ウエノ薬局に入社する以前、私は東京・千葉を中心に店舗を構えるドラッグストアに勤務していました。私が勤務していた店舗は駅の前にありお客様の出入りが激しく、勤務中に会話を交わす機会もあまりなく、「ありがとう」という言葉を耳にする機会の少ない環境でした。
 しかし今は、お薬に関する疑問や悩みに答えることで多くの患者様に「ありがとう」という言葉を掛けて頂く機会があり、その度に大変嬉しく思い、これこそ薬剤師冥利に尽きる、と感じています。
患者様の希望に応えるべく、我々は常に自らを向上させなければなりません。薬剤師として薬の知識はもちろんのことですが、礼節、言葉使いなども重要な要素であると考えています。

 ウエノ薬局グループでは、各店舗単位での勉強会はもちろんのこと、従業員全体を対象とした勉強会も定期的に実施しており、薬剤師会や製薬メーカー主催の講演会や研修会については、情報を従業員同士で共有し合い、積極的に参加することで薬剤師としての技能を向上させる機会が多くあります。また、礼節等の接遇に関しては社外講師によるセミナー等でマナーや患者様対応の方法を習得し、薬剤師として、人として職能を向上させることができる環境があります。
このような環境の下で自分を磨きながら、「ありがとう」という言葉にふさわしい薬剤師になっていきたいと思っています。
今嬉しく感じている「ありがとう」という言葉に、この気持ちを忘れることなく、常に感謝の気持ちを抱き薬剤師として驕らず、一人でも多くの患者様の役に立つ薬剤師でありたいと考えています。

 私自身、薬剤師として、また人として未熟な面がまだまだあると思いますが、今後も研修会、勉強会や自身での勉強を通して成長し、患者様のために僅かでもお役に立てるような薬剤師を目標として努力を惜しまず業務にあたります。                                      

2011年5月30日 | | コメント(0)

この前、ヒアレイン点眼液0.3%とアレギサール点眼液が処方された患者様がいらっしゃいました。
どちらも参天製薬の目薬で、点眼瓶の形、キャップやラベルの色がとてもよく似ています。
この患者様は弱視だったため、同じ目薬が何本も処方されたのだと勘違いしていたことが、次に来局された時に分りました。
私の薬局では、ヒアレイン0.3%にピンク色の3本線シールを貼って、薬剤を交付していましたが、もう一歩踏み込こまなくちゃいけなかった・・・。
弱視の方には手で触って、違いが分かるような工夫が必要でした。 hahh.JPG

2011年5月26日 | | コメント(0)

ii.JPG冷え性、便秘、生理痛、頭痛、イライラなどの症状に悩まされている女性の方はけっこう多いと思います。
先日、骨盤の歪みがこれらの原因の可能性もあると聞いてちょっとびっくりしました。骨盤は周期的に開いたり閉じたりしていて、この運動が体調だけでなくメンタルバランスにも影響しているそうです。歪みのもとは、ふだんの姿勢や習慣が影響しているところが多いようです。手や足を組んだり、いつも同じ手に荷物を持ったり、同じ肩にショルダーバッグを下げたりなどで、私もかなり心当たりアリです!これらのことに注意しつつ、正しい姿勢も心がけて気持ちも体調もすっきりした日々を過ごしていきたいです!                                  

2011年5月25日 |

ウエノ薬局ほっと通信 Vol.12を発刊しました。各薬局でも配布いたします。

6月号は「寝苦しい梅雨でもぐっすりと眠る方法」の話題です。是非ご覧ください。

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。
ueno-hot012.jpg

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

2011年5月23日 | | コメント(0)

hh.JPG「薄着の季節になると、お腹周りが気になるわ・・・」                            ある患者様のつぶやきです。そんなとき 「お腹周りをすっきりさせると、見た目が若々しくなると同時に内臓脂肪も減って、生活習慣病の改善、防止につながるんですよ。」 なんてお声かけをさせて頂きます。
脂肪には、皮膚のすぐ下につく皮下脂肪と、特に腸や肝臓の周りにつく内臓脂肪の二種類があります。そして、健康面でリスクが高く生活習慣病に結びつくのは、内臓脂肪のほうなのです。内臓脂肪が多い人は、血圧が高めで、尿酸値や中性脂肪が高くなりやすく、HDLコレステロール値が低くなります。そのため、脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病や高血圧、痛風、乳がん、子宮体がんなど多くの病気が引き起こされやすくなるのです。
内臓脂肪が増えるのは摂取カロリーが多く、消費カロリーが少ないから。 まずは栄養バランスを考えた食事を腹八分目で。適度な運動でカロリー消費を心がけ、重要な筋肉量を増やし維持すること。
歳を重ねるほどに基礎代謝が落ちてしまうため、脂肪は溜まりやすくなります。基礎代謝とは、例え寝ているときでも呼吸や心臓を動かすなど様々な生命活動のために常に使っているエネルギーの事で、この基礎代謝が一日の消費エネルギー量の実に6割から7割を締めています。そして筋肉量を落とさないことが、基礎代謝を維持するポイントとなっているのです。
夏はすぐそこまで来ています。脱・メタボ!お腹周りをすっきりさせましょう。
きっといいことがたくさんあるはずです

2011年5月19日 | | コメント(0)

先日、薬局に小さな兄弟が処方箋と一緒に何か握り締めて入ってきました。小さな手に入っていたものは、オオイヌノフグリの花でした。
小さすぎて、半分潰れてしまっていましたが、私に見せようとしてくれていました。花びらがとれて、半べそをかいていましたが、私が「かわいい花だね」と声を掛けると、少し笑ってくれました。その気持ちがとても嬉しくて、その日はずっと、暖かい気持ちで過ごすことができました。
普段は見過ごす小さな花に、力をもらいました。そして、それがまた、勉強しよう、頑張ろうという前へ進むパワーになりました。一見役に立たないもの、見過ごしてしまうものでも、ある心が加わると、めぐりめぐって、繋がって、人に力を与えていくと感じました。
目に見えなくても繋がっていくもの、それを受け入れるゆとりのある環境でありたいと思います。 aia.JPG

2011年5月17日 |

当社では、お客様(患者様)のご意見を素早く業務に反映させるため、全薬局で「お客様満足度アンケート」を実施しております。2011年3月より4月まで2ヶ月間のアンケート結果を公表いたします。
アンケート結果を真摯に受け止め、毎日の業務に反映させ、日々前進の気持ちをもって業務に精励しております。

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。
ankt_201104.jpg

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

2011年5月16日 | | コメント(0)

mur.JPG昨日の夕方のことです。急に娘が変な咳をし始めて呼吸が苦しそうだったので慌てて救急を受診したところ、「クループ」と診断されました。
この病気は「急性喉頭炎」ともいい、のどの奥(声を出すところ)の周辺が腫れてオットセイの声のような咳(ケンケンと犬が吠えるような咳)が出て、声がかすれたり出なくなったりします。咽頭部分は気道の中でも狭くなっているので腫れがひどいと窒息してしまうこともあり、入院が必要になる場合もあります。
今回は咳止め、痰の切れをよくする薬、腫れや炎症を鎮める薬と熱冷ましの座薬が処方され、部屋の加湿をして、咳が出るときはたて抱きにしてあげるようにし、病状が悪化するようであればすぐに受診するように言われました。嫌がらずに薬を飲んでくれて今のところ咳は落ち着いているようですが、苦しそうにゼコゼコしている様子を見たときは・・・ゾッとして背筋が寒くなる思いでした。

2011年5月12日 | | コメント(0)

hoho.JPG最近、毎日のようにニュースに登場している"O-111"という菌を調べてみました。
10年ほど前に、流行した"O-157"とほぼ同じと考えられる腸管出血性大腸菌です。ふつうの大腸菌と違うのは、ベロ毒素を産生することです。熱に弱く、75℃で1分間加熱すると死滅しますが、低温状態に強くて家庭の冷凍庫や水の中では生き残るようです。飲食物を介して経口感染することが多く、軽い腹痛や下痢で終わることもありますが、頻繁の水様便や激しい腹痛や著しい血便を起こすこともあるようです。
感染を防ぐには手洗いが最も重要です。トイレの後や食事の前は勿論、下痢をしている乳幼児や高齢者の世話をした後は、せっけんと流水でよく手を洗いましょう。また、食品は中まで火が通るように充分加熱し、まな板、包丁、食器類は熱湯をかけると良いようです。
これからは湿度も高く、気温も上昇しますので特に注意しましょう!!

2011年5月 9日 | | コメント(0)

先日、尿の色が赤っぽくなり、一瞬、驚いてしまいましたが、処方された鎮痙薬によるものでした。
尿の色は病気によって変化することもありますが、薬によって尿の色が変わることもあります。
例えば、副作用ではなく尿の色調を変えることのある薬剤として、ビタミンB2により黄色、鎮咳去痰剤のヒベンズ酸チペピジンにより赤色、下剤のセンナにより黄褐色~赤色などになります。
血尿と患者様が不安にならないように服薬指導時にはしっかりお伝えしていこうと再認識した日でした。 naii.JPG

page 1 | 2

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ