2011年8月29日 | | コメント(0)

先日、気管支喘息の治療薬(ロイコトリエン受容体拮抗薬)を処方された70歳代の女性の患者様が来局されました。前回の薬剤服用歴を確認するとステロイドの吸入剤をお渡ししてありました。「毎日吸入されていますか?」と伺うと「はい、していますよ。喘息の発作も起こってないです。うがいをするように言われて吸入後はうがいをしていますがどうしてなのかしら?」と聞かれました。吸入の際に口の中に付いてしまったお薬により普段は病原性が弱い口腔内常在菌が増殖してカンジダ症などが発症することを説明すると「そうなの、だったらこれからも毎回うがいをしますね。」とおっしゃって下さいました。
私が新人薬剤師だった頃は、調剤をする仕事がメインで患者さまへの説明は服用方法を説明し、お薬の名前はあまり説明しない時代でした。(錠剤には識別記号が無いものもあり、中にはヒートシールの耳をわざわざ切り取っている医療機関もあったくらいです)
その後に「コンプライアンス」という言葉が出てきて、お薬を間違いなく服用して頂くお手伝いをすることが私たち薬剤師の仕事となりました。更に効能効果のみならず副作用についても説明する時代に変わり、患者様自身の治療への積極的な参加が治療成功の鍵であるとの考え方「アドヒアランス」に変化してきました。
そして今後は、医療専門職と患者様がパートナーシップの基盤に立ち、患者様の病気や治療についての経験や信念を尊重し、一緒になって治療に関する意思決定を行う「コンコーダンス:調和・一致」に移り変わろうとしています。
今後も多くの患者様に元気に過ごして頂くために、正しい情報提供が出来るように硬くなりつつある頭を時々もみほぐしてスキルアップに努める必要があると改めて感じた日でした。 amym.JPG

2011年8月25日 | | コメント(0)

ykm.JPG残暑厳しくもありながら、日が短くなり夜は冷え込むようになってきました。みなさま秋の夜長をどのように過ごされているのでしょうか?
私が今年考えているのは「お風呂でリラックス」です!一人暮らしの方、忙しい方はついシャワーで済ましてしまうという方もいらっしゃるのではないかと思います。私もその一人です。湯船に入って体を温めることは、冷え対策であったり、代謝促進、疲れを取るためにとても大切なことです。
夜寝る前にお風呂に入り心身をリラックスするのは、それまで活動していた「交感神経」とその後寝るときに働く「副交感神経」を切り替えるのをスムーズにさせます。ですから安眠にもつながるのです。
入浴中に読書や好きな音楽を聴くのも良いですが、私の一番のオススメは「アロマオイル」です。リラックスのマイレシピは「ラベンダー、レモンバーム、イランイラン」です。アロマオイルはオイルの組み合わせや滴数で香りは様々です。
是非様々なアレンジで組み合わせてマイレシピを見つけてみてはいかがでしょうか?

2011年8月25日 |

ウエノ薬局ほっと通信 Vol.15を発刊しました。各薬局でも配布いたします。

9月号は「夏バテしなかった人は秋バテに要注意!」の話題です。是非ご覧ください。

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。
ueno-hot015.jpg

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

2011年8月22日 | | コメント(0)

先日お薬の説明時に副作用の説明を行ったところ、お薬を飲む子のお母様に「助かります!」と言われました。正直私は聞いた瞬間驚きました。
そもそも副作用とは薬の本来期待されている作用ではなく、期待をしない作用のことで、薬を使用する上で副作用は怖い・避けたいものと薬剤師も患者様も考えていると思います。
私がこの時注意喚起した薬の副作用は'眠気'でした。鼻水や皮膚のかゆみを抑える薬には副作用の一つとして眠気を誘発してしまうものがあります。これらの薬に関しては大人の方に対しては服用後の車の運転等を避けるよう説明し、子供で朝服用するときは遊ぶときに気を付けてくださいね、などと声をおかけしています。
今回の場合、気をつけるべき副作用なのに何故?とも感じましたが、すぐにお母様の言葉で解決しました。「うちの子元気で夜寝ないんですよ!」
そう、「助かります」の言葉には寝てくれると助かるという意味が隠れていたんですね。副作用というとマイナスのイメージがありますが、このお言葉でマイナスばかりではなくプラスになる面も時にはあるのだなと、学ばせていただきました。ほんの一言ですが、視野が広がったありがたい体験でした! nmshi.JPG

2011年8月18日 | | コメント(0)

kkk.JPG私の勤務している薬局には、自由にお持ち帰りできるレシピを置いています。
元々薬局の待合室には、お薬のご用意ができるまで、患者様に退屈な思いをさせないように何冊か雑誌をご用意していました。
特に女性の患者様には料理雑誌が人気です。が、なかなかレシピを覚えるのが大変。雑誌は薬局に1冊ずつ。他の患者様もご覧になるため、持って帰るわけにはいきません。中には、「この料理を家でも作りたいからメモさせて。」とノートを持参し、メモしていらっしゃる方も...。
レシピをメモするのも結構大変、何かお役に立てないか、と製薬会社の方に相談したところ、「数ページのレシピシリーズがある」とのこと。
早速お願いし、自由にお持ち帰りできるよう何冊もご用意しました。しかもそのレシピは"内臓脂肪を減らすアドバイス"、"食物繊維のとり方レッスン"、"健康レシピ 塩分カット編"など患者様の持っている病気を考慮した、または病気の予防に役立つものをテーマとしていて、薬局ならではのものです。
多くの患者様に人気があり、品切れに近くなってしまい、新しく取り寄せたシリーズもあります。
ついつい薬に頼りがちになってしまいがちですが、高血圧や糖尿病などの生活習慣病には食事療法も大切な治療の一つです。薬のみに頼らず、健康的な食生活を心がけてください。

2011年8月15日 | | コメント(0)

aasak.JPG先日京都大学の斎藤教授の研究グループがips細胞から作られたマウスの精子を受精させて正常な子供が生まれたという研究が報道されました。
ips細胞とは皮膚などの普通の細胞に数種類の遺伝子を導入することで様々な細胞へと分化することができる細胞のことで、この細胞は理論上全ての組織や臓器に分化することができるため、移植用の臓器を作成できる技術が確立されれば拒否反応のない臓器移植ができることになります。
また、従来は採取が困難であった細胞に分化させることで、原因がよく分からない難病の研究や、薬剤の毒性・効果を評価することが可能になることから創薬の分野においても新しい可能性を開拓できると期待されています。
今回の研究成果については一部の不妊症の原因解明や治療法の開発などにつながるということだそうです。ただ、ヒトとマウスは異なる部分も多いため今回の研究ではただちにヒトの精子を作成できるものではないそうです。夢の技術・ips細胞に関連する研究からは今後も目が離せないですね

2011年8月11日 | | コメント(0)

杖をついた高齢の患者様が「お薬を下さい」と言って来られました。対応した薬剤師が「処方箋がないとお薬はお渡しできないんですよ」と答えました。高齢で足も耳もご不自由な患者様にとっては、歯がゆかったかもしれません。何度も受診を勧め、納得して頂き、一緒に2ヶ所の医院に行き、処方箋を発行してもらい、調剤薬を監査して、丁寧にお薬の説明をし、足元の安全を確認しながらお見送りをしました。
その後、山積していた業務を淡々とこなしていました。一生懸命に患者様のからだの事を考えて行動していた姿に、私は感動していました。私がおばあちゃんになったら、こんな薬剤師のいる薬局でお薬をもらいたいなぁと、思った一日でした。 jiffu.JPG

2011年8月 8日 | | コメント(0)

hs.JPGもう8月になってしまいました。暑い日や雨で寒い日があり、急激な温度変化に体調を崩している方はいらっしゃいませんか?
7月下旬に日頃の疲れをいやすという意味でウエノ薬局全体の納涼会が開かれました。納涼会は毎年、この時期に開かれ、普段一緒に働くことのない店舗の従業員の方々と会って交流を深めるよい機会となっています。私が初めて参加したとき「知り合いが少ないから緊張するなぁ」と思っていたのですが、いざ参加してみるととても楽しくみんなすぐに打ち解けて、楽しい時間を過ごしたのを思い出します。ホームページを閲覧した人が、この薬局の社長とスタッフの距離が近いと感じたというお話を社長にされたそうです。ウエノ薬局の雰囲気が皆さんに伝わったのかな。と思えるエピソードでした。
今年も例年のようにたくさん笑い、おいしいものを食べ、楽しい時間を過ごすことができました。このような薬局の雰囲気が来てくださる患者様にも伝わるよう、更によい業務を心がけていきたいと思います。

2011年8月 5日 |

koori.JPG夏期休暇をご案内致します。

ウエノ薬局
8月13~16日
ウエノ東薬局
8月12~16日                                  
ウエノ湯田薬局                                
8月13~16日
ウエノ塩部薬局
8月13~16日
ウエノ石和薬局
8月13~15日
ウエノ笛吹薬局
8月13~15日
ウエノ中央薬局
8月13~16日
ウエノ南薬局
8月14~16日
ウエノさくら薬局
8月14~16日

大変ご迷惑をおかけいたしますが、お了承ください。

2011年8月 4日 | | コメント(0)

以前、ブログの中で紹介されたアフィニトールを服用している患者様、すでに服用開始から2ヶ月が経過しました。
昨日、処方せんをもって来局いただいた時に、「この間、病院でCT検査を受けたら背骨の腫瘍が小さくなっていてさぁ~、いままでは1週間に一度は病院に通っていたけれど、これからは2週間に一度でいいみたいなんだよ。」と、その結果を嬉しそうに笑顔で話してくれました。
jitensya.JPGCT検査、血液検査の結果は良好で、若干の味覚異常と食欲不振を除いては重大な副作用も特にないようです!薬の服用と注射による治療を続けることで、患者様は希望を持ち、前向きに毎日の生活を送っているのがよく伝わってきます。(「お金がかかって大変だけど。」と少し嘆いている様子。)
患者様の笑顔や明るい声を聞くことができ、また、少しでも患者様の治療に関わることができていることが、私は本当に嬉しく思いました。
もちろん、今でも毎回自転車で来局されています!さらに驚きを隠せなかったのが、この患者様、毎日お仕事でお店に立ち続けているそうです!!
このまま回復していってほしいと願わずにはいられませんでした。

page 1 | 2

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ