっ?けん玉?」と、あまりの関連性のなさに驚いたのですが、その時学生時代に習った「目と手の協応動作」という言葉を思い出したのです。なるほど、けん玉はとても単純な目と手の協応動作です。加えて、けん玉をすると、股関節や膝の柔軟性も高まるとか。確かにけん玉をするときは膝を使いますよね。これもテニス上達には欠かせないものです。そんな大事な能力がけん玉で鍛えられるなんて!さすが古くから伝わる日本の遊びです。

皆さんも子供のころを思い出して、けん玉、お手玉、コマ回しなどを楽しんでみませんか?意外と体が覚えていてできるものです。楽しみながら、目と手の協応性や下半身の柔軟性も高まるなんて、ちょっとお得ですよね。



2012年10月 9日 |

ueno_fb.jpg株式会社ウエノのFacebookページを開設しました。公式サイトの更新情報の他、独自の話題も提供していきますのでよろしくお願いいたします。

https://www.facebook.com/ueno.vc

Facebookに参加されている方は是非ページに「いいね!」して購読していただけたらと思います。 あわせまして、このサイトの各記事にも連動した「いいね!」ボタンを設置しました。気に入った記事には「いいね!」できます。

2012年10月 4日 | | コメント(0)

Fotolia_31568353_XS.jpg
先日まで、出産のため数ヶ月間、仕事をお休みしていました。
先月から復帰させてもらい、以前と変わらぬ日々を過ごしています。
久しぶりにカウンターに立ったときに嬉しかったことは色々ありましたが、中でも印象強く残っているのは、患者様が私に声をかけてくれたことです。「お久しぶりですね」や、「今までどうしていたのですか」、
「出産おめでとうございます」など、簡単な挨拶にとても感動しました。
挨拶は、簡単な言葉ですが、とても大きな力を持っています。
コミュニケーションも、挨拶から始まります。
「おはようございます」、「有難うございました」など、毎日数え切れないほど発しています。それを、相手のために心を込めることで、伝わる誠意は全く違ってくると思いました。
ありきたりの冷たい挨拶ではなく、人と人とが繋がる、気持ちのよい挨拶をすることで、会話も弾み、より良い服薬指導ができるかもしれません。
当り前の挨拶に、小さな魔法をかけて、日々をより心地よく過ごしていきたいものです。
 

2012年10月 1日 | | コメント(0)

polio.png
最近ポリオワクチンのことについて勉強したので今回はこのことについて触れたいと思います。
ポリオは口から入ったウイルスが人の体内で増えることで感染し、便に排泄されたウイルスを介して他の人にも感染します。多くの場合、明らかな症状は現れないまま免疫ができることが多いですが、ウイルスが脊髄に入ってしまうと手や足に麻痺が現れてそのまま一生残ってしまうことがあります。麻痺に対しては、残念ながら確実な治療法がないのが現状です。
今月からは、ポリオ不活化ワクチンの導入が始まりました。これまで使用されてきた『生ワクチン』は、ウイルスの病原性を弱めてつくられています。強い免疫ができますがその反面、ごくまれにポリオに感染したときと同じ症状が出ることがあり問題視されていました。この点を改善したのが『不活化ワクチン』で、ウイルスを不活化し、免疫を作るのに必要な成分を取り出してつくられています。生ワクチンに比べて接種の回数は多くなりますが、毒性をなくしているためポリオに感染したときと同じ症状が出る心配がありません。
今秋には3種混合ワクチン(百日咳、ジフテリア、破傷風)にポリオが追加された4種混合ワクチンが導入される予定だそうです。ワクチン接種のスケジュールを立てるのは大変な作業だと思いますが受ける回数などは厚生労働省のホームページなどで確認ができますのでどうぞご参考になさってください(^_^)/


page 1 | 2

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ