2010年11月29日 | | コメント(0)

学生時代、お肌の荒れや便秘が気になり、何かないかと考えてみました。野菜不足を感じていたこともあり、なんとなく飲んでみたのが、青汁でした。初めて飲んだ時は、苦くておいしくなくて、こんなの続けられない・・・って思いました。でも、数回しかん飲んでないのに便秘が解消されたんです☆
一般的な青汁には、ビタミンA、ベータカロテン、ビタミンC、葉緑素、カルシウム、食物繊維などが豊富に含まれています。青汁に含まれている食物繊維を十分に補ったために便秘解消につながったのです!現代病の一つでもある便秘。出来る事なら薬を使わずに健康的に治したいですよね☆
さらに青汁には血液をサラサラにする成分も入っています。
血液をサラサラにすることにより、コレステロール値を下げたり、血栓予防にも役立ってくれます。
こんなに健康パワーのつまった青汁をなんとか続けて飲みたいと思い、色々と試してみました。液体状の青汁を急速冷凍したもの、錠剤、粉末など色々な種類があります。ジュース感覚で飲めるタイプの青汁もあります。個人的には、粉末タイプの青汁を牛乳に溶かして飲むのがおススメです☆きな粉を加えるとさらに飲みやすくなります。
生活習慣の見直しのためにも、青汁!はじめてみませんか?

2010年11月25日 | | コメント(0)

nori.JPG海苔は体に良いというイメージがありますね。栄養素としてたんぱく質、カルシウム、鉄、食物繊維、ビタミンB、C、Eを含み健康維持に重宝な食品です。産地によって性質に違いがあり、有明産はパリパリとしてやさしい口どけで、瀬戸内産はしっかりとしていて溶けにくい傾向があるそうです。
1回でたくさんとれないのが難点なのでサラダやみそ汁にさらっと入れて頻繁に頂いています。開封後にしおれてしまったら佃煮にしてしまいます。海苔をちぎって水に 浸し焦げないように加熱ししょう油、みりん、砂糖を入れて(入れすぎ注意)煮るだけです。

2010年11月25日 |

ウエノ薬局ほっと通信 Vol.6を発刊しました。各薬局でも配布いたします。

12月号は、肝臓をいたわるアルコールとの付き合い方の話題です。是非ご覧ください。

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。
ueno-hot006.jpg

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

2010年11月22日 | | コメント(0)

寒くなりました。こたつ・電気カーペット・ストーブ・湯たんぽ・使い捨てカイロと冬支度は整いましたか。これから寒さが厳しくなりますが、カイロを貼ったまま寝てしまうことや、湯たんぽが直接脚にあたって、水ぶくれができてしまう低温やけどに気をつけましょう。

名前も低温で痛みも少ないので軽傷のように思いがちですが、見た目よりかなり深いやけどなので、すぐに皮膚科を受診してくださいね。潰瘍になると完治まで数ヶ月もかかったり、茶色に痕が残ってしまうこともあります。特に高齢の方や糖尿病の患者さんは、気づきにくいので、直接湯たんぽが足に触れていないかご家族の方も、気をつけてあげて下さい。

2010年11月18日 | | コメント(0)

kyuunyuu.jpg私が勤務している薬局には気管支喘息・インフルエンザ・慢性閉塞性肺疾患などに用いる吸入器が多数存在します。使用される方はお子様からお年寄りまで幅広く、操作方法も異なる為、お時間を頂き、その場で実際に練習をしてもらっています。
気管支喘息に用いる吸入器は薬剤量が少量のものも多く、吸った感じがほとんどないと訴える方がいる為、おそばをすする力があれば吸入はできていると伝えていますが、不安が残る方に対しては、吸入力を確認する笛などを用いて確認しています。さらに吸入器の操作方法等のDVDを流し、お薬の待ち時間に見ていただくようにしています。
長期間継続して使用すべき薬剤が多いため、必要性や操作方法をしっかり理解していただけるようこれからも努力していこうと思います。もし使い方がわからなくなってしまったら何度でも説明しますので気軽に薬局へいらしてくださいね。

2010年11月15日 | | コメント(0)

秋になると美味しいものがたくさん出てきます。
kaki.JPGこの時期に我が家で収穫できる唯一の果物が柿です。しかし、今年は猛暑の影響からか数えるくらいしか実っていなくて残念です。
その柿には糖質をはじめとして、ビタミンA,C、カリウム、タンニン、ミネラル、食物繊維などが含まれていてなかなか栄養豊富な果物です。その中でもビタミンCはみかんにも負けないくらい豊富に含まれています。甘いイメージの柿からはちょっと意外な感じがするかもしれませんが、これからの季節には抵抗力を高めて、風邪の予防にも役立ちますね。
さらには、柿の葉には実よりも多くのビタミンCが含まれているそうです。手早くとるなら温かい柿の葉茶も良いですね。ただし、干し柿にしてしまうとビタミンCはほとんど残らないようです。
そんな栄養豊富な柿だからこそちょっと気をつけてもらいたい点が...柿の実には体を冷やす性質があること。またタンニンが含まれているので貧血気味の人には鉄分の吸収を妨げるのでご注意を。そしてカリウムが多く含まれているので腎臓の病気のある方や糖尿病の方なども食べ過ぎに注意してくださいね。

2010年11月11日 |

当社では、お客様(患者様)のご意見を素早く業務に反映させるため、全薬局で「お客様満足度アンケート」を実施しております。2010年9月より10月2ヶ月間のアンケート結果を公表いたします。
アンケート結果を真摯に受け止め、毎日の業務に反映させ、日々前進の気持ちをもって業務に精励しております。

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。
ankt_20101111.jpg

ご覧になるには無料のAdobe Readerが必要です。下記のボタンからダウンロードできます。

アドビシステムズ、Adobe Reader及びAdobeのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。

2010年11月10日 | | コメント(0)

薬局では、薬の待ち時間を利用して、血圧を測定している患者様を多くみかけます。高血圧を指摘された方は、自宅でも血圧を測定している方が多いと思いますが、どのようなタイミングで、1日何回くらい測定していますか?? 日本のガイドラインでは、1日2回朝晩の測定を推奨しています。
①朝は起床後1時間以内に排尿後、朝食前、降圧剤を服用する前に、座って1~2分安静にしてから測定して下さい。
②夜は就寝前に座って1~2分安静にした後、測定します。
患者様によく「測定する度に値が違う。」「どの値を記録すればいいの?」と聞かれます。ガイドラインでは1機会の測定回数について、「1回以上の測定」と記載があります。
つまり、1回でも2回でも、3回でもいいのです。1番良さそうな測定値を記録するのではなく、すべての測定値を記録してください。可能な限り、毎日血圧は測定しましょう。その記録を主治医に見せることで、治療に役立てることができます。

 

2010年11月 8日 | | コメント(0)

新しく発売されたインフルエンザ治療薬の勉強会が、先週、薬局内で開催されました。
このお薬は、毎日飲んだり吸入したりする必要がなく、容器に入ったお薬を1回(10歳未満1容器・10歳以上2容器)吸うだけなので、患者さまにとっては負担が少なくてすみます。また、飲み忘れの心配や、症状改善による服薬中止も避けられます。
そうは言っても、できればかかりたくないですよね。そのためには、予防が大切です。
予防法として、1つは、ワクチン接種による予防があります。
接種してから2週間後くらいから効果がでるので、流行前の早めの接種がおすすめです。
また、ふだんからできる予防としては、十分に栄養や休養をとったり、外出後のうがい手洗いを徹底したり、マスクの着用、また人ごみを避けるなどがあげられます。
もし、症状がでたら、早めの受診を心がけましょう。
kaze.JPG

2010年11月 4日 | | コメント(0)

秋です。
秋の味覚の中でも私が一番楽しみにしているのは断然キノコ。でも、キノコって栄養はあるの?キノコはちょっと苦手...なんて言葉を良く耳にします。

先日、林原生物化学研究所が糖類の一種で、キノコ類やエビなどに含まれるトレハロースが脂肪細胞の肥大化を抑える働きを持つことを突き止めた、と発表しました。
キノコ類に含まれるビタミンB群には代謝機能をアップしてくれる働きもありますし、豊富な食物繊維には便秘解消効果も。また、免疫力を高める効果のあるβグルカンも含んでいるといいます。ダイエットにはもちろん、インフルエンザや風邪が心配なこの季節にぴったりな食品なのかもしれません。

ハンバーグや餃子の具、ドライカレーやチャーハンに細かく刻んで入れれば苦手な方も知らないうちに摂取できますし、カサが増えるのでカロリーダウンにもつながります。
一年中安定した価格で売られているキノコ。身体だけでなく、家計にも優しい食品ですよね。今日から毎日キノコ始めませんか?

page 1 | 2

Categories

Tags
Monthly Archive
QR Code for Mobile and for iPhone
携帯サイト用QRコード   iPhone用ページ